読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【現役エンジニアが通ってみた感想】WebCampの評判・口コミについて

【現役エンジニアが通ってみた感想】WebCampの評判・口コミについて

私はWeb制作会社でフロントエンドのエンジニアとして働いています。

そんな私がプログラミングスクールのWebCampに1ヶ月間通ったので、

その感想を書きます。

 f:id:buried_treasure:20170304170325p:plain

WebCampとは

株式会社インフラトップが運営しているプログラミングスクールです。

 

僕自身、もともと知っていたので、

プログラミングスクールの中では有名なスクールだと思います。

 

WebCampでは通う前にスクールの説明会を行っています。

興味を持った方はこちらのリンクから確認ください。

スクール説明会へのリンクはこちら

 

 WebCampってどんなことが学べるか?

WebCampでは、以下のことが学べます。

 

f:id:buried_treasure:20170226214005p:plain

 

・Webデザイン

Webデザイン・コーディング・画像編集について学び、Webデザイナーとしての実践的な力を習得可能。

情報設計、ワイヤーフレーム、モックアップ、イラストレーター、フォトショップなどが学べます。

 

・プログラミング

プログラミングを学び、プログラマーとしてWebアプリケーション、Webサービスを開発する力を習得可能。

HTML、CSS、JavaScript、Rubyなどが学べます。 

 

・iPhoneアプリ開発

1ヶ月でiOSアプリ開発に必要なツールの使用方法からアプリ開発に必要なプログラミングスキルまでを習得可能。

Swiftなど。 

 

これらの3つの項目をオンライン教材と講義を通して勉強できます。

1ヶ月のコースに申し込むと通いたい放題で、時間の許す限り勉強できます。

 

今回、私がWebCampに通おうと思った動機

エンジニアなのにWebCampになぜ通おうと思ったのか?

WebCampに通おうと思った理由は主に4つあります。

 

・デザインについて全くわかっていなかった。

普段の仕事ではコードを書くのがメインで、デザインについては全く知識がないです。

 

仕事でデザイナーとやりとりをすることは多く、

いつまでも知識がないという状態にしておくのは良くないと思ったので、

WebCampを機会に勉強しようと思いました。

 

・デザインについて独学で勉強してみたがはかどらなかった

デザインの勉強のため、

会社外で行われているセミナーや勉強会に参加してみたが、

あまり身についている感覚なかった。

部分、部分で勉強はできるけど、基礎からしっかり学べるような勉強会がなかった。

 

あとデザインってどこから勉強したら良いのかわからなかったので、

体系立てて学べるスクールに通った方が効率が良く勉強できると思いました。

 

・技術の幅を広げたい

業務では特定の技術しか使わないので、

WebCampで幅広く勉強して、より興味を持てる分野を探したいと思った。

また技術についての理解を深めたいと思った。

 

・独学で勉強していた部分を体系立てて学び直したいと思った

Photoshopなど業務で使うツールなどは、

インターネットの記事や本を見て独学で勉強してきた。

スクールで体系立て学ぶことによって、業務をより効率的にできると思った。

 

WebCamp(ウェブキャンプ)を選んだ理由

数あるプログラミングスクールの中からWebCampを選んだ理由について書いていく。

主に4つあります。

 

・元々、名前を聞いたことあるスクールだった

元々、名前を知っていたスクールだった。

WebCampはプログラミングスクールの中では有名な方なので、

無名のスクールよりも聞いたことあるところの方が安心に思えた。

 

・予定に合わせて自由に通える

勉強のペースやカリキュラムは個人個人によってオーダーメイドで進められる。

 

またエンジニアとして働いているので、

全くの初心者の人と合わせて集団授業を受けるのは時間が勿体無いと思った。

 

誤解のないように書いておきますが、

WebCampでは個人学習だけでなく、集団講義もやっています。

 

スキルアップ講座という形でほぼ毎日開催しています。

毎回テーマである分野に関して基礎や発展まで深掘りして学べます。

 

・値段が他のスクールと比べると安いと思った

1ヶ月単位で支払いができるので、他のスクールより安いと感じました。

全くの初心者ではないので、1ヶ月くらいがちょうど良いと思いました。

 

・デザインとプログラミングの両方が学べる

今回は「オーダメイドカリキュラム」で申し込んだので、

好きな分野を好きなだけ勉強できます。

 

デザインとプログラミングの両方を学べるので、

今の僕にすごく合っていると思いました。

 

 

参加するための必要なものは?

勉強するためのノートパソコンが必要です。

macかwindownsどっちを使おうか迷っている人がいたら、macがオススメします。

 

また今パソコンを持っていなくても、

WebCampでは、macの貸し出しをしています。

1週間1500円/1ヶ月5400円でレンタル可能です。

  

勉強する内容

WebCampに通う前に、

インストラクターと目標を決める面談の時間がある。

その目標であれば、これとこれを勉強しましょうと、カリキュラムを定めてくれる。

 

勉強できるものを一覧で紹介すると

・HTML

・CSS

・レスポンシブ対応サイト

・JavaScript

・jQuery

・Bootstrap

・ワイヤーフレームの作り方

・Illustrator

・Photoshop

・Ruby

・Swift

 

などなど

 

これらが勉強できます。

 

教材がとてもわかりやすくて、

初心者でもモチベーションを保ちながら勉強することができます。

 

WebCampの教材の良かったところ

WebCampの教材はすごくいい。

 

そもそも教材自体がわかりやすいし、

項目ごとにちゃんと理解できているかどうかをはかる

「このページでの学習内容の達成度を測るためにすること」が設定されている。

 

この難易度が絶妙で、ちゃんと理解していないと解けない内容になっている。

一つの項目ごと、ちゃんと理解して進めることができる。

 

わからない箇所を常駐の講師に質問できる

WebCampの教室に行くと、わからないところを質問できる講師が何人か常駐しています。

 

丁寧に教えてくれる人が多く、理解しやすいです。

 

人によるけど、会社で一緒に働いているプログラマーよりも教えることに関していえば上手いと思います。

 

そのため、つまずいて何時間も悩んでしまうということがなくなります。

技術を最短距離で身につけて行くことができます。

 

一度、プログラミングを勉強して挫折した人でも、

WebCampに通えば挫折することなく、

作りたいものを作れるくらいにはなれると思います。

 

講師はどんな人か?

f:id:buried_treasure:20170304165441j:plain

20代〜30代で男性の講師が多いです。

 

プログラミングを学ぶ人は男性が多いように感じるので、男性の講師が多いのは自然なことだと思う。

 

元WebCampに通っていて、その中で技術力がある人が講師になったりもするそうです。

 

スクールの雰囲気はどんな感じか?

高校や大学の自習室、もしくは図書館の自習室のような感じ。

20代くらい人が多いように感じました。

 

勉強のペースはどんな感じだったのか?

週に1日、WebCampの勉強をする時間を取っていました。

仕事としてエンジニアをしていて、もともと知っている部分が多かったのです。

 

なので「このページでの学習内容の達成度を測るためにすること」の項目を

何も見ずにできたら、次に進んで良いという自分のルールを作り学習を進めていきました。

 

こんな感じのペースで勉強していきました。

1週目、htmlとcss

2週目、JavaScript、jQuery、Bootstrap、プラグイン

3週目、情報設計、ワイヤーフレーム、イラストレーター、フォトショップ

4週目、Swift

 

来校頻度はどれくらいか?

教材がわかりやすかったので、全部で3回くらいしか通ってなかったと思います。

週1ペースかな。

 

未経験で勉強を始めたらわからないところがたくさん出てくるので、

もっと頻繁に通ったと思います。

がっつりと学ぶとしたら、土日は毎回WebCampにこもった方が良いと思います。

 

WebCampに通って、勉強すればエンジニアになれそうか?

全くの初心者が1ヶ月でエンジニアになれるかというと、難しいと思う。

ただ、2〜3ヶ月がっつり勉強すればエンジニアになれると思います。

 

わからないところがすぐに質問できるので、

勉強すればめちゃくちゃ早く成長できる環境は用意されているように感じました。

 

1ヶ月、通って勉強した感想

勉強した感想を書いていきます。

 

・デザインの基礎を理解することができた

情報設計、ワイヤーフレーム、モックアップなど一通り触ることができた。

仕事でデザイナーの手伝いは出来るようになりました。

 

ポートフォリオなどを作れば、

デザイナーの面接は受けられるのかなぁ〜ってくらいのレベルにはなれたと思います。

 

デザインの基礎ができれば、個人で仕事をすることもできます。

 

WebCampで1ヶ月勉強した後に、

Webサイト制作の案件自身で行う人もいるそうです。

 

・どの勉強会に参加するよりもWebCampは効果的

手を動かして勉強して、わからないところをしっかりと解消できるので、

勉強会に参加するよりもスキルが身につきます。

 

・プログラミングを広く浅く勉強できた

今まで触れたことのない技術に触れて、

勉強する前よりもプログラミングって何なのかということがわかるようになった。

今はJavaScriptが一番好きだと認識できたのが、今回一番の収穫。

 

WebCampはこんな人におすすめ

WebCampは初心者にはおすすめできるような面倒見の良いプログラミングスクールでした。こんな人にオススメできます。

 

・プログラミングに1ミリでも興味がある人

少しでも興味があるなら挑戦した方が良いです。

プログラミングはやってみないと向いているかどうかがわからないものです。

やってみたら新たな才能に目覚めてしまうかも。

 

・エンジニアに就職・転職したい人

エンジニアになりたい人にとってこれ以上の環境はないと思います。

教材はわかりやすい、教えてくれる人も丁寧で、通いたい放題。

隙がないです。

 

・何かスキルが欲しい人

これからの時代スキルがない人にとってはどんどん厳しい時代になっていくと思う。

WebCampで学べる技術はこれからも役に立っていくので、興味がある方は挑戦することをおすすめします。

 

WebCampの無料説明会について

WebCampでは無料の説明会を行っています。

内容はスクールの紹介とどんなことが勉強できるかなどを説明しています。

 

プログラミングスクールに通うかどうかを決める前に、

まずは無料説明会に参加して雰囲気を感じてみて欲しい。

 

いくつか比較して、自分に合ってそうだなと思うところに通うのが一番良い。

 

僕はスクールや勉強会にいくつか行ってみたことはあるけど、

その中でもWebCampはちゃんとスキルが身につく環境が用意されていると感じました。

 

興味を持った方は無料の説明会にご参加下さい。

無料説明会はこちらから