ナンパスキルとプログラミングを身につけたエンジニアは最強である理由

有名ナンパ師の「中星一番」さんがプログラミングを勉強していることを知りました。

それをキッカケにツイッターで「プログラミング」と「ナンパ」の両方を学んでいる人は多いのか?気になったので、調べてみました。

調べてみたところ結構いる。

ナンパ師は情報感度が高いので、プログラミングを学ぶのは自然な流れだと思いました。

逆にエンジニアで、ナンパを学ぼうとしている人は少ないように感じました。

エンジニアとナンパの経験のある私としては、両方学ぶことはすごく良いことだと思います。

理由はナンパスキルを持ったエンジニアは本当に強いからです。

ナンパ師はプログラミングを勉強した方が良いし、エンジニアはナンパを勉強した方が良い。

その理由について書いていこうと思います。

これから「ナンパ」と「プログラミング」を勉強しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事で、お金をかけずにプログラミングを勉強する方法についてまとめました。

一覧形式になっているので、良かったら関連記事も読んでみて下さい。

ナンパスキルとプログラミングを身につけたエンジニアは最強である理由

ナンパスキルを身につけたエンジニアがなぜ最強と言えるのか? 理由は以下になります。

  • コミュケーションスキルの高いエンジニアが圧倒的に少ない
  • 自分の市場価値を理解し、企業に自分を売り込める
  • お金や時間が自由になるので、ナンパもしやすくなる
  • ナンパをして色んな人の話を聞くことでサービスのアイディアが生まれやすい

1つ1つ紹介していきます。

コミュケーションスキルの高いエンジニアが圧倒的に少ない

プログラミングを勉強して、エンジニアになるような方はコミュニケーションスキルの低い人が多いです。

実際に私もエンジニアになってみましたが、コミュ障多いなという印象でした。

専門学校や理系の学校でプログラミングを勉強して、プログラミングが好きだったから、そのままエンジニアになったという人が多かったです。

基本的にプログラミングにのめりこんでいて、それ以外は疎かになっている人が多いように感じます。

見た目とかには気を使わない、いわゆるオタクのような雰囲気のある人です。

今現在エンジニア出ない人はエンジニアの勉強会などに参加すると、それを感じることができます。

エンジニアは総じてコミュニケーション能力は低く、言われたことを淡々とこなしてく感じで、自分から働きかけるという人は少ないです。

多くのエンジニアはそんなものです。

しかし、私の職場の上司は違いました。

上司はナンパを普段からしているエンジニアでした。

この人は別格で、エンジニアなので、プログラミングスキルが高いのはもちろんのことですが、コミュニケーション能力が本当に高かった。

勤めている企業の社長に対して、積極的に自分のアイディアを提案して、実際に形にし、結果を出すことで、自分の給与も社長に直接交渉していました。

定期昇給を待たずに給与をあげていて、社内で普通に仕事をしていてはもらえないような給与をもらっていました。

特別待遇です。

その時、コミュニケーションスキルの高いエンジニアは格が違うということを肌で感じました。

自分の市場価値を理解し、企業に自分を売り込める

エンジニアは自分の市場価値を理解している人が少ないです。

そもそも、自分の市場価値とかに興味のない人が多すぎます。

エンジニアには基本的に好きな業務ができていれば、それで良いというような考え方の人が本当に多いです。

そのため、スキルは高いのに安く買い叩かれているエンジニアとたくさん見てきました。

そういう場面を見ると、エンジニアはナンパを学んで行動力や客観的に自分を見る力、自分を売り込む力を身につければ良いのにと、日頃から思っていました。

ナンパスキルはエンジニアが企業に自分を売り込む時に役立ちます。

私自身、2年間同じ企業で働いていて、日々の業務が同じようになり、このまま同じ会社に勤めていても市場価値が上がらないと思い転職活動をしました。

その結果、年収を働いて会社の2倍近くあげることができました。

ちゃんと自分を売り込めは、エンジニアのニーズは世の中としては高いので、高く買い取ってくれるような企業はあります。

自分にとっては大したスキルではないと思っているものが、人からしたらすごく価値のあるものだったりします。

自分を客観視できる力があると、エンジニアは自分の価値に気がつくことができます。

お金や時間が自由になるので、ナンパもしやすくなる

エンジニアとして働いて、フリーランスエンジニアになれば、時間やお金が割と自由になります。

フリーランスになれば、会社で勤めていた時よりも給与はガツーンと上がります。

また働く時間も自由になるので、平日の午前中などにナンパに行くことも可能になります。

自分の好きな時間帯にナンパや女遊びに出かけることができるので、ナンパの効率が良くなります。

スケジュールも自分で調整しやすくなるので、エンジニアの仕事はナンパ師と相性が良いです。

会社などに勤めていたらこれほど、自由にナンパをすることができないでしょう。

また他の仕事と比べても、これほど自由にナンパができる仕事はほとんどないと思います。

ナンパをして色んな人の話を聞くことでサービスのアイディアが生まれやすい

ナンパをすることで色んな人と会話をすることができます。

そのため、これから自分で作ろうと思っているサービスのアイディアがあれば、人に話してフィードバックをもらうことも可能です。

自分にとってはニーズはあると思うけど、他人にとってはどうなのかを知ることができます。

エンジニアにありがちなのは、自分だけの意見でサービスを作って結局誰も使うことなく失敗するというのがよくあります。

ナンパをすることで客観的な意見を手に入れることができるので、自分の作るサービスの精度が上がります。

まとめ

以上の理由から「ナンパスキル」と「プログラミング」を身につけたエンジニアは最強だと言えるでしょう。

ナンパ師にとってこれほど相性の良い仕事はないと思うし、エンジニアもナンパを学ぶことで得られるものはたくさんあります。

エンジニアの方は、街に出てナンパを実行してみて下さい。

インターネットで検索をして情報を得ることも大事ですが、ナンパは試行回数が大事になってきます。

実戦でしか学べないこともあるので、とりあえず行動してみると良いでしょう。

ナンパ師でプログラミングに興味を持った人は、勉強を始めてみると良いでしょう。

最近では無料で通えるプログラミングスクールなどもあるので、お金をかけずに勉強を始めることができます。

関連記事でオススメのプログラミングスクールを紹介しています。

興味のある方は読んでみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA