時短勤務が可能で時給の高い仕事に転職・就職するには?

プライベートを重視したり、キャリアを気にしない方は時短勤務に興味あると思います。

また主婦の方で、家庭の時間を大切にするために時短勤務を希望する人もいます。

そういう人のために時短勤務で、なるべく時給の高い仕事に転職or就職する方法について書いていきます。

興味のある方は読んでみて下さい。

またこちらの記事で、時短勤務のメリットとデメリットについてまとめました。

私自身の経験談で時短勤務のリアルについて書いています。

良かったら関連記事も読んでみて下さい。

今勤めている企業で時短勤務を提案してみる

時短勤務をしたい人に提案したいのが、現状勤めている会社で時短勤務を希望してみることです。

前例がない状態で、頼みづらいかもしれませんが、ダメ元で提案してみると良いでしょう。

私自身も時短勤務を上司に提案したところ、週3日労働にしてもらうことができました。

一般企業でも上司によっては上手に対応してくれる場合があります。

時短勤務を目当てに転職するよりも、今勤めている企業で時短勤務をしたら少ない労力で時短勤務を実現できます。

現状の企業で時短勤務ができない場合

一般企業の場合、時短勤務はまだあまり普及していません。

上司に頼んでも時短勤務ができなかった場合は別の方法を取る必要があります。

時短勤務を実現するのに一番効率的な方法は、すでに時短勤務を導入している企業に入社することです。

転職サイトなどを利用して、時短勤務の可能な求人を探してみると良いでしょう。

場合によっては在宅勤務などができる場合があります。

企業によっては職種によって時短勤務が可能な場合とそうでない場合があります。

そこでどのようなスキルがあれば時短勤務が可能なのかチェックしてみると良いです。

時短勤務できそうな条件の合う会社がない場合

条件の合う会社がない場合はフリーランスなどになるのがオススメです。

僕自身はIT系のエンジニアなので、ITフリーランスをオススメします。

プログラミングを学んで、案件紹介サービスのMidworks(ミッドワークス)などに登録すれば、自分に都合の良い働き方ができるようになるでしょう。

▼ミッドワークスの詳細はこちらのボタンをクリック

時短勤務ができるようになるにはどれくらい勉強が必要か?

時短勤務がしたいからといって、全くプログラミングの経験がない場合はすぐに時短勤務ができるようになることはありません。

勉強が必要になってきます。

プログラミングスクールに通って、だいたい1年くらい実績を積めば、時短勤務は実現可能だと思います。

勉強しようと思い立ってから、1〜2年で実現は可能です。

ある程度努力は必要ですが、現状から行動しないと時短勤務は手に入りません。

興味のある方は勉強を始めてみて下さい。

こちらでオススメのプログラミングスクールについてまとめています。

最近では無料で通えるスクールもあるためお得に通うことができます。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA