「ニート」からでも就職できるプログラミングの勉強方法


すぐわかるプログラミングスクールおすすめランキング

▼当サイトから登録が多いプログラミングスクール

【1位】ProEngineer     《無料で通える》

【2位】WebCamp PRO《就職保証付き》

【3位】TechAcademy   《オンライン受講》

「ニート」や「引きこもり」を長期に渡って経験していても、3ヶ月くらい時間を使ってプログラミングを勉強すれば就職できます。

今の時代プログラミングがある程度できれば、今までの職歴がなくても、無職の期間が長くでも普通に就職できます。

それくらいプログラマーは求められいますが、現状世の中に足りていない状況です。

どういう風に勉強していけば就職できるのか、詳しく書いていきます。

興味ある方は読んでみて下さい。

ニートから就職する為のプログラミングの勉強法

一つ一つステップにわけて書いてきます。

1.簡単にプログラミングについて勉強してみる

プログラミングは人によって、合う合わないがはっきり出ます。

少しやってみて興味を持つことができそうか、まずは試してみます。

 

自分にプログラミングが合うかどうかを判断するのに使えるのが、テックアカデミーの無料体験です。

1週間プログラミングスクールを無料体験することができます。

テックアカデミーを使ってみてプログラミングに興味を持てそうだなと感じたら次のステップに進むのがオススメです。

まずは無料体験をしてみましょう。

▼テックアカデミーの詳細はこちらのボタンをクリック▼

2.無料のプログラミングスクールに通う

テックアカデミーを経験してプログラミングが自分に向いていると感じたら、次にプログラミングスクールに通います。

今回紹介するプログラミングスクールは年齢が20代であれば、0円で通うことができます。

ただし、プログラミングを勉強した後にエンジニアとして就職するということが条件になります。

このスクールは企業にエンジニアを紹介することで、企業からお金をもらう為、スクールとして生徒からはお金を取ることはしません。

もちろん途中でプログラミングが合わないと思って、スクールを辞めた場合でもお金は払わなくて良いです。

なので就職したいという気持ちがある方はこのプログラミングスクールを利用してみて下さい。

プログラミングスクールの名前はプログラマーカレッジといいます。

正社員の就業率は96.2%なのでプログラマーカレッジに通った人のほぼ全てが就職できています。

どんな風に勉強するのか気になった人は無料のカウンセリングを行なっているので、とりあえず話を聞きに行ってみると良いです。

▼プログラマーカレッジの詳細はこちらのボタンをクリック▼

3.年齢が20代を過ぎていた場合

年齢が20代を超えてしまっていた場合はどうすれば良いのかについて書いていきます。

20代を超えてしまった場合は有料のプログラミングスクールがオススメです。

中でもオススメなのが、42歳から未経験でエンジニアになった人を輩出したスクールです。

通常のプログラミングスクールの場合、20代でないと断られてしまうところが多いですが、ここはやる気と勉強時間さえあれば、受け入れてくれるようなスクールです。

ただし、お金がかかります。

3ヶ月で10万円です。

プログラミングスクールにしては安いし、内容が充実しているのでオススメです。

ポテパンキャンプという名前のプログラミングスクールです。

フリーランスエンジニアへの仕事紹介をしている会社が作ったプログラミングスクールなのでカリキュラムがしっかりとしています。

通ってカリキュラムをしっかりとこなせれば、ちゃんとしたエンジニアになれると思います。

▼ポテパンキャンプの詳細はこちらのボタンをクリック▼

まとめ

プログラミングスクールに通って、3ヶ月間しっかりと勉強すれば、ITエンジニアとしての力はかなりつきます。

エンジニアへの就職は過去の経歴や学歴よりは、今のスキルが重要視されます。

プログラミングスクールで作った自分の作品を持って面接に向かえば、正社員として就職することはできます。

そして、就職してからもスキルを上げ続ければ、エンジニアは他の職業と比べると給与が高いので、先に就職した周りの友達よりも高い給与をもらうことも可能です。

今はエンジニアのニーズが高いので、ニートからの就職を目指すのであればチャンスだと思います。

今日のある人はまずはテックアカデミーの無料体験から勉強を始めてみて下さい。

▼テックアカデミーの詳細はこちらのボタンをクリック▼