西村博之(ひろゆき)さんがプログラミングについて発言したことまとめ

匿名掲示板・2ちゃんねるの開設者として知られる西村博之さん(通称 ひろゆき)。

彼はプログラミングに関して、いくつか発言をしている。

数々の発言が僕自身のプログラミングを学ぶ1つのキッカケになりました。

そこで、今回は西村博之さんのプログラミングについての発言をまとめてみました。

■目次

プログラミングを覚えれば人生オッケー?ひろゆき「プログラミングを覚えれば就職は困らない」

プログラミングを覚えれば仕事に困ることはないという動画。

動画での発言で印象的だったものは以下の発言になります。

特に印象的なものは太字にしています。

  • これから伸びる業界はITと貿易
  • ITは人手不足
  • 20代だけど年収1000万円とか800万円は当たり前
  • エンジニアは少ないので、すげーお得
  • 今は2チャンネルやニコニコ動画の西村博之さんって言われ方をするんですけど、仮にそういうのが全く無い状態で、誰も僕のことを知りませんという状態になるんだとしたら多分エンジニアになる。給料良いもん。
  • 「就職できないです」というさっきのコメントがあったと思うんだけど、じゃあエンジニアになればって気がするもん
  • 「エンジニアなんか考えたこともないからなれません」って人がいるんだけど、僕は大学が2000年卒業なんだけど、その時に文系の心理学部卒業だったけど、半分くらいの人がエンジニアになった。その時にプログラミングできる状態でエンジニアになったのは2人とか
  • プログラミングを1度もやったことない人間が入社して、エンジニアとして食っていくというのがあった
  • エンジニアの需要は増えている
  • 「エンジニアで職がないです」というのはそんなに聞いたことがない、若いんならね
  • 若い人で職が無い人は、まずエンジニアを目指しても良いんじゃないかね
  • 言語は重要ではない、一個プログラミング言語ができる人は他の言語もできます

以下で、1つ1つの発言をエンジニアである自分の意見を含めて紹介していきます。

これから伸びる業界はITと貿易

少子高齢化が進む日本で、伸びていく産業はITと貿易くらいしか思いつかないです。

ITと貿易以外だと、急激に伸びそうな分野が少ないです。

これから伸びる業界に自分をおくと、人やお金が入ってくるので、自然に自分の待遇やポジションが上がります。

逆もそうで、縮小する業界に自分をおくと、実力があっても待遇やポジションが上がらないということになります。

これから先、ITと貿易は狙い目の業界だと言えるでしょう。

ITは人手不足

ITは実際に人手不足です。

プログラミングやITスキルを持った人材は、普通に学校教育を受けているだけでは育ちません。

自分から学ぼうと思った人でないと、プログラミングやITスキルは身につきません。

ある程度スキルがないと就職できないような仕事なので、他の仕事よりも人手不足になりやすいです。

最近だとITは美味しい分野だということが認知されてきましたが、現状まだまだ人が足りないです。

私の職場だと人が足りなすぎて、受けられる仕事や案件を断っているという状況もありました。

そこにスキルのある人が入れば、お金になります。

早いうちにITの分野に参入することで、先に入った時に得られるメリットは大きいでしょう。

プログラミングを学ぼうと思うなら早い方が良いです。

20代だけど年収1000万円とか800万円は当たり前

プログラミングは実力社会です。

年功序列で若い人が安く買い叩かれるようなことはないです。

能力やスキルがあれば、20代で年収1000万円という人は当たり前にいます。

若くてこれほど稼げるような仕事はエンジニア以外だと少ないでしょう。

エンジニアは少ないので、すげーお得

実際にエンジニアは少ないです。

特に自分でサービスを作れるような人は本当に少ない。

逆にエンジニアとして働いていていても、ある特定の業務はできるが、自分1人でサービスを作れないという人は多い。

今だとプログラミングスクールに通って、しっかりと勉強すれば、自分のサービスくらいは作れるようになります。

それだけで、エンジニアの中でもある程度の位置まで食い込めるようになります。

全体の人数が少ないからこそ、他の職種と比べると競争も少ないです。

頑張った分だけリターンはあります。

今は2チャンネルやニコニコ動画の西村博之さんって言われ方をするんですけど、仮にそういうのが全く無い状態で、誰も僕のことを知りませんという状態になるんだとしたら多分エンジニアになる。給料良いもん。

