0円スクール(ゼロスク)の適正検査や面談の内容と合格基準。落ちた時の対処方法

0円スクールの適正検査や面談はどんな内容で、どんなところをチェックしているの?
エンジニアの私が解説しきていきます。

無料でプログラミングが学べる「0円スクール」。

ここは誰でも受講できるわけではありません。

受講するには、「適正検査」と「面接」に合格しないといけません。

今回は「適正検査の内容」と「面接で見られているポイント」についてエンジニアの私が解説していきます。

また「適正検査で落ちた人への対処方法」についても書いていくので、参考にしてみて下さい。

0円スクールの適正検査の内容

まずは適正検査について書いていきます。

適正検査は1時間のマークシート形式の適正検査になります。

直前に勉強をしたところで、仕方ないです。

内容的には難しいものではないので、気軽に受講しましょう。

今から対策したところで遅いですし、適正検査はそれほど重要ではないと思います。

重要なのは面接です。

0円スクールの面接試験について

0円スクールを受講するための試験で、もっとも重要なのは面接です。

説明会に参加した人ならわかると思いますが、0円スクールは人気です。

無料でプログラミングを学べるということもあって、受講したいと思う人は多いです。

また全員が受けられるほど、スクールに余裕がありません。

そこで、人を選抜する必要があります。

面接では下記の項目がチェックされていると思います。

  • その人の経歴
  • プログラミングの勉強を最後までやりきれそうか?
  • 受講後にエンジニアになれそうか?
  • 会社としてこの人を受け入れて良さそうか?

この4点がみられていると思います。

0円スクールは運営会社の株式会社ゼロスクの採用活動を兼ねてスクールを無料で運営しています。

そのため、ちゃんと入社してくれそうかどうか?という点が最もチェックされています。

試験に合格したい人はエンジニアになることへの熱意をアピールすると良いでしょう。

無料で勉強して、就職しないという人は採用されにくいと思います。

0円スクールの適正試験に落ちてしまった場合

0円スクールの適正検査に落ちてしまった人は、別の方法でプログラミングを学ぶと良いです。

0円スクール以外にも無料で通えるプログラミングスクールはあります。

そこを利用するか?もしくは有料のプログラミングスクールを利用すると良いでしょう。

下記の関連記事で、未経験からエンジニアを目指すのにオススメのスクールについてまとめています。

無料で通えるスクールも紹介しているので、良かったら参考にしてみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック