【受講者が書く】WebCampProの口コミや評判と就職先について

スポンサーリンク

私自身、プログラミングスクールのWebCampに通っていました。

WebCampの受講者が受講した感想を交えて、WebCampProの特徴や評判、口コミについて書いていきます。

これからWebCampProに通おうと思っている人は参考にしてみて下さい。

WebCampProの紹介の前に簡単な自己紹介

WebCampProの紹介の前に簡単に自己紹介させて下さい。

私はプログラミングスクールに通った後、Webの制作会社でエンジニアとして働いています

エンジニアに就職する前に1つと就職した後に2つプログラミングスクールには通いました。

そして、色んなスクールの話を実際に行って聞いてきたので、スクール事情や業界については理解があります。

またプログラミング未経験からエンジニアに就職した経験があるので、参考になるように記事を書いていこうと思います。良かったら参考にしてみて下さい。

WebCampProとは

では本題のWebCampProについて書いていきます。

WebCampProは受講者全員に転職保証がついたプログラミングスクールです。

内容は学習期間3ヶ月。就職サポートが3ヶ月というカリキュラムで、クラウドワークスなどの有名なIT企業に転職するのが目的のスクールです。

もし転職ができなかった場合は受講料が全額返金されます。

なので、エンジニアに転職したい、手に職をつけたいという人もオススメのスクールです。

未経験・初心者の方でも3カ月という短期間で、高いエンジニアスキルを身に付けることができます。以前はWebスクという名称でしたが、今はWebCampProに変更になりました。

エンジニアになりたいという方は、受講もしくは無料カウンセリングに行ってみて下さい。

▼WebCampPro(ウェブキャンププロ)の詳細はこちらをクリック

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

僕自身がWebCampに通ってみた感想

実際に僕はWebCampの渋谷校に通っていました。

WebCamp独自の教材を利用してスタッフにプログラミングを教わりましたが、初心者でもしっかりと学習できる環境が揃っていました。

教材は初心者にもわかりやすく作られていたし、教えてくれるスタッフは常時いて、質問をしやすいです。

一人一人勉強を進めていくスタイルで、項目ごとに納得して学習を進められます

また、わからないところは、ちゃんと丁寧な感じで教えてくれるので、かなり力がつくし、未経験の人でもついて行くことができるプログラミングスクールです。

WebCampProは転職保証付きオンラインブードキャンプ

f:id:buried_treasure:20171008142638p:plain

WebCampProの強みについて書いていきます。

WebCampProの強みは、4つあります。

  • 実務経験を積むことができるカリキュラム
  • 通い放題という学習環境
  • 転職に向けた手厚いサポート
  • 転職できなかった場合は受講料を全額返金

WebCampの公式サイトでもこの点は強くアピールされています。

f:id:buried_treasure:20171008144413p:plain

WebCampProは「こんな人にオススメです」と明記されています。

f:id:buried_treasure:20171008144818p:plain

今の職場に不満を感じているのに、スキルが無くて良い企業に転職できるか不安という人にはオススメのサービスです

WebCampProの転職成功率は98%なので、カリキュラムをやりきれば、ほぼ転職はできます。

就職に必要なスキルは3ヶ月みっちりやれば身につくものです。

ただ、就職した後にも勉強する必要はあります。

僕自身がそうだったので、書いておきますが、エンジニアになってからも勉強になります。

日々勉強が必要な職業です。

▼WebCampPro(ウェブキャンププロ)の詳細はこちらをクリック

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

即戦力を育てるための実務体験

f:id:buried_treasure:20171008145821p:plain

WebCampProでは2ヶ月目から受講者全員に本番さながらの実務体験を行います

実務体験を経験できるプログラミングスクールはほとんど無いです。

僕自身プログラマーとして仕事をしているが、勉強と実務では大きく違う。

それをプログラミングスクールで経験できるので、より本質的なスキルを習得することができます。

WebCampProの学習カリキュラム

f:id:buried_treasure:20171008150329p:plain

カリキュラムは1ヶ月目で基本的なプログラミングを学ぶ。

HTML〜Railsまで勉強するので、学習することが多い。

本当に多い!

普通のプログラミングスクールが2〜3ヶ月くらいでやることをWebCampProは1ヶ月で終わらせている

結構勉強を頑張る必要があると思います。

2ヶ月目からグループ制作があるのがすごく良いと思った

エンジニアとして会社で働くようになると、グループで制作することが多い。

人のコードをみたり、他人と連携して一つのものを作り上げるのは勉強になります。

プログラミングを独学で勉強しているとこういう機会はないので、個人的な経験ですが、就職した時に苦労することは多かったです。

グループ制作を通して、その苦労を未然に防ぐことができます。

また同じエンジニアを目指すもの同士、仲良くなれるのもオススメな点です。

僕自身プログラミングスクールで知り合った人とは、たまに遊ぶ仲だったりします。

社会人になるとなかなか友達が作りづらいので、友達を作る良いきっかけになります。

3ヶ月目はサービス開発。

個人でオリジナルサービスを開発します。

自分のサービスを作ることができたら副業なども簡単にできます

WebCampProのカリキュラムはハードです。

でもその分、やりきった時は現場でも通用するくらいの力が付いているだろうなと思いました。

将来性のあるスキルが欲しい!

ここで人生を変えるという覚悟のある方は無料カウンセリングを受けてみて下さい。

きっと生きるのが楽になると思います。

僕もWebサービスを自分で作れるようになって副収入で月に10万円ほど稼いだことがありますし、今も稼いでいます。

▼WebCampPro(ウェブキャンププロ)の詳細はこちらをクリック

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

受講するには「選抜試験」がある!?

f:id:buried_treasure:20171008151333p:plain

受講するには選抜試験を合格しないといけません。

以下の三種類のテストがあります。

  • タイピングテスト
  • GitHubを使った実務テスト
  • 対面での面談

タイピングテスト

パソコンの操作に慣れていないと勉強に苦労するので、試験の項目に入れているのだと思います。受講を考えている方は、ネットのタイピングゲームなどで練習してから受験すると良いです。

あまりに苦手ということがなければ合格すると思います。

スポンサーリンク

エンジニアでもタイピングが遅い人はいるので、めちゃくちゃ早い必要はないと思いますが、全くパソコンを使ったことが無いという人は危険かもしれません。

GitHubを使った実務テスト

これから学ぶ人へのテストなので、専門知識が必要なモノではないと思います。

グーグルなどの検索エンジンを使って、わからないことを検索できるかどうかが試されているのだと思う。

事前にGitHubに登録してみていじってみたり、ワードプレスのブログを自力で立ち上げたりすると練習になって良いと思います。

テストが心配な方は事前に練習しておくと良いです。

就職保証のプログラミングスクールなので、適正が無い場合は落とされてしまいます。

就職できないと授業料が全額キャッシュバックになってしまいます。

そのため、できなければ普通に落とされます。

対面での面談

面接に通りやすい人物かの確認だと思います。

いい人という印象が与えられば問題ないと思います。

WebCampProの就職先の企業例

f:id:buried_treasure:20171008152611p:plain

WebCampProを利用した人の就職先について書いていきます。

紹介先企業例として紹介されていたのですが、IT業界を未経験の人の場合、企業名を聞いてもどんな会社かわからないと思ったので詳しく書いていきます。

紹介されている企業はIT業界でも有名な会社が多いです。

クラウドワークス

f:id:buried_treasure:20171008152904p:plain

東証マザーズ上場。

クラウドソーシングの業界ではトップクラスの会社。

競合他社だと「ランサーズ」が有名。

クラウドワークスの中の人とも会ったことがあるが、高い目標に向かってガツガツ働いているイメージのある会社です。

大手企業から転職している人も多いので、待遇などは良さそう

知り合いがリクルートからクラウドワークスに転職してすぐに役職者になっていました。

エイチーム

f:id:buried_treasure:20171008153312p:plain

東証1部上場の会社。

ゲームやアプリ、情報サイトなど、幅広くインターネットのことをやっている会社。

エンジニアとしてやりたいということは割と何でも出来そうだと思った。

転職サイトの口コミなどを見るとイケイケの会社なのかなという感じ。

ドリコム

f:id:buried_treasure:20171008154234p:plain

東証マザーズ上場の会社。

ゲーム事業がメインの会社。

社長が有名で色々なメディアに出ている。

口コミサイトを見るとプログラマーが尊重される社風で、プログラマーが働きやすい会社だそうです。

会社によってエンジニアという職種の評価が大きく変わるので、エンジニアなるなら評価されるやすい会社を選ぶと良いと思います。

PIXTA(ピクスタ)

f:id:buried_treasure:20171008160246p:plain

東証マザーズ上場の会社。

写真・イラスト・動画のデジタル素材をオンライン上で販売するサイトを運営する会社。

上記の3社と比べると給与は高くはなさそうだが、比較的ゆったり働けそうなイメージがあります。

企業例として紹介されているだけあって、有名企業で待遇などが良さそうな会社が多い。自社サービスを運営している有名な企業なので、それなりの実力がないと入れないと思います

しっかりと実力をつけて良い会社に入社したいという方はまずは話を聞きに行ってみると良いと思います。

▼WebCampPro(ウェブキャンププロ)の詳細はこちらをクリック

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

受講料は「3ヶ月の学習期間」+「3ヶ月の転職サポート」で40万円

f:id:buried_treasure:20171008171856p:plain

受講料40万円と聞くと高いように感じるかもしれませんが、プログラミングを学ぶのにそれくらいのお金はかかります。

3ヶ月間しっかりとやりきれば、オリジナルサービスが作れるくらいの実力はつくので無駄使いするよりは安い買い物だと思う。

副業もできるようになるだろうし、WebCampProのサイトでも紹介されている通り、エンジニアの平均年収は他の職種と比べて高いので、就職先によってはすぐ元は取れると思います。

僕の場合はプログラミングを覚えて、副収入を得ることができたので簡単に元を取ることができました。

f:id:buried_treasure:20171008162124p:plain

エンジニアは副業が簡単にできる

オリジナルサービスが作れるようなエンジニアは簡単に副業が出来ます。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングを使えば仕事は見つかるし、高い単価の案件もあるので心配な方は受講前に探してみると良いです。

▼クラウドワークスの詳細はこちらをクリック

クラウドワークス

クラウドワークスも良いですが、自分のサービスを作るのも面白いです。

グーグルアドセンスなどの広告を自分のウェブサービスに入れると簡単に収益化が出来てしまいます。

ネット上にウェブサービスの収益報告の記事はたくさんあるので色々と読み漁ってみると面白いし、勉強に対するモチベーションが上がると思います。

自分で稼げるような力がつくので、40万円の受講料は安いものだと思います。

興味ある方はエンジニアの道を切り開いてみて下さい。

▼WebCampPro(ウェブキャンププロ)の詳細はこちらをクリック

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

WebCampPro(Webスク)のネットでの口コミ

ネットで見つけたWebCampProの口コミや雰囲気がわかるような情報を乗せていきます。

カウンセリングを受けるかどうかの参考にしてみて下さい。

良いとか良心的なスクールだという口コミが多いので、転職したいという気持ちがあるならWebCampProに賭けてみても良いと思います。

プログラマーになると生きやすくなると思うので、ぜひ挑戦してみて下さい。

▼WebCampPro(ウェブキャンププロ)の詳細はこちらをクリック

未経験からエンジニアへ。転職保証付きプログラミングスクール

40万円の受講料がネックな場合

貯金がなく、40万円が払えないという方にオススメのプログラミングスクールの紹介です。転職することを前提でプログラミングを学ぼうとしているなら、無料で通えるプログラミングスクールがあります。

こちらの記事で紹介しているので興味ある方は読んでみて下さい。

関連記事未経験から無料で転職!「プロエンジニア」がオススメな6個の理由

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA