【人事が語る】未経験からエンジニアを目指す人の「志望動機」のまとめ

IT企業で人事をやっていて、今まで色んな人の志望動機を聞いてきました。

今回は「未経験からエンジニアを志望する理由」という就職活動の面接での質問に対する回答集を作ろうと思いました。

  • 志望動機が書けなくて困っている
  • 他の人がどんなキッカケでエンジニアを志望するのか知りたい

などが気になっている人は、この記事を参考にしてみて下さい。

役に立てるように網羅して書いていきます。

良い志望動機を見つけるにはキッカケが大切

面接で使えるような志望動機を見つけるには、エンジニアを目指そうと思ったキッカケが大事だと思います。

まずキッカケがなければ、そもそもエンジニアを目指そうと思いません。

わざわざ、エントリーシートや履歴書を提出して企業へ面接までいくということは、それなりに理由がないと行動できないでしょう。

そもそも人間が行動するには何かしらの理由があります。

なので、エンジニアを目指そうと思ったのにも、大きい小さいに関わらず理由があるはずです。

志望動機がかけなくて困っている方は理由を探してみて下さい。

私が人事をしていて、面接でよく聞いていたエンジニアを目指したキッカケについて下記でまとめていきます。

自分がどれに当てはまるのか考えながら読むと自分の志望動機を作るのに役に立つはずです。

エンジニアを志望するキッカケ

まずは、どういう理由でエンジニアに興味を持ったのか?キッカケから紹介していきます。

下記のような回答をする人が多かったです。

エンジニアを志望するキッカケ
  • 何となく興味を持った
  • パソコンやインターネットが好き
  • 普段からインターネットに触れている
  • お金が稼げる
  • 有名な人がエンジニアになることをオススメしていた
  • 自分で作りたいものがある
  • 手に職をつけたい
  • 職業として需要がある
  • 若い人でも活躍できる
  • ITに可能性を感じる出来事があった
  • 文系でも物作りがしたい
  • エンジニアの人と会って、その働き方に興味を持った
  • 在宅ワークなど最先端な働き方ができる

上記の回答をカテゴリーに分けるとこのようになります。

  • 単純にITが好き(インターネットや周辺機器など)
  • 職業として魅力を感じる(働き方や給与)
  • エンジニアとして働く人の魅力

もし志望動機が書けなくて困っているのであれば、それぞれのカテゴリーで自分がどれに当てはまるのか考えてみて下さい。

下記で1つ1つのカテゴリーについて解説していきます。

単純にITが好き(インターネットや周辺機器など)

ITが単純に好きという人は、自分がなぜITを好きになったのかを考えるとエンジニアを志望する動機を深めて相手に伝えることができます。

志望動機が書けずに困っている人は、なぜパソコンやインターネットが好きになったのか?どういう理由で好きなのか?そういったことについて考えてみると良いでしょう。

自分の過去について振り返ってみると良い回答や志望動機が思い浮かぶはずです。

職業として魅力を感じる(働き方や給与)

エンジニアは将来性を見込める仕事です。

プログラミングを理解している人材が少ないため、エンジニアは圧倒的に人材不足です。

そのため、20代で年収1000万円稼ぐということもできてしまいます。

年功序列ではないため、他の仕事よりも早い段階で大きな経験ができたりすることもあります。

またエンジニアは他の仕事と比べると最先端な働き方を推奨されていたりします。

企業によって違いますが、全体的に最先端な制度が導入されている会社が多いです。

例えば、在宅ワーク、週休3日制度など、独自の制度を導入している会社が多いです。

そういう働き方に憧れてエンジニアになりたいという人もいます。

その場合は、エンジニアのセミナーや実際に特殊な制度を運営している会社で勤めているエンジニアの話を聞きにいくことで、自分の中でなぜエンジニアを志望しているのかがわかることもあります。

エンジニアに興味のある理由を自分で深掘りすることで、良い志望動機が作れたりすることもあります。

エンジニアとして働く人の魅力

色んな業界の人と出会ってエンジニアとして働いている人が魅力的に感じることがあります。

どこに魅力を感じるのかは人それぞれですが、エンジニアの仕事は他の仕事と比べると変化が激しいので、大人になってからも勉強を続けている人は多いように思います。

エンジニアとして働く人に魅力を感じた人は自分がこういう風になりたいと思える人に色々と話を聞きにいくようにすると良いでしょう。

そうすることによって新たな発見が生まれてくると思います。

人事から見て印象の良かった志望動機は?

印象の良かった志望動機について書いていきます。

人事として面接の仕事をしていた時に、志望動機について思ったことはエンジニアを志望する動機はみんな似ている。

面接ではみんな似たようなことを言っています。

その中でも印象の良かった志望動機は、自分がエンジニアに興味を持ったキッカケを行動によって深めているかどうかが重要になります。

何となく、インターネットが好きだということをさらに深く考えたり、業界の人や制度に魅力を感じたら実際に話を聞きに言ったりすることが大事です。

そうすることで、自分の経験が加わって独自の志望動機が言えるようになります。

面接官に良い印象を与えるような志望動機を言いたい人は、行動によって言える内容を深めることが重要です。

エンジニアを志望する上でオススメしたいこと

エンジニアを志望する上でやった方が良いことはプログラミングです。

全くプログラミングを勉強してなくても採用されることはありますが、多くの場合、採用されるにはプログラミングの知識は必要です。

新卒の場合は不要なこともあります。

中途はほぼ必要でしょう。

なので、未経験からエンジニアを志望したい場合はプログラミングを勉強しましょう。

プログラミングを勉強することで、エンジニアへの知識がさらに深まるし、エンジニアの知り合いもたくさんできるようになるので、業界について理解が深まります。

最近だと無料で通えるプログラミングスクールもあるので、プログラミングに自信がないという方は通ってみることをオススメします。

オススメのプログラミングスクールについて下記の記事で紹介しているので、興味のある人は参考にしてみて下さい。

良かったら利用してみて下さい。

まとめ

良い志望動機を見つけたいなら、まず行動しましょう。

世の中の人のほとんどが行動しない人です。

そのため、自分が少しでも行動すれば、他の人との差がつきます。

何でも良いので、とりあえず入り込んでみて下さい。

そのキッカケの一つとして、プログラミングスクールに通うことはとても有効かと思います。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA