落合陽一さんがプログラミングについて発言したこと

研究者でメディアアーティストとして知られる落合陽一さんのプログラミングに関する発言をまとめていきました。

これからプログラミングを学ぼうと思っている人の参考になればと思います。

落合陽一さんのプログラミングについて発言

個人的に印象に残ったものを抜粋して紹介していきます。

プログラミングができるだけでは意味がない。それよりも重要なのは、やはり自分の考えをロジカルに説明して、ロジカルにシステムを作る能力なのです。

(出典:落合陽一氏「プログラミングや英語教育より大切なこと」

プログラミングができるだけでは意味がない。

システムを作る能力が大事。

今からプログラミングを学ぶのであれば、プログラミング言語はJavaかPythonがオススメだそうです。

もっと未来を見据えてやっている人を連れてきて、何か発明しましょうって考える方が僕は好感が持てるんです。発明って、新しいものじゃないですか。エンジニアってその発明が唯一可能な職業で、そこが本当にかっこいいんですよ。既存のモノの組み合わせじゃなくて、ゼロからまったく新しいモノを生み出すような力を持っているから。存在しないモノや発想を、「ちょっと計算して試してみよう」って言える力って今すごく重要だと思いますね。

(出典:「2020年、何やってたら楽しそう!?」落合陽一氏と語る未来のクリエイティブ

エンジニアは発明が唯一可能な職業。

僕自身は営業からエンジニアに転向しましたが、本当に発明が可能な職業だとすごく感じます。

PhDを取ったプログラマーって、日本では学者になる人が多いんだけれど、海外だとベンチャーにいく人が多いんですよね。世界中でその人しか持っていない技術っていうのを保有しているから博士になったわけで、それってまさに“金のなる木”でもあるんですよね。

(出典:「2020年、何やってたら楽しそう!?」落合陽一氏と語る未来のクリエイティブ

博士号をとったプログラマーはベンチャーにいく。

プログラミングはやればやるほど身につくスキルだから、本当に裏切らない。

ハマる人はハマると思うので、ぜひ挑戦してみて欲しい。

これからはコンピューターの知識は必ず必要となってくるので、勉強できる時に勉強しておいた方が良い。

議員でプログラミングしたことない人の方が多いような・・・。

プログラミングに興味を持ったらすぐに勉強を始めるのがオススメ

落合さんの発言をきいて、プログラミングを勉強したいと思ったらすぐに勉強を始めるのが良いでしょう。

プログラミングの勉強は教科書を買って、基礎から勉強するよりもプログラミングスクールに通うのがオススメです。

スクールに通えば、自分にプログラミングが向いているのかどうか判断できます。

数ヶ月勉強してみて向いてないないと感じたら勉強をやめれば良い。

今だと無料で通えるプログラミングスクールもあるので、利用してみたらどうでしょう?

東京にある無料で通えるプログラミングスクール

東京には無料で通えるプログラミングスクールがあるので紹介します。

スクールの名前はギークジョブです。

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

全国どこからでも利用ができるプログラミングスクール

東京以外だと良さそうな無料のスクールがなかったので、地方に住んでいる方には有料のスクールを紹介します。

全国どこからでも通えるプログラミングスクールのテックエキスパートがオススメです。

オンラインでの受講が可能なスクールとなっています。

かなり力のつくスクールとなっていて、転職成功率は97%です。

こちらも同じく就職保証制度があり、利用した方はほとんどが転職に成功しています。

地方で利用できるプログラミングスクールで、これほど内容が充実しているスクールは少ないです。

就職先候補の企業も豪華です。

大手企業からベンチャー企業まで揃っています。

興味のある方は無料カウンセリングを受けてみて下さい。

▼テックエキスパートの詳細はこちらのボタンをクリック

まとめ

プログラミングを勉強するなら、エンジニアになるつもりで勉強するのがオススメです。

そこまで勉強しないと、プログラミングができるとは言えないからです。

頑張ってみて下さい。

出来ることが増えていくと勉強するのが楽しくなっていくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA