【失敗談有り】プログラミングスクールの選び方で失敗する人の特徴

プログラミングスクール選びって、初心者からすると難しいですよね。

僕自身、プログラミングスクール選びを失敗したことがあります。

40万円ほど、スクールに投資しましたが、全く力がつかなったという経験があります。

その経験を踏まえて、間違ったプログラミングスクール選びをしてしまう人の特徴と失敗しない方法について書いていきます。

これからプログラミングスクールに通おうと思っている人は是非、参考にしてみて下さい。

プログラミングスクール選びで失敗する人の特徴

1.料金が高いから良いものと思い込む人

プログラミングスクールの料金はスクールによって大きく違います。

僕自身、エンジニアになってからプログラミングスクールのカリキュラムを見直してからわかったのですが、料金が高いからといって品質の高いものが提供されるか?というと、そうではないです。

スクールがそれぞれ独自で料金を決めています。

なので、値段が高いから安心とは思わないで下さい。

逆もそうで、値段が安いから不安というのも違います。

本当に良いスクールはお客様のことを考えて、努力して安くしているということもあります。

むしろ、安いスクールの方が良いという場合があります。

逆に値段が高い方が怪しいです。

僕自身も40万円ほど払って失敗したので、値段が高いスクール方は疑ってしまいます。

2.プログラミングスクールを1校だけで決めてしまう人

スクールを1校だけ、見学してそこで決めてしまうのは危険です。

僕自身がそれをやってしまいました。

友達にオススメされて、良いスクールがあると言われて一緒に通いました。

話を聞く限り良さそうな感じがしました。

業界で有名な人が講師をやってくれたり、大企業がバックでサポートしてくれたりなど色々と良さそうなことを説明会で紹介されて、40万円なら良いかと思って払ってしまいました。

大きな買い物をするときは、ちゃんと比較しましょう。

プログラミングスクールの説明会はスクールごとに開かれています。

3校くらい見学すると、スクールの良し悪しがわかってくると思います。

プログラミングスクールは1校で決めてはいけません。

スキルが身につくかどうかというのは、スクール選びで決まる場合があります。

3.ネットの口コミや評判を鵜呑みにする人

インターネットの口コミをそのまま鵜呑みにして、通うことを決めるのもよくないです。

ちゃんと、説明会に参加して自分の目でスクールを見るべきです。

プログラミングスクールの説明会に3校ほど参加すると、プログラミングのことがわからなくてもスクールを見る目が養われていきます。

実際に参加した後に、ネットの口コミや評判を参考にしてみて自分が思ったことと違いがあるかどうかを分析すると良いでしょう。

どのスクールに通うかの最終判断は自分でしないといけないので、3校ほど見学して自分で決めましょう。

4.検索して物事を調べる力が弱い人

僕自身はIT企業に勤めていたので、検索する力が強いと思っていました。

しかし、そうではなかったです。

プログラミングを勉強してから自分の検索する力が弱いと知りました。

エンジニアになって、検索する力が鍛えられてから、プログラミングスクールについて調べると無料で通えるスクールというのが出てきました。

自分自身がスクールに通う前までは気がつけなかったスクールです。

スクールの名前はプログラマカレッジといってこのスクールは無料で通うことができます。

もし、40万円のスクールに通う前に無料で通えるスクールの存在に気がつけていたら、このスクールに通っていたと思います。

スクール選びの際に、何校か見学する1校として説明会に参加してみて下さい。

僕自身も説明会にいきましたが、スクールの質は高いです。

▼プログラマカレッジの詳細はこちらのボタンをクリック

5.有名な人が講師として教えることが良いことだと思う人

僕が通ったスクールでは、業界でも有名な人が講師として教えることセールスポイントとして宣伝していました。

でも有名な人は毎回の講義で教えにくるのではなく、授業で数回教わるだけでした。

その有名な人が教えるまでもないようなことを講義で教えてくれて、その人である必要があったのか?個人的には疑問に思いました。

有名な人が講師の場合は毎回授業にきて、その人が付きっ切りで教えてくれるのか確認した方が良いです。

そうではない場合があります。

プログラミング初心者であれば、有名な人から教わっても無駄だと思います。

初心者が学ぶことは基本的なことが多いので、講師が有名である必要はないです。

スクールのセールスポイントを増やすために、有名な講師が来ていると考えた方が良いと思います。

プログラミングスクール選びで失敗しない方法

スクール選びで失敗しない方法があります。

興味のある人は試してみて下さい。

1.返金システムがあるスクールで実際に利用してみてみる

プログラミングスクールのテックキャンプには返金システムというものがあります。

受講開始日から7日以内に申し出れば、受講料が返金されます。

申し出ることにためらう人でなければ、利用してみるとプログラミングスクールというものが体験できます。

テックキャンプは普通に良いスクールだと思うので、まずは説明会に参加してみるのも良いでしょう。

7日間でテックキャンプを体験しきって、納得いった場合は通うことを選択してみると良いです。

違うと思った場合は引き返せるので、失敗はしないです。

▼テックキャンプの詳細はこちらのボタンをクリック

2.無料体験をたくさん利用する

プログラミングスクールでは無料体験ができるスクールがあります。

それを利用しながら、スクールの良し悪しを判断すると良いです。

例えば、テックアカデミーは1週間無料で体験ができます。

無料体験ではHTMLとCSSを勉強するので、これからプログラミングを勉強しようと思っている人の無駄にはなりません。

時間も有効に使えて、プログラミングスクールの判断材料も得られるので、利用しない手はないです。

▼テックアカデミーの詳細はこちらのボタンをクリック

フリーランスエンジニアの育成に力を入れている侍エンジニア塾の無料体験レッスンもオススメです。

他のスクールよりも起業や独立を目指す人が多いので、参考になる意見を聞きながらプログラミングに関する疑問を解消することができます。

為になる内容なので、どこのプログラミングスクールを利用しようか迷っている人は試してみて下さい。

▼侍エンジニア塾の詳細はこちらのボタンをクリック

3.複数のプログラミングスクールの見学にいく

オンラインのプログラミングスクールだけでなく、通学制のプログラミングスクールも見学に行くと良いです。

オススメなのが、自分の家から近いスクールを何校か探してみて下さい。

通いのスクールであれば、家から近いことにこしたことはないです。

何校かまわってみれば、違いがわかるようになってきます。

まとめ

1〜3の方法を試してみるだけで、スクール選びに失敗する確率は減らせます。

失敗するスクールは無料体験をしてみれば、よくわかります。

何校か利用してみると、見る目が育ってくるので、おそらく見極められるようになってくると思います。

今は色々なプログラミングスクールがあるので、試してみて下さい。

今回紹介したプログラミングスクールのリスト

他にオススメできるようなプログラミングスクール

色々なプログラミングスクールを比較してみて、オススメのスクールを下記の記事でまとめました。

良かったら参考にしてみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック