客先常駐(SES)の仕事を抜け出す具体的な方法

IT業界の闇である客先常駐(SES)というワークスタイル。

これから抜け出す方法について具体的に書いていきます。

実態を知らずに入社した会社がSESで困っている人がいたら参考にしてみて下さい。

客先常駐(SES)の仕事を抜け出す具体的な方法

客先常駐の会社に何年いても、仕事自体が単純労働でスキルは全く身につきません。

同僚などが近くにいる場合は周りの人の話を聞いてみて下さい。

自分が目指そうと思えるような先輩はいますか?

きっと多くの人が低スキル、低賃金で苦しんでいると思います。

客先常駐という働き方を続ける限り、現状がより良くなるということは無いです。

貯金に余裕があるのであれば、まず仕事を辞めましょう。

客先常駐の次に仕事を始めるなら何が良いのか?

仕事を辞めるのは良いとして、次に何の仕事をすれば良いのか?わからないという人も多いでしょう。

具体的に次に始めるべき仕事について書いていきます。

自社サービスの会社に就職する

自社でITを使ったサービスを運営している会社が多くあると思います。

その中でもなるべく大手の企業に就職すると良いです。

無名の企業の場合はすぐに倒産しまうという場合もあります。

勢いがありそうなベンチャー企業もありますが、中に入ってみると激務で体力勝負で働くという感じになってしまいます。

ガツガツ働きたいという人にはベンチャー企業も良いかもしれないですが、一番良いのは大手企業です。

歴史や名前のある会社で、ITを使ったサービスを自社で運営しているところを目指してみてください。

そういう会社では教育がしっかりとしているので、ちゃんとしたスキルを身に付けることができます。

また長く勤めれば勤めるだけ、会社の中でステップアップしていくことも可能です。

元請けの会社に就職する

発注元の会社で働くことができれば、ちゃんと社員を育ててくれる環境があります。

客先常駐やSESで働いる時と比べると段違いのスピードで成長していくことが可能でしょう。

ちゃんとスキルを身に付けたいのであれば、元請けの会社に就職することがオススメです。

元請けの会社であれば、会社の規模は小さくてもちゃんと社員の面倒をみてくれるはずです。

IT以外の会社も見てみる

客先常駐やSESを離れるためにIT業界以外の会社を見てみるも良いでしょう。

客先常駐の働き方と比べれば、他の業界での仕事の方がまだマシに思えてくるはずです。

この機会にIT業界を捨ててみるというのも良いと思います。

それくらいIT業界の中では、客先常駐という働き方は悪とされています。

IT業界では底辺なので、すぐに抜け出した方が良いです。

客先常駐やSESの求人を避ける方法

転職して次の会社も客先常駐だったなんてことがあると大変です。

そんなことは無いようにこの方法を使って、客先常駐を避けて下さい。

客先常駐やSESの求人を避ける方法は簡単です。

グーグルで「企業名 口コミ」や「企業名 評判」と調べると、その企業に関する口コミや評判について出てきます。

そこに客先常駐やSESがメインというようなキーワードが出てきたら、その企業はアウトです。

口コミサイトはカイシャの評判Vorkersをチェックすると良いでしょう。

口コミや評判で検索してもキーワードが見つからない場合

企業によっては口コミや評判が見当たらない場合もあります。

規模が小さい会社や創業して間もない会社の口コミは無いということもあります。

その場合は企業の面接に行った時に確認しましょう。

どのような案件を対応することになるのか?客先で働くことになるのか?などを質問すると良いです。

これらを実行すれば、客先常駐やSESに入社することはないでしょう。

転職が難しいならプログラミングスクールでスキルを身につけましょう

全く何もスキルが無い場合は、転職前にスキルを身に付けると良いです。

3ヶ月程度勉強すれば、色々な会社に就職することができるくらいのスキルは身につきます。

有料のスクールを利用すれば、だいたい10〜20万円くらいかかります。

最近では無料のスクールもあるので、色々なスクールを比較してみて通うところを決めてみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA