「LITALICOワンダー(リタリコワンダー)」の特徴や口コミと評判

「LITALICOワンダー」を利用しようと思っているけど、評判はどうなの?
ITエンジニアの私が解説しきていきます。

LITALICOワンダー」は年長・小学生・中学生・高校生を対象としたIT×ものづくり教室です。

プログラミングやロボット制作を通じて子供の可能性を広げます。

このスクールは様々な学習支援事業を行なっている株式会社 LITALICOが運営するスクールです。

良い点、悪い点はあるので、スクールの特徴や口コミ・評判、値段や料金、入会費用などを紹介していきます。

押さえておきたい注目ポイント

LITALICOワンダーの大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

LITALICOワンダーの注目ポイント
  • 年長、小学生、中学生、高校生が対象のプログラミングスクール
  • 受講できるコースは4つ
  • プログラミングやロボット制作について学べます
  • 教室は東京と神奈川にあります

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

LITALICOワンダー(リタリコワンダー)の基本情報

項目 内容
 運営会社株式会社 LITALICO
 代表者長谷川 敦弥
 本社東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F
 教室の場所
  • 東京都(渋谷、中目黒サテライト、池袋、秋葉原、蒲田、水道橋、赤羽、青山、町田)
  • 神奈川県(川崎、横浜、東神奈川、横浜桜木町)
 対象年齢年長、小学生、中学生、高校生
 料金(月謝)
  • 入会金 16,200円
  • 授業料 月2回 11,880円、月4回 19,440円
  • 教材費 月2回 1,080円、月4回 2,160円
  • 教室運営費 月額 1,620円

LITALICOワンダーのツイッター上での評判や口コミ

まずはネット上の口コミや評判から紹介していきます。

1年くらい通わせると、子供が何を言っているのかわからなくなるくらい成長します。

リタリコワンダーでは本格的にプログラミングを学ぶ環境があります。

リタリコワンダーに通わせるには、若干料金が高いのと教室が近くにないというのがネックになる場合があります。

授業料が高いという意見はあります。

子供自身が楽しめそうなカリキュラムで、教室の質は高いです。

LITALICOワンダーを受講するメリット

学ぶ環境やカリキュラムがしっかりとしています

LITALICOワンダーは学べるコースがロボット制作とプログラミングに分かれていて、それぞれの子供に合った内容を学ぶことができます。

学べる内容も深いです。高校生が通っても問題ないくらいなので、しっかりと学べるような環境があります。

LITALICOワンダーを利用するにあたってのリスク

LITALICOワンダーは良いところばかりではありません。

利用するにあたってのリスクについて書いていきます。

月謝や入会費が高い

教室の質は高いですが、その分、月謝や入会費が他のスクールと比べても値段が高いです。

他の教室を利用すれば、もっと料金を抑えて子供にロボット制作やプログラミングを学ばせることは可能です。

なので、色々と教室を比較してみてから通う教室を決めると良いでしょう。

色々と体験してみて納得の行くところに通わせるのが良いでしょう。

オススメの子供向けロボット教室&プログラミング教室

子供にロボット制作やプログラミングを勉強させたいなら、こちらでオススメの教室についてまとめた記事があります。

ロボット教室やプログラミングスクールの選び方についても書いています。

無料体験ができるオススメの教室についても紹介しているので、良かったら読んでみて下さい。

色々な教室を見学して、一番合うところに通わせるのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA