「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」の特徴や口コミと評判

「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」を利用しようと思っているけど、評判はどうなの?
ITエンジニアの私が解説しきていきます。

新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」は東京の中野にある専門学校です。

就職に役に立つビジネススキルや英語、工業分野の技術やITスキルについて学ぶことができます。

大学生から社会人の方まで利用しているような専門学校です。

良い点、悪い点はあるので、スクールの特徴や口コミ・評判、費用、学費などを紹介していきます。

関連記事で、お金をかけずにプログラミングを勉強する方法についてまとめました。

一覧形式になっているので、良かったら関連記事も読んでみて下さい。

押さえておきたい注目ポイント

「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」の大まかな特徴をサッと知りたいという人向けに、押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」の注目ポイント
  • 中野にある専門学校
  • 大学生から社会人の方が利用
  • 経営学、経理、簿記、英語、貿易について学べます
  • 技術は電気、エレクトロニクス、工業技術
  • ITスキルに関しては情報処理や Webデザインについて学べます
  • 大学生がダブルスクールとして利用する場合もある

以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。

「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」の基本情報

項目 内容
 運営会社新宿情報ビジネス専門学校
 代表佐古田 正道
 本社東京都中野区中野5-15-2
 設立1980年4月1日
 最寄駅中野駅
 学費(年間総額)約92万円

「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」のネット上での評判や口コミ

まずはネット上での評判や口コミについて紹介していきます。

特徴的な口コミや評判について紹介していきます。

  • IT業界に進みたい人には良い学校
  • 体験入学で学校の雰囲気がわかる
  • 簡単なアプリやサイトが作れるようになる
  • デザイン分野の指導は弱い
  • 留学生がそれなりにいる

ホームページを見てもわかるようにデザインは弱い学校のようです。

ITについて教えるのに、この学校のホームページはやばいとは思います。

「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」を利用するメリット

専門的なスキルについて学べる

何かしら手に職を身に付けられます。

普通の大学に行って何も学ぶ気がないなら、新宿情報ビジネス専門学校でプログラミングの勉強をした方が就職はしやすいと思います。

明確に自分にできることがあれば、就職は強いです。

「新宿情報ビジネス専門学校(SCIT)」を利用するにあたっての注意点

新宿情報ビジネス専門学校は良い点だけではありません。

ちゃんとデメリットもあるので、それについて書いていきます。

授業料が高い

年間で100万円くらいかかります。

プログラミングを学ぶだけであれば、プログラミングスクールを利用した方が安い値段でスキルを身につけることができます。

最近だと無料で通えるプログラミングスクールもあるので、そちらを利用するとかなりお得に通うことができます。

こちらの関連記事でオススメのプログラミングスクールを紹介しています。

中には、全くの未経験者が有名IT企業や大手企業に就職した実績のあるスクールもあります。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA