読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

ジーズアカデミーの卒業発表に行って思ったこと、プログラミング学習で挫折する理由

ジーズアカデミーの卒業発表イベントに行ってきた。

プログラミング初心者が6ヶ月間勉強して、

1つのwebサービスを作るという企画だ。

10月30日にジーズアカデミー1期生の卒業制作の発表会があった。

こちらがイベントの詳細です。

gsacademy.tokyo

50人ジーズアカデミーに入学して、最終発表したのが19人。

下記の記事に書いてあるのように、ジーズアカデミーでは入学試験があり、それに通った50人。

選抜を通ったのは、文系の国立大学出身者が4割を占め、一橋大学、早稲田、京都大学の出身者が多いようだ。

おそらく、学習能力が高いメンバーで最後までやり切れたのが19人というのは、プログラミング学習にはいくつかハードルがあるということがわかった。

www.zakzak.co.jp

18時開始だったため、全ての発表を見たわけではないが、

19名のうち、1名が自分のサービスを法人化していた。

その方のサービスがこれだ。

一言でいうと風景をみて癒されようというサービスだ。

LandSkip

www.landskip.co.jp

法人化するだけあって、かなり完成度が高い。

他の19名の発表を聞いていて、エンジニアとして1人でサービスを作れるようになった人は、19名のうち、5名くらいなのかなと思った。

※全ての発表を聞いたわけではないです。

 

プログラミング学習ってハードルが高いんだなと思った。

最近、プログラミングの勉強をしていて1つのハードルを越えられた気がしたので、それについても書こうと思う。

 

今までは勉強すれども、身につかないということ繰り返していた。

ドットインストール、プロゲート、教科書、様々な教材を使って勉強したがなぜか身に付かなかった。

 

何がいけなかったのか?理由がわかったので、記載する。

勉強ができる人には、すぐわかることなのかもしれないが、僕は勉強が苦手でかつ頭が悪いので、気がつくのが遅かった。

 

プログラミングは作るのが大変なので、

1度教科書の手順通りやって、物を作って満足してしまう。

ただこれだけは身についていない。

構造は理解できたかもしれないが、作れるようにはなっていない。

僕はここで、できたと勘違いして次に進んでいた。

 

1度教科書の手順通り作ったら、

そのあとに教科書を見ることなく、

作ったものを作れるようにならないと身につかない。

 

教科書を見ないで作ろうとすると、どこかで、) や ; などの記号が抜けていたりする。もしくは順番がバラバラになっていたり、関数の使い方がよくわかっていなかったりする。

 

理解はできるようになったが、できるようになってはいない。

教科書を見ないで作れるようになったら、数値を変えてみたり、今まで勉強した技術を作ったものに加えてみる。

 

新しいものを加えようとすると、正常に動く時もあるが、

全く動かない時もある。そこで原因を調べて、原因がわかり、修正し、動かす。

今まで勉強したものを加えて動くようになって、初めてできたと言える。

 

ここまでやらないと、頭の悪い僕は身につかなった。

教科書通りやって、動いてしまうとそれでできたと勘違いしてしまう。

その状態で教科書を進めていくと、できていると思った部分が理解できていないので、途中で詰まる。

 

そうして、勉強がはかどらなくなり、プログラミング学習を辞めていくのかなと思いました。

 

ドットインストールを200動画

プロゲートを一通り、

教科書を何冊か、やってようやく気がついた。

 

多くの人が言っていた、

手を動かさないと身につかないということの意味についてわかった。

 

でもこれが本当に理解できたと言えるかわからないが、とりあえず成長できているような気がするので、この勉強方法を続けていこうと思う。

 

僕もジーズアカデミーの学生で、

あと3ヶ月でwebサービスを発表する側に立つことになるので、

その時にはサービスを1人でサービスを作れるようになっていたい。

f:id:buried_treasure:20151031160217j:plain