就労移行支援の「manaby(マナビー)」の特徴や口コミと評判

就労移行支援の「manaby(マナビー)」を利用しようと思っているけど、評判はどうなの?
ITエンジニアの私が解説しきていきます。

manaby(マナビー)」はITスキルを学んで自分らしい働き方を目指す就労移行支援です。

利用する人は主に身体障害や知的障害の方で、国の認可を受けた障がい福祉サービスのひとつです。

パソコンの基本操作からワードやエクセル、プログラミングについて学べます。

良い点、悪い点はあるので、サービスの特徴や口コミ・評判、料金や費用などを紹介していきます。

関連記事で、お金をかけずにプログラミングを勉強する方法についてまとめました。

一覧形式になっているので、良かったら関連記事も読んでみて下さい。

押さえておきたい注目ポイント

manaby(マナビー)の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

manaby(マナビー)の注目ポイント
  • 身体障害や知的障害の方が主な利用者
  • ビジネスマナーからITスキルまで学べる
  • 学べるITスキルはWord、Excel、Photoshop、WEBライティング、プログラミング
  • 最長で2年間のカリキュラム
  • 料金は前年の年収によるがほぼ無料で通える

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

就労移行支援の「manaby(マナビー)」の基本情報

項目 内容
 運営会社株式会社manaby
 代表者岡﨑 衛
 本社宮城県仙台市宮城野区榴岡1-6-30ディーグランツ仙台ビル7F
 設立2016年(平成28年)6月
 学べるITスキル
  • Word
  • Excel
  • Photoshop
  • WEBライティング
  • HTML
  • CSS
 料金ほぼ無料、前年の収入により自己負担が発生する場合もあり

就労移行支援の「manaby(マナビー)」を利用するメリット

障がい者向けの就労移行支援

身体障害や知的障害の方が主な対象になっているため、じっくり時間をかけて学ぶことが可能です。

学べる内容も難易度が高くないものとなっています。

パソコン未経験の方でも習得はできると思います。

就労移行支援の「manaby(マナビー)」を利用するにあたってのリスク

manaby(マナビー)は良いところばかりではありません。

利用するにあたってのリスクについて書いていきます。

お金をたくさん稼ぐのは難しい

障がい者向けのカリキュラムとなっているため、学ぶ内容が難しくはないです。

誰でも数ヶ月時間をかければ、習得出来てしまうスキルなので、お金をたくさん稼ぐのは難しいでしょう。

しかし、一般的なプログラミングスクールに通って、ヒットするようなWebサービスが作れるようになれば、お金を稼ぐことができます。

障がいが重度でない場合は、プログラミングスクールに通うことをオススメします。

最近だと無料で通えるプログラミングスクールもあるので、お金を抑えてプログラミングを勉強することも可能です。

お得に通いたいという人は関連記事のオススメのプログラミングスクールを見てみて下さい。

スクールの中には、全くの未経験から大手企業や有名IT企業へ入社した就職実績のあるプログラミングスクールもあります。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA