週2の副業案件も可能「プロシート(PROsheet)」の特徴や口コミと評判

フリーランスのための週2からのお仕事紹介の「プロシート(PROsheet)」を利用しようと思っているけど、評判はどうなの?
エンジニアの私が解説しきていきます。

パラフト株式会社の運営するフリーランスエンジニアの案件紹介サービス「プロシート」。

フリーランスのための週2からのお仕事紹介」がキャッチフレーズのサービスです。

良い点、悪い点はあるので、サービスの特徴や評判、口コミなどを紹介していきます。

関連記事で僕がフリーランスになった時の感想について紹介しています。

興味のある方は読んでみて下さい。

押さえておきたい注目ポイント

プロシートの大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

プロシートの注目ポイント
  • 高額報酬案件有り(年収1,000万円以上)
  • 週2からの案件やリモート案件もあります
  • 交渉などのサポートをしてくれる
  • 続けたくなるユニークな案件
  • 企業と直接契約

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

プロシート(PROsheet)の基本情報

項目 内容
 運営会社パラフト株式会社
 代表者石山 正之
 本社東京都渋谷区渋谷3-27-15 坂上ビル5F
 事業概要インターネット広告・コンサルティング
 運営サービス
 主な紹介先企業
  • レイ・フロンティア
  • Fringe81
  • うるる
  • ランサーズ
  • ストアーズ・ドット・ジェーピー
  • SnSnap

プロシート(PROsheet)を利用するメリット

勤務地が東京の案件が多い

運営会社のパラフト株式会社の本社が東京にあるため、案件が東京に集中しています。

東京で仕事をしたい人は案件を探してみて下さい。

主な案件は紹介先企業

主な紹介先企業は下記のようになっています。

最新技術を使っているベンチャー企業が多いです。

  • レイ・フロンティア
  • Fringe81
  • うるる
  • ランサーズ
  • ストアーズ・ドット・ジェーピー
  • SnSnap

業務面でも柔軟に対応してくれそうなイメージがある企業が多いです。

企業と直接契約

エージェントが間に立たず、企業から直接報酬をもらえるような仕組みになっています。

その為、お金の流れがはっきりわかる仕組みになっています。

案件の種類

エンジニア案件がメインで、他だとデザイナーやマーケター案件があります。

案件の中には土日勤務可能の変わった案件もあります。

副業として使いたい人には良さそうなサービスです。

プロシート(PROsheet)を利用するにあたってのリスクやデメリット

プロシートは良いところばかりではありません。

利用にあたってのリスクやデメリットについて書いていきます。

ある程度実務経験が必要

融通がきく案件や高収入が目指せる案件が多いので、その分、実力が求められます。

プロシートに登録してもある程度実力がないと、対応できる仕事がありません。

経験が足りていない人は他の案件サービスで力をつけてから利用すると良いでしょう。

関連記事でオススメの案件紹介サービスをまとめました。

参考にしてみて下さい。

フリーランス初心者にオススメの案件サービス

初めてのフリーランスならミッドワークスがオススメです。

正社員並みの保障つきでフリーランスになることができます。

  • 給与保証
  • 必要経費支給
  • 保険の半額負担
  • 単価公開

サポートが手厚いサービスです。

初めてフリーランスになる方はミッドワークスを利用すると良いでしょう。

▼ミッドワークスの詳細はこちらのボタンをクリック