知名度が無い状態だったらエンジニアになると言っています。

他の職種と比べても、給与はすぐに上がるので、エンジニアになるのはオススメです。

「就職できないです」というさっきのコメントがあったと思うんだけど、じゃあエンジニアになればって気がするもん

何もスキルの無い状態だと、たくさんの人と競争しないといけないので、就職は難しいのかもしれません。

しかし、プログラミングやITスキルを持てば、それだけで大勢の人と差別化できます。

無駄な競争しなくて良いので、簡単に就職ができるようになります。

また今の時代だと、プログラミングは2〜3ヶ月勉強すれば、エンジニアになれるような環境ができています。

昔はプログラミングスクールやわかりやすい参考書がなく、エンジニアになるのは大変でした。

しかし、今ではそういったことはなく、勉強する気持ちと時間があれば、エンジニアになることは可能です。

「エンジニアなんか考えたこともないからなれません」って人がいるんだけど、僕は大学が2000年卒業なんだけど、その時に文系の心理学部卒業だったけど、半分くらいの人がエンジニアになった。その時にプログラミングできる状態でエンジニアになったのは2人とか

文系の心理学部などの全くプログラミングと関係の無い学部からでもエンジニアになることは可能です。

昔はエンジニアとして就職するのにプログラミングはできる状態である必要はなかったのかもしれません。

しかし、今だとある程度プログラミングはできる状態になっていないと就職は難しいと思います。

新卒ならプログラミングができなくてもエンジニアになることは可能かもしれませんが・・・。

エンジニアは理系の人のものと思われがちですが、文系の人でもエンジニアの人はたくさんいます。

文系であっても、エンジニアとして就職することは可能です。

プログラミングを1度もやったことない人間が入社して、エンジニアとして食っていくというのがあった

これは西村博之さんが就職した当時の話なので、今だと少し違うかもしれません。

今だと全くプログラミングをやったことの無い人が入社するということは少なくなったと思います。

年々エンジニアの採用基準が上がっていっているのを感じます。

エンジニアとして就職したいと考えている人は採用基準が上がりきる前に、入社して実務経験を積んでおくと良いでしょう。

実際に仕事としてコードを書くことで、スキルは自然と身につきます。

2年間くらいしっかりとした環境で働けば、年収700万円くらいはいきます(私の経験談)。

お金を貰いながら毎日コードがかけるので、自分で勉強している人たちと比べると成長スピードが全く違います。

エンジニアの需要は増えている

エンジニアの需要は増え続けています。

VR、IoT、ロボット、人工知能など、技術の進歩は日々進んでいます。

それぞれの技術に専門知識を持ったエンジニアが必要です。

日々勉強をしないといけないので、エンジニアの人数は足りるという状況にはなかなかなりません。

需要があるからこそ、狙い目な分野だと言えるでしょう。

「エンジニアで職がないです」というのはそんなに聞いたことがない、若いんならね

プログラミングスキルがあれば、実務未経験であっても就職はできてしまいます。

今でもエンジニアで職がないという話はあまり聞きません。

スキルのある人であれば、どこでも欲しがります。

若い人で職が無い人は、まずエンジニアを目指しても良いんじゃないかね

年齢が20〜30代で職が無いという人は、まずエンジニアを目指してみるのも良いでしょう。

2〜3ヶ月ほど、しっかりと勉強すれば、他の分野に就職するよりも簡単に就職することができると思います。

言語は重要ではない、一個プログラミング言語ができる人は他の言語もできます

プログラミング言語は色々とあって何から学べば良いのかわからない人も多いと思います。

しかし、何を学んでも良いと思います。

どれか1つが出来れば、他も同じようにマスターできます。

僕自身はHTML、CSS、 JavaScriptから入り、次々とマスターしていきました。

入りは何でも良いと思います。

興味のある分野に挑戦してみると良いでしょう。

何から学べば良いのか本当にわからないという人は、プログラミングスクールに通うと良いと思います。

スクールに通うことで、プログラミングで何が出来るようになるのか?自分のやりたいことはどのような技術が必要なのか?わかるようになります。

上記の動画での重要なポイントをまとめ

動画にあった重要な発言をまとめました。

おさらいです。

重要なポイントまとめ
  • IT業界はこれから伸びる業界で、エンジニアの需要は高い
  • 20代で年収800〜1000万円はざらにいる
  • 西村博之さんが現在何も無いの状態ならエンジニアを目指す
  • 文系でもエンジニアになることはできる

僕自身、IT業界でエンジニアとして働いていますが、これは割とリアルです。

そして全く何も無い状態からでもエンジニアは目指せます。

プログラミングスクールに通い、2〜3ヶ月ほど勉強すればエンジニアになることは可能です。

IT業界のエンジニアは人手が足りていないので、最近だと無料で通えるプログラミングスクールなども登場してきました。

オススメのスクールに関しては関連記事で紹介しています。

無料のスクールについても紹介しているので、良かったら読んでみて下さい。

ひろゆき 僕がエンジニアになった理由

西村博之さんがエンジニアになった理由についての動画。

動画での発言を下記にまとめました。

  • エンジニアは時給じゃない
  • 30時間働きました、こういうプログラムを作りました、そのプログラムで出来上がる売り上げとか生産性が僕の結果として入ってくるじゃないですか。例えば、30時間で作ったものが、サイトとして面白いもので、毎月売り上げが30万あがりました。年間300万になりましたってなったら、僕の30時間が300万の価値になったりするんですよ。
  • 普通の職業は時給で簡単に計算できてしまう
  • 経理の人が30時間働いたら、絶対30時間分の価値しかもらえないんですよ
  • エンジニアは上限が決まっていない系の職業
  • 働く時間が短くて、収益の効率性が良い仕事が僕にとって仕事としてお得なお仕事
  • エンジニアは天才でなくても仕事はある
  • エンジニアは超優秀な奴もいれば、超馬鹿な奴もいる、そして馬鹿な奴も食えている

西村博之さんがいくつもある職業からなぜエンジニアを選んだのかについて語られている動画です。

こういう話を聞いて、僕もエンジニアを目指そうと思いました。

1つ1つ、エンジニアである僕の意見を含めて紹介してきます。

エンジニアは時給じゃない

エンジニアの仕事は時給ではないです。

1時間の仕事で数万〜数百万の利益を出す人がいます。

他の仕事では考えられないようなパフォーマンスです。

30時間働きました、こういうプログラムを作りました、そのプログラムで出来上がる売り上げとか生産性が僕の結果として入ってくるじゃないですか。例えば、30時間で作ったものが、サイトとして面白いもので、毎月売り上げが30万あがりました。年間300万になりましたってなったら、僕の30時間が300万の価値になったりするんですよ。

お金を生み出すようなプログラムを作れれば、自分の時給はめちゃくちゃ上がります。

こんな風に作れる人はすぐに独立していきます。

普通の職業は時給で簡単に計算できてしまう

普通の仕事は時給からは逃げられません。

エンジニアの仕事はプログラムとして形に残ります。

そのプログラムがお金を生み出すから、時給で計算ができないのです。

経理の人が30時間働いたら、絶対30時間分の価値しかもらえないんですよ

これは仕方のないことです。

こういうことに気づいてから仕事選びをしたいものです。

エンジニアは上限が決まっていない系の職業

エンジニアは上限が決まっていないです。

上限は決まっていないですが、下限は決まっています。

スキルのないうちは雇われて、最低賃金以上で仕事をして、スキルが身についたら独立や起業などをして、上限が決まっていない分の利益を自分で受け取るようにしましょう。

働く時間が短くて、収益の効率性が良い仕事が僕にとって仕事としてお得なお仕事

これは西村博之さんの考えですが、僕もこの意見に賛同して、エンジニアなりました。

仕事に対して、色々な考えはあると思いますが、似たような考えの人はエンジニアに挑戦すると良いでしょう。

エンジニアは天才でなくても仕事はある

エンジニアは凡人でも仕事があります。

人手不足で競争も少ないので、社会的に酷い人にも仕事があります。

エンジニアは超優秀な奴もいれば、超馬鹿な奴もいる、そして馬鹿な奴も食えている

勉強しないようなエンジニアの人でも普通に食えています。

多分、一般よりも良い給与をもらっていると思います。

馬鹿でもエンジニアは食えます。

重要なポイントまとめ
  • エンジニアは時給ではない
  • そして給与の上限がない
  • 普通の仕事は時給で簡単に計算できています
  • エンジニアは天才でなくても仕事はある
  • エンジニアの中には馬鹿な人もいる

エンジニアはそもそも、人が少ないので優秀でなくてもなることができます。

そして仕事で食べていけます。

本当に目指して損はない職業です。

西村博之さんの発言に関する反応

プログラミングに関するの動画や発言をきいて、他の人はどう思ったのか?気になったのでツイッターで感想を見つけました。

投機をやるよりも、プログラミングの技術を身につけるのが、今は一番良い投資になるという意見。

実際にそうだと思います。

エンジニアになってメッチャクチャお金を稼げるようになったし、周りを見てもお金を稼いでいる人は多い。

ひろゆきさんの動画は見ておいて、損はないです。

ざっくりとプログラマーやエンジニアについて知ることができます。

ひろゆきさんの話を聞くとプログラミングの勉強を頑張りたいという気持ちになるのはわかります。

僕自身、プログラミングの勉強している時によく動画をみていました。

ネットで独学でプログラミングを勉強するのは、難しいのでプログラミングスクールに通うのが身につくのが早くてオススメです。

プログラマーと聞くと理系というイメージがあるから、文系の大学卒ということにびっくりする人はいると思います。

しかし、プログラマーになってみると文系のプログラマーが多いことに気がつく。

実際にプログラミングを勉強していないと、プログラマーの友達は増えづらい。

プログラミングの勉強が深くなればなるほど、知り合いが増えていく。

類は友を呼ぶ、というような、お金持ちの友達はお金持ちのような理論と一緒。

他の著名人のプログラミングに関する発言

こちらの記事で他の著名人のプログラミングに関する発言をまとめました。

勉強になると思うので、興味のある方の記事を良かったら読んでみて下さい。

関連記事

関連記事メルカリ創業者の山田進太郎さんがプログラミングについて発言したこと

関連記事【中卒から社長へ】家入一真氏のプログラミングに関する発言まとめ

関連記事【DeNA創業者】南場智子氏のプログラミングに関する発言まとめ

関連記事【ホリエモン】堀江貴文氏のプログラミングに関する発言まとめ

関連記事与沢翼さんがプログラミングについての発言したことまとめ

関連記事グリー株式会社の田中良和さんがプログラミングについての発言したことまとめ

関連記事楽天の三木谷浩史さんがプログラミングについての発言したことまとめ

関連記事メタップスの佐藤航陽さんがプログラミングについての発言したことまとめ

関連記事Zaim代表の閑歳孝子さんがプログラミングについての発言したことまとめ

関連記事【サイバーエージェント】藤田晋がプログラミングについての発言まとめ

関連記事Wantedly社長の仲暁子さんがプログラミングについて発言したことまとめ

関連記事古川健介(けんすう)さんがプログラミングについて発言したことまとめ

関連記事西村博之(ひろゆき)さんがプログラミングについて発言したことまとめ

関連記事落合陽一さんがプログラミングについて発言したこと

プログラミングが学びたくなった方へ

プログラミングを学びたくなった方はこちらの記事でオススメのスクールについて紹介しています。

良かったら読んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA