低学歴の大学卒が学歴フィルターを突破する方法一覧

就職活動をしていれば、学歴フィルターに引っかかることはあります。

しかし突破方法はあるので、学歴フィルターの突破方法を一覧にしてまとめました。

興味のある方は読んでみて下さい。

低学歴の大学卒が学歴フィルターを突破する方法一覧

学歴フィルターを突破する方法を一覧でまとめるとこのようになります。

学歴フィルターの突破方法
  • コネクションや縁故採用を狙う
  • インターンシップに参加する
  • 学歴フィルターの無い企業を受ける
  • スキルを身に付ける

具体的に書いていきます。

コネクションや縁故採用を狙う

コネ入社であれば学歴フィルターは貫通します。

ほぼ面接をしなくても入社することが出来てしまいます。

父親や母親に強力なコネが無いか確認してみましょう。

インターンシップに参加する

低学歴でもインターンシップに参加することによって、人気企業の内定を獲得した例はあります。

実際に職場で自分が働いているところを見てもらい、会社に馴染むのか確認してもらいましょう。

短期間で成果を出して、社員に覚えてもらうのは難しいので、なるべく期間の長いインターンシップを行なっている会社を選ぶと良いでしょう。

学歴フィルターの無い企業を選ぶ

学歴がない状態で学歴フィルターのある企業を受けても時間の無駄です。

最初から学歴フィルターの無い企業の選考を受けて、学歴フィルターを回避しましょう。

学歴フィルターが無い企業でも人気の企業はあります。

大手IT企業のGAFA(Google・Apple・Facebook・Amazonの総称)などが例にあげられます。

最近では「Google」「Apple」「Whole Foods(Amazon傘下)」「IBM」「Starbucks」らを筆頭とする企業が、入社時に大学の学位を必要としない役職を用意し始めました。

“GAFA”入社に大卒資格不要 ── 学歴不問時代の指標は「時代性」と「期待値分析」

こういった企業も探せばあるので、学歴フィルターのない企業を受けましょう。

スキルを身に付ける

学歴以外で勝負ができるスキルを身に付けるのも有効です。

最近だとプログラミングを勉強すれば、学歴とか関係なく人気企業に入社することは可能だったりします。

そもそもITエンジニアであれば、学歴は関係ありません。

スキルがどれだけあるかによって就職が決まります。

なので学歴が無いという人はプログラミングを学んで人気企業の内定を勝ち取るというのも1つの手段です。

プログラミングスクールに通えば、3ヶ月ほどでエンジニアになれるくらいの力は身につきます。

関連記事でオススメのプログラミングスクールを紹介しているので、確認してみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA