プログラミングができないならIT業界はやめておいた方が良い理由

IT業界に就職しようと思っているなら、プログラミングはできた方が良い。

最近だとパソコンもできないのに、IT業界や企業を志望する人が多いそうだ。

パソコンもプログラミングも全くできない状態でも就職は可能だ、しかしオススメはしない。

その理由について、詳しくこの記事で書いていきます。

プログラミングやパソコンができなくてもIT業界で就職はできる

プログラミングやパソコンができなくても、IT業界の企業には就職はできます。

IT業界は全体的に人手不足で、どこの企業も採用に困っています。

企業によっては日本語さえ話せれば、とりあえず採用するという企業もあります。

しかし、そういう企業は離職率の高いブラック企業が多いです。

人気で働きやすい企業ではちゃんとスキルを持った人でないと採用されません。

なので、パソコンができないという状態だと人気企業に就職するのは難しいでしょう。

パソコンを覚えたいという気持ちを持って転職を視野に入れて就職する分には良いとは思います。

しかし、最初からパソコンを覚えた状態で人気企業に就職する方が楽に進める場合が多いです。

また、人気企業の場合、新卒採用の生え抜き(プロパー)の社員を大事にする企業もあります。

中途で入っても活躍のチャンスがなく、昇進は諦めないといけない状況に陥る可能性があります。

そういうこともあるので、最初から能力を身に付けた状態で就職することをオススメします。

IT業界だとプログラマーやエンジニア以外の職種は美味しくない

僕自身、IT業界で色々な職種を経験しました。

営業、管理職、企画、人事など色々と経験しましたが、IT業界でおいしい職種は圧倒的にエンジニアです。

エンジニアは経験を積めば積むほど、市場価値が高まるのに対して、他の職種の場合は社内での価値は高まりますが、市場価値という意味では価値が高まらない場合が多いです。

3年以上、同じ企業で働いているとその会社でしか通用しない人材になってしまう場合も多いでしょう。

しかし、プログラマーの場合は業務内容が変わらないことが多いので、技術的に一緒であればどこでも通用します。

また、起業やフリーランスという選択も可能です。

IT企業に就職したいと考えているなら、ダントツでプログラマーやエンジニアを目指すのが良いでしょう。

プログラミングを勉強したことある人は多くない

エンジニアはIT業界で圧倒的に不足しています。

そのため、1〜3ヶ月程度勉強すれば、エンジニアとして就職できるくらいの力は身につきます。

全くの未経験からプログラミングを勉強して、エンジニアに就職したら年収400万円を超えたという人はたくさん見ます。

経歴やスキルが高ければ、もっと良い待遇を獲得することが可能でしょう。

IT業界で将来のキャリアを考えるとエンジニアが一番安定

IT業界で将来のキャリアを考えるとエンジニアが一番安定します。

今後、IT業界ではAIが単純労働を奪っていくことになるでしょう。

そのAIを使える人の生産性はさらに上がります。

AIを使いこなせない人は企業にとって不要な人になっていきます。

AIを使いこなすにはプログラミングの知識は必要になってくるでしょう。

今はプログラミングができない状態で、これから勉強したいという人は今すぐプログラミングスクールに通うことをオススメします。

就職活動も楽になるだろうし、キャリアアップも期待できます。

プログラミングスクールの中には無料で通えるスクールもあります。

興味ある方はぜひ挑戦してみて下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA