Midworksとは?ITエンジニア独立支援サービスの特徴と評判

スポンサーリンク

この記事ではエンジニアの独立支援サービス「Midworks(ミッドワークス)」の特徴や口コミ、評判などについて書いていきます。これから利用しようか考えている人は参考にしてみて下さい。

ちなみにMidworks(ミッドワークス)のサイトはこちらです。

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

Midworks

Midworks(ミッドワークス)に登録した経緯

私はもともと営業職として働いて、手に職をつけたくてエンジニアに転職しました。

エンジニアになったばかりの頃は技術を習得するのが大変で、毎日が勉強だったけど1〜2年くらいすると、担当する案件が似たような案件が多く、新しい技術が習得できていないような気がした。

そこで、成長スピードが遅くなっているように感じたし、会社での働くのも飽きてきたので、エンジニアとして働いていて独立について考えるようになった。

独立支援のサービスについて色々と調べてみて、「Midworks(ミッドワークス)」を見つけました。

正社員と同等の保障付きの独立支援サービスということで、気になり登録面談に行ってきたので、その内容についても書いていきます。  これから独立を考える方や利用を検討されている人の参考になればと思います。

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

 

Midworks(ミッドワークス)を利用した時の状況

一つの参考例になるように僕が利用した時の経歴やスキルなどの状況について書いていきます。

興味ない人は次の項目からMidworks(ミッドワークス)の紹介をしていくので読み飛ばして下さい。

では僕の経歴について書いていきます。

 

文系の4年生大学を卒業して新卒で、IT企業の営業職として規模の大きめな会社に入社。

仕事ではプログラミングと関わることなく、5年間勤めた。

3年目で役職などをもらい、出世というものを経験。

会社の中で出世しても、仕事の量が多くなるし、忙しくなるので、幸せを感じることができなかった。

そこからさらに上を目指すことで仕事が楽になるようなイメージもなく、入社当初は早く偉くなりたいと思って働いていたが目標を見失い、惰性で仕事を続けて、毎日を過ごしていた。

ある日、同僚がプログラミングスクールに通っているという話を聞いて、自分も興味があったので一緒に通ってみました。そこでプログラミングにハマり、エンジニアになることを目指して、5年勤めた会社を辞めてエンジニアなった。

未経験からエンジニアへの初めての就職はWeb制作会社だった。

規模は大きい会社で、業界では有名な歴史のある会社でした。

エンジニアになって最初の半年はすごく忙しかったが、年月が経っていくと慣れてくる。2年目くらいになると職場の全体像がわかり、キャリアパスみたいなものが見えてくる。

僕が働いていた職場は年功序列で、役職が上がらないと給与が大きく変わらないような場所だった。担当している案件にも慣れてきて、正直言うと業務に飽きてきた。

そして受託の制作会社なので、案件が大きく変化することもない。

同じような業務をこなして何年も会社にいないと役職も上がらないし、この先会社が無くなることはないとは思うが、働いていて幸せを感じなくなってきた。

そして、勤めている会社には、客先常駐をメインとしている部署がある。常駐だと上司と顔を合わせることがないので評価が難しくなるし、常駐に行ったら終わりかなとも色々と考えるようになってしまった。

運に任せて働くよりも独立も視野に入れようと思い、エンジニア独立支援サービスを見るようになった。色々と見る中で、「正社員並みの保障がある独立支援サービス」というキーワードに引っかかり「Midworks(ミッドワークス)」を登録しました。

 

登録して実際にオフィスに行ってきました

f:id:buried_treasure:20170702111458j:plain

独立支援のサービスってネット上で調べていても情報が限られているので、実際にオフィスに行ってきた。

Midworksを運営する会社は株式会社Branding Engineerです。

主にIT系の人材紹介や採用などをメインにしている会社です。

若い人の多いベンチャー企業ですが、担当してくれたスタッフを見る限りしっかりしている感じ。

会社の場所は渋谷の道玄坂を少し登ったところにあります。

渋谷駅からだと徒歩10分。神泉駅を利用すると徒歩5分で済みます。

僕は渋谷駅を利用したので、結構歩きました。

5階がMidworksを運営している会社です。実際に行ってきた証拠の写真です。

f:id:buried_treasure:20170702105951j:plain

 

ここら辺は似たようなビルがあって迷うことがあります。

MORIVA COFFEEが目印になりました。

正面から見て右隣がビルの入口です。

f:id:buried_treasure:20170702110230j:plain

 

株式会社Branding Engineerの受付はこんな感じで、かなりオシャレ!!

とっても綺麗でした。

f:id:buried_treasure:20170702111458j:plain

オフィスはガラス張りで社員がどのように働いているのかが外から見れます。

僕は土曜日に行ったので、社員の方は数人くらいでした。

面談ルームはこんな感じで、この中で話を聞いてきました。

f:id:buried_treasure:20170702111608j:plain

ではMidworksについて聞いてきた話を書いていきます。

登録すべきか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

Midworks

 

Midworksとは何か?

Midworksは、正社員並みの保障つきでエンジニアの独立をサポートするサービスです。

Midworksに案件を取ってきてもらって、それにエンジニアが対応してお金を稼ぐという仕組みです。

案件を紹介してもらったところ、案件は基本的には常駐です。

常駐先は有名なIT企業が多いです。

Midworks自体が渋谷にあるので、渋谷にある大きなIT企業とかを想像してもらうとそこで合っているとは思います。

案件の内容は様々な種類があり、新しい技術を身に付けたいという人も興味持てそうな案件がありました。

またエンジニア以外の案件も取り扱っているので、エンジニア以外の職種でも利用することは可能です。

デザイナー、企画、マーケティング、コンサルの人でも利用することは可能です。

具体的な案件を知りたい方はこちらから確認できます。

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク
Midworks

 

実際に利用するとなると求人を紹介してもらって、その中からやりたい案件を探して、応募するとMidworksの担当者と一緒に企業に面談に行きます。

そして先方の担当者と話をして条件などを決めます。お互いが合意したら、仕事がスタート。

Midworksとしては、案件は半年以上の継続的にやってもらおうと考えていているようです。技術的に大きくミスマッチしているような案件はなるべく紹介しないようにしている。

実際に案件をやってみて、ミスマッチしていた場合はそこで仕事が終わりになることもある。仕事が終わりになった場合でも、能力を再度見極めて、利用者に合った仕事を紹介してくれます。

僕の担当をしてくれた担当者は技術に対する理解のある方で、無茶な案件を振ってくるような人ではなかったです。ちゃんと自分の実力を理解してくれます。

独立支援のサービスなので、急に打ち切られて仕事が無くなるというリスクもあるため、貰える金額は会社員として雇われていた時よりも高いことが多いそうです。

 

僕が気になっていた正社員並みの保障とは

僕が気になっていた正社員並みの保障についても説明があったので書いていきます。

通常エンジニアの独立支援のサービスでは、年金や税金、保険などのサポートをしてくれないことが多いですが、Midworksは違います。

税金や年金などを半額サポートもしてくれます。

いきなり独立した場合、税金や年金などのどう対応して良いのかわからない事を、Midworksが手伝ってくれます。

そこがMidworksのセールスポイントの一つです。

初めて独立支援のサービスを使う時にはすごく良いかと思いました。

 

Midworksは発注金額を公開している

Midworksの良い所として、発注金額を利用者に公開しています。

たまに予定の金額より多く、支払いがあることがあるそうです。

他の独立支援のサービスの場合、その事を利用者に伝えず、自分の利益にしてしまうことがあるそうですが、Midworksではそのようなことはないそうです。

明確に発注金額を利用者に公開して、できるだけ納得した上で仕事をしてもらいたいと考えている。

また稼働時間はMidworksが管理しているので、面談の時と状況が異なって、残業時間が想像以上に増えるなどということは無いそうです。

 

Midworksの良い所をまとめるとこんな感じ

Midworksのメリット

  • 有名なIT企業で働ける
  • 案件の内容が選べる
  • 給与が上がる可能性がある
  • 保険や税金などを半額サポートしてくれる
  • 発注金額をサポートしてくれる
  • 稼働時間はMidworksが管理

 

初めて独立支援のサービスを利用するには良いかと思いました。

スキルによって紹介される案件は違うので、興味ある方は話などを聞きに行ってみると良いと思います。

担当者は良い人で、技術に対しても理解のある方でした。

 

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

Midworks

 

Midworksの口コミや評判

ネット上で口コミを調べてみましたが、

実際に利用されている人の口コミは特に見当たらなかった。

 

悪いサービスの場合、そういう口コミは出回り安いけど、

良いサービスだった場合は、ユーザー同士案件の取り合いになってしまう為、

こっそり利用している人が多い事があります。

 

Midworksの評判について、ネットで書かれていたことを紹介して行きます。

 

やはり社保付きは魅力的です。

 

社保は任意継続すれば良いので、ただ中抜きされているだけだろうという声もあります。

 

僕としては案件を数件やってみて、案件紹介サイトとはどう違うのか判断すれば良いと思います。

特にメリットを感じなければ、継続する必要は無いので。

 

こういう働き方の選択肢もあるということを知ってほしいという声もあります。

自分で独立したら案外イケてしまったという事はあるので、少しでも興味があるならやってみた方が良い。

 

個人事業主としては年金折半は嬉しいという声もあります。

 

サービスとして伸びているという噂もあります。

まぁいきなり独立は不安なので、ニーズはあるよねーとは思います。

 

Midworksの特典としてfreeeが無料で使えるところをメリットとして、あげている方もいました。他にはスキルアップ関連の費用も出してくれます。

f:id:buried_treasure:20170626220123p:plain

 

他に見ないような特殊なサービスなので面白いと感じる人もいるようです。

 

自分にあっているか合わないかは実際にやってみないとわからない。

一度利用して、案件を数件やってみると適切な判断ができます。

 

色々と調べてみましたが、悪い評判は特になかったので、

良いサービスなのではないかと思います。

良かったら試してみて下さい。

 

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA