【新社会人へのアドバイス】オススメの給与の使い方や後悔しない使い道について

新社会人になると会社から初めて給与をもらいます。

多くの人にとっては、アルバイトでは稼げないような金額を貰います。

僕の場合は初任給は20万円ほどでした。

毎月のように、それくらいの金額が銀行口座に入ってくるので、どのようにお金を使えば良いのか迷う人もいるのでは無いでしょうか?

この記事はオススメのお金の使い方について紹介していきます。

新社会人にオススメの給与の使い方や使い道について

オススメの給与の使い道について紹介していきます。

参考にしてみて下さい。

両親に使う

初任給をもらったら、まず親に何かしらを使うと良いでしょう。

せっかくもらったお金を親にあげるの!?と思う人もいるかもしれません。

しかし、この使い道はすごくオススメです。

年を重ねてから自分が親世代になったときに、話のネタにもなるし、何よりも自分自身が後悔しません。

親に使う金額の大きさは関係ないです。

初任給を両親に使ったという事実が大事になります。

数千円でも、数万円でも良いです。

ぜひ、一度使ってみて下さい。

初任給をもらった時に使えなかったという場合は今からでも遅くはないです。

何かしらを買えるタイミングがあれば、買ってプレゼントすると良いでしょう。

積み上げるものにお金を使う

給与を銀行口座に貯金して、お金を寝かせているだけの人がいます。

これは年齢が上がれば上がるほど、後悔します。

お金を口座に寝かせているだけでは価値は上がりません。

価値が積み上がるものにお金を使うと良いでしょう。

具体例をあげると「積立預金」や「資格の勉強」などです。

会社でやっているような「財形貯蓄」も良いでしょう。

これらの使い方をすると、時間が経てば経つほど大きなリターンが返ってきます。

銀行口座に貯金するのは本当にもったないです。

将来的に返ってくるものにお金を使いましょう。

自社と関わりの企業の株を買う

株を買ってみるのもすごく良い使い方です。

自社の株はもちろん、自分の担当する企業や競合他社の株を買ってみると良いでしょう。

自分のお金の増減に関わるので、株を買った企業に関する情報には敏感になります。

普段だったら見過ごしている情報も身になるようになるので、株を買ってみるのは良いことだと思います。

プログラミングを学ぶのにお金を使う

今後必要になってくる能力にお金を使うもの良いことだと思います。

今だとプログラミングがアツいです。

全てのものがIT化する社会です。

エンジニアだけでなく、一般の人でもプログラミングが必要になってくることもあるでしょう。

小学校でもプログラミングは必修化されるので、学んでおかないとおいてかれます。

またプログラミングを勉強することで副業としてお金を稼ぐことも可能なので、興味のある人はぜひ挑戦してみて下さい。

僕自身も毎月20万円以上のお金をプログラミングによって稼ぐことができるようになりました。

これほど投資対効果の良い学びは今までなかったです。

オススメのプログラミングスクールについては関連記事にて紹介しています。

良かったらこちらの記事も確認してみて下さい。

使いたいものにお金を使ってみる

お金が定期的に入ってくるようになるので、使いたいものにお金を使ってみるのも良いでしょう。

何も考えず、お金を使うことによって自分が好きなものがわかったりもします。

自分自身は何が好きなのか?何に興味が向いているのか?を知るためにお金を使ってみましょう。

好きなことにお金を使うことで、たくさんのことを学べると思います。

まとめ

人はやらなかったことに対して後悔をします。

今までお金を理由にしてやってこなかったことをやってみると良いでしょう。

やってしまって後悔することはそれほどないので。

お金を使うことよりも稼ぐことをしたいという方はプログラミングを勉強してみて下さい。

プログラミングを勉強してみてITに興味を持つようになったら、IT業界に転職するのも良いでしょう。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA