なぜIT業界でプログラマー・エンジニアの職種が人気なのか?実際に働いて感じたメリットや強みを紹介

僕はIT業界が長くて色々な職種を経験しました。

営業(テレアポ・訪問営業)、管理職、事務職、サイト管理者、ディレクターなど、ありがたいことに色々なポジションを経験しました。

色々と経験した中で言えるのは、「エンジニアやプログラマーはIT業界の職種で一番メリットが大きい」ということです。

個人的な経験と考えになりますが、IT業界で就職する職種としてエンジニアが人気になる理由について、経験談をふまえて書いていきたいと思います。

関連記事で、お金をかけずにプログラミングを勉強する方法についてまとめました。

一覧形式になっているので、良かったら関連記事も読んでみて下さい。

エンジニアやプログラマーが人気の理由

まずエンジニアとして働いて良かったことについて紹介していきます。

ちなみに僕はWeb系の自社サービスを作っている会社とWeb制作会社に務めたことがあります。

エンジニアとしては人気のないSEや客先常駐のエンジニアとしては働いたことはありません。

エンジニア、プログラマーが人気の理由

  • 手に職をつけながら働ける
  • 日々の業務でスキルアップができる
  • 起業も独立もしやすく、働き方が選びやすい
  • 副業で稼げる
  • 将来性があり、これからも需要が高い

これらの理由について、1つ1つ解説していきます。

1.手に職をつけながら働ける

手に職がつけられるというのはメチャクチャ大きいです。

営業やディレクターの人が「エンジニアとして働けば良かったなぁ」という声をたくさん聞きました。

エンジニア以外の職種の場合、会社が変わると今までの経験が活かせないという状況に陥りやすいです。

しかし、エンジニアの場合は、プログラミング言語が似ているので、今までの経験が活かせます。

1つの言語を習得しておけば、他の言語も似たような感じなので、マスターしやすいです。

実務経験があると他社の開発フローもすんなりと理解することができます。

普通にエンジニアとして働いていれば、「他社でも通用する力が身についているという点」が職種としての強みです。

2.日々の業務でスキルアップができる

エンジニアの場合、業務中に勉強の時間を取れます。

勉強してスキルアップしながら業務に取りかかれるという点が素晴らしいです。

他の職種の場合は日々の単純作業の繰り返しがメインだったります。

営業などは数ヶ月研修すれば、後は自分で勉強をする時間を作らないといけません。

会社で研修の時間があっても、自社商材に関する勉強くらいでしょう。

会社の文化によっては業務時間内に勉強をしていると怒られる場合もあります。

会社は利益を稼ぐ場所だから勉強は家でやれ!」という上司もみたことがあります。

しかし、エンジニアは違います。

普通に勉強する時間があります。

仕事を請け負う時に、今の状態で自分にないスキルの仕事をする場合は勉強の時間も見積もりにいれて、仕事をすることができます。

エンジニアとしては普通のことですが、会社で勉強できるってすごくないですか?

他の職種からエンジニアにきて驚いたことの1つです。

3.起業も独立しやすく、働き方が選びやすい

エンジニアは独立や起業がしやすいです。

個人で働くようになると、最初に必要なのはエンジニアです。

営業や企画などはエンジニアが作るサービスや商品がないと動けません。

サービスが無い状態なので、エンジニアが最初に動かないといけません。

エンジニアの場合は自分でそこをすることができます。

自分で動けるので、利益が出ないかもしれないけど、行けそうなアイディアは自己責任で試すことができます。

他の職種の場合は、エンジニアに依頼をしないといけません。

サービスの仕様などもしっかりと決めた状態で渡さないといけないので、なかなか思ったサービスを完成させるまでが大変です。

僕自身、自分のサービスを作ったことがありましたが、最初は思いつきで作って、作って行くうちに仕様を色々と変えました。

今まで作ったことが無いものをしっかりとした仕様を決めて作るのは、僕には難しかったです。

4.副業で稼げる

プログラミングができると副業が簡単にできます。

作りたいものがあるけど、プログラミングがわからず、作れないという人はたくさんいます。

自分でプログラミングを勉強するよりもエンジニアにお金を払いたいという人もたくさんいます。

だから、世の中にはプログラミングができるというだけで、副業としてできる仕事がたくさんあります。

エンジニアの場合、仕事紹介サービスが充実しているので、それらのどれかに登録したらどれくらい稼げるのかがわかります。

他の職種よりも簡単に、月に20万円とか稼げてしまいます。

5.将来性があり、これからも需要が高い(AIに仕事を奪われにくい)

エンジニアの将来性はかなり高いです。

これからは「コードが書ける人」と「そうでない人」に分かれると言われています。

何も無いところから、サービスを生み出せる人でないと、AIに仕事を奪われる可能性もあります。

エンジニアは現在、世の中に足りていません。

社会人で自らプログラミングを勉強しようという人も少ないので、これからも急激に増えるということは少ないでしょう。

2〜3ヶ月くらいプログラミングをガッツリと勉強しないとエンジニアへの就職はできません。

需要が高いのに人数が増えないので、今がエンジニアになるチャンスだと思います。

IT業界で働くことを考えるならプログラマーやエンジニアはオススメです

エンジニアでない人はプログラミングを勉強してエンジニアになった方が将来的に良い人生を歩める可能性が高いです。

今だと、全くの未経験でも2〜3ヶ月ほど、プログラミングスクールなどで勉強すれば、大企業や有名IT企業に就職することは可能だったりします。

そういう実績のあるプログラミングスクールはあるので、興味のある方は関連記事を確認してみてください。

中には無料で通えるプログラミングスクールもあります。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA