ポテパンキャンプの選考のチェックポイントや落ちた時の対処方法

プログラミングスクールの中でもハイレベルなスクールのポテパンキャンプ

教えている内容が初心者には難しいので、全くの未経験者の場合は普通に選考に落とされます。

どんなところをチェックされているのか書いていきます。

選考の際のチェックポイント

まずはチェックされているポイントを理解しましょう。

ポテパンキャンプの中の人もこのようにツイートしています。

年齢について

ポテパンキャンプでは受講対象者として、卒業後エンジニアになれる方を集めています。

エンジニアになるのに年齢は重要なポイントの1つとなります。

未経験者は20代までとホームページに書かれているので、そこは満たしましょう。

経験者は30代のWEB系経験者のみとなります。

年齢が条件の1つとなっているのは、エンジニアへの就職のしやすさが理由になると思います。

若ければ若いほど、会社として育成しやすいし、比較的安い給与で雇うことができます。

長いこと勤めてもらうことを考えると若さは重要な要素の1つとなり得ます。

エンジニアになるのに年齢は重要なポイントなのですが、年齢だけでエンジニアになれないというわけではありません。

実際にポテパンキャンプを利用した人で40代で未経験の方でもRailsのエンジニアになれたという実績があります。

すでにどれだけ勉強を進められてるか

受講前にどれだけ勉強できているのかは重要なポイントになります。

必須条件としてあげられているのが、HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Railsの学習経験がある方となっています。

RailsはRailsチュートリアルをクリアーしておく必要があります。

独学でこのレベルをこなすことができれば、プログラミングの適性があると思います。

条件をクリアーできていれば、授業を受講しながら、新しい知識を仕入れて行くことができると想像できます。

初心者で独学は難しいという人には、ポテパンキャンプのビギナーコースが用意されています。

これを利用するとプログラミングスクールの費用は若干高くなりますが、ポテパンキャンプにこだわるならこちらを利用すると良いでしょう。

今までのキャリア

年齢や学習という項目と比べるとこちらはそれほど重要ではないと思います。

毎月100名以上の入会希望者がいる中で、合格や不合格を決めるので、年齢と学習の項目で、同じくらいのレベルの人はキャリアで決めるといった形でしょうか。

キャリアに関してはポテパンキャンプの選考を受ける直前でどう足掻いても変えるのは難しいでしょう。

ここに関しては諦めて、Railsチュートリアルの勉強を進めた方が良いでしょう。

受講しようか迷っている人はとりあえず、ポテパンキャンプの無料カウンセリングを受講しましょう。

▼ポテパンキャンプの無料カウンセリング詳細はこちらのボタンをクリック

ポテパンキャンプの選考に落ちた場合

選考に落ちてしまった人は、別の方法でプログラミングを学ぶと良いです。

何もポテパンキャンプがプログラミングの全てではないです。

選考基準ギリギリで受かっても、中に入ってから大変だったりするので、逆に落ちて良かったと捉えるもの良いでしょう。

下記の関連記事で、未経験からエンジニアを目指すのにオススメのスクールについてまとめています。

無料で通えるスクールも紹介しているので、良かったら参考にしてみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA