【大手IT系企業の人事が教える】オススメの転職サイトや転職エージェントの選び方

大手IT系企業で採用の人事にをやっていた経験から、オススメの転職サービスについて紹介します。

人事経験者だからわかる採用の裏側」や「どこの転職サイトが良いのか?」などといったことについて紹介してきます。

これから転職エージェントやサイトを利用しようと考えている方は是非、参考にしてみて下さい。

本記事の内容

記事の内容について

  • 大手IT系企業の採用人事での経験について
  • 転職サイトと転職エージェント使い分けについて。どちらを使えば良いのか?
  • 大手企業の人事がどのような基準で転職サービスを選んで、求人広告を出しているのか?
  • オススメの転職サイト・エージェントの選び方
  • IT業界なら大手企業に入るのがオススメな理由
  • 大手企業に入社するコツ

人事経験者ならではの目線でオススメの転職サービスについて紹介していきます。

大手IT系企業の採用人事での経験について

まずは僕の経験の紹介をさせて下さい。

僕は大手IT系企業で採用の人事担当の仕事をしていました。

会社の規模感をお伝えすると、従業員数がグループ全体で数万人規模の会社で、東証1部上場の企業で人事をしていました。

担当していたのは新卒採用と中途採用を行なっていました。

求人広告を出す立場から、オススメの転職サービスについて紹介していこうと思います。

転職サイトと転職エージェントの違いについて

転職をしようとすると、色んなサイトやサービスがあってどれを利用すれば良いのか?わからなくなる人も多いでしょう。

採用の人事の立場で、「転職サイト」と「転職エージェント」をどのように使い分けていたのか?ということについてまず紹介します。

闇雲に転職サービスを使うのではなく、こちらの話を参考にして転職サービスを使ってみると採用される確率が上がる可能性があります

人事が転職サイトを使う場合

人事が転職サイトに求人広告を出すのは、とにかく大量に人が欲しい時です。

具体的に伝えると、「新規事業が始まったタイミング」や「事業拡大が決まった時」です。

企業側はとにかく人が欲しいので、経験やスキルなどを普段よりも採用基準を緩くしている場合があります。

どこでも良いから大企業に入りたいという人は転職サイトを利用すると良いでしょう。

転職サイトを利用する時に注意することは、ブラック企業の求人も多くあるということです

常に求人を出しているような企業は離職率の高い企業の可能性があります。

そのため、転職に興味があるなら転職サイトに登録して、日頃からどんな求人があるのか良く見ておくと良いでしょう。

人事が転職エージェントを使う場合

人事が転職エージェントに求人を依頼するのは専門的なスキルや経験を持った人を採用したい時です。

転職サイトでは採用が難しい人を採用する時に使います。

自分自身に特殊な経験やスキルがあるという人は転職エージェントを利用すると良いでしょう。

能力がある人の場合は、自分のスキルを高く企業に売ることができて、良い待遇での採用が期待できます。

また若い人を採用したいという場合もあるので、経験があまりないという人でも転職エージェントに登録しておくことはオススメです。

転職サイトの選び方

大企業の人事が求人広告を出すとき、どのように選んでいるのか?紹介したいと思います。

転職サイトに求人広告を出す時の基準はサービスの知名度になります。

有名な転職サイトであればあるほど、広告を出しやすくなります。

そのため、大手企業に就職したいなら、業界でもトップクラスの転職サイトを利用すると良いでしょう。

気になる求人があれば、応募をするという感じで利用すると良いです。

オススメの転職サイト

オススメの転職サイトはDODA(デューダ)です。

サイトの知名度は高く、優良企業が数多く掲載されています。

非公開求人もあるので、登録していない人は是非、利用してみて下さい。

▼DODAの詳細はこちらのボタンをクリック

転職エージェントの選び方

転職エージェントは紹介された人が採用されたら、成果報酬としてお金を払うシステムで行なっています。

そのため、サービスの認知度というよりは、企業のニーズに合った人を紹介してくれるエージェントがオススメです。

私が人事として働いていた時に、企業の対応や紹介してくれる人の質が高かった転職エージェントについて紹介します。

オススメの転職エージェント

転職エージェントではWORKPORT(ワークポート)がオススメです。

全国に支社やグループ会社があり、多数の求人を揃えています。

業種もほぼ全ての業種が揃っていて、未経験からハイキャリアの方まで幅広く対応してくれます。

非公開の求人も多く取り揃えているので、転職エージェントを利用するならワークポートが良いでしょう。

▼ワークポートの詳細はこちらのボタンをクリック

IT業界での企業の選び方

IT業界の企業を目指すのであれば、大手企業に就職することをオススメします。

理由は大手の方が資金をたくさん持っているからです。

資金があれば、サービスの規模が大きくなりますし、ベンチャー企業にはできないような挑戦的な事業に関わることも可能です。

また大きいサービスに携った経験は今後いきてきます。

転職した際に年収アップにも繋がりやすいです。

大企業は福利厚生も良いし、給与やボーナスも良いので、具体的にコレがやりたいというのがなければ、大手企業を選ぶと良いでしょう。

大手企業に入社するコツ

大量採用をするタイミングで就職する

大企業に入社するには、「新規事業が始まったタイミング」や「事業拡大が決まった時」を狙うと入社しやすいです。

企業に関するニュースをみて、拡大しそうな感じがしたら応募してみると良いでしょう。

また転職エージェントを使って、一般に公開される前にそういう情報を聞き出すのも良いです。

給与が高く、募集人数の多い求人はエージェントの方でも積極的に紹介してくれます。

プログラミングについて勉強する

大企業といえど、採用が難しいのはエンジニアです。

プログラマーやWebエンジニアは転職市場にあまり出回らないです。

大手企業でも採用に苦労している会社はたくさんあります。

なので、プログラミングを勉強してエンジニアとして大手企業を目指すのも良いと思います。

全くの未経験者でも、数ヶ月プログラミングを勉強すれば、就職できるくらいのレベルにはなります。

僕自身も社会人になってからプログラミングを身につけて、エンジニアとして就職することができました。

今後エンジニアのニーズは高まるので、今からプログラミングを勉強してエンジニアになるのも良い選択だと思います。

僕はIT業界ではエンジニアが最強の職種だと思っているので、興味のある方はエンジニアを目指してみて下さい。

最近では無料で通えるプログラミングスクールもあるので、良かったら利用してみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

まとめ

IT業界に転職する際は転職エージェントのWORKPORT(ワークポート)を利用すると良いです。

年齢が20〜30代ならエンジニアにキャリアチェンジするのも良いでしょう。

▼ワークポートの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA