「SUNABA(スナバプログラミングスクール)」の特徴や口コミと評判

「SUNABA(スナバプログラミングスクール)」を利用しようと思っているけど、評判はどうなの?
ITエンジニアの私が解説しきていきます。

SUNABA(スナバプログラミングスクール)」は株式会社ハナハナワークスおきなわが運営するプログラミングスクールです。

2ヶ月間のカリキュラムで、Webページを作成できるようになることを目標としています。

アクティブラーニングや心理学を取り入れていて、途中離脱者が出ないような工夫がされています。

良い点、悪い点はあるので、サービスの特徴や口コミ・評判、料金や費用などを紹介していきます。

関連記事で、お金をかけずにプログラミングを勉強する方法についてまとめました。

一覧形式になっているので、良かったら関連記事も読んでみて下さい。

押さえておきたい注目ポイント

SUNABA(スナバプログラミングスクール)の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

SUNABA(スナバプログラミングスクール)

  • 「株式会社ハナハナワークスおきなわ」が「株式会社エース・マーチャンダイズ」と業務提携をして運営しているプログラミングスクール
  • カリキュラムは2ヶ月間
  • 自分一人でWebページを作成できるようになることが目標
  • 受講対象は子供から大人まで
  • HTML、CSS、JS、jQuery、Python、SQL、Flaskなどについて学べる
  • 現役エンジニアが講師・メンター
  • 料金は2ヶ月で約26万円
  • 平日の19〜22時に受講する

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

「SUNABA(スナバプログラミングスクール)」の特徴や口コミと評判

項目 内容
 運営会社株式会社ハナハナワークスおきなわ
 代表者中村マコト 若林理恵子
 本社沖縄県沖縄市中央1-14-3
 受講形式通学
 受講できるコース
  • 2ヶ月間の夜コース(19〜22時)
 料金
  • 夜コース 26万円
  • 継続学習 6万円

「SUNABA(スナバプログラミングスクール)」を利用するメリット

スクールを卒業後、エンジニア関連の仕事をする人もいる

卒業後、エンジニアとして就職している人もいれば、フリーランスとして案件を受注している人もいます。

ちゃんと勉強すれば、力になるし、お金にもなります。

プログラミングを学ぶことにより、自分でゼロからお金を稼ぐ能力が身につくので、プログラミングスクールを利用するのは良いことだと思います。

「SUNABA(スナバプログラミングスクール)」を利用するにあたってのリスク

SUNABA(スナバプログラミングスクール)は良いところばかりではありません。

利用するにあたってのリスクについて書いていきます。

利用できる時間帯が限られているということ

まだ、スクールが始まったばかりで、夜コースというものしか用意されていません。

受講できる時間帯が平日の19〜22時になります。

これが個人的にはネックです。

他のプログラミングスクールだと、1日中いつでも自分の好きなタイミングで受講できるところが多かったりします。

受講できる時間帯が限定されてしまうと、仕事をしている社会人や忙しい学生の方はスケジュールを合わせるのが大変です。

自分が受講したい時に受講できないのは、通っていてストレスになることもあるでしょう。

そこが懸念点です。

最近では無料で通えるプログラミングスクールなどもあるので、そちらと比較して自分が良いと思ったスクールに通うと良いでしょう。

関連記事でオススメのプログラミングスクールを紹介しています。

興味のある方は読んでみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA