【体験談】ニートの僕がプログラミングを勉強して就職までした話


すぐわかるプログラミングスクールおすすめランキング

▼当サイトから登録が多いプログラミングスクール

【1位】ProEngineer     《無料で通える》

【2位】WebCamp PRO《就職保証付き》

【3位】TechAcademy   《オンライン受講》

この記事はニートだった自分がプログラミングを勉強して就職するまでの話です。

  • これからプログラミングを勉強しようと思っている人
  • ニートから卒業しようと思っている人
  • プログラミングを勉強するとどうなるのか知りたい人

などの人は良かったら読んでいってみて下さい。

プログラミングに興味を持ったキッカケ

新卒で入社した会社が自分に合わず、仕事を辞め3年前までニートをしていた。

会社を辞めてから特に、新しく何かの仕事をしたいという気持ちは起きずに毎日をダラダラ過ごしていた。

基本的にインドアで、youtubeの動画を見たり、スマホのゲームをしたりなどをして過ごしていた、そうすると1日早い。

無駄に時間を過ごしていると貯金が無くなり、働かないといけない状況になっていった。

毎日youtubeの動画を見ていて、「ホリエモンさん」や「西村ひろゆきさん」などのITで起業した有名人が「プログラミングを勉強した方が良い」と言っていたので、他にやりたいことがなかったので、俺もやろうと勉強を始めた。

プログラミングの勉強を始めてみて

プログラミングの勉強を始めてみて思ったのが、プログラミングを独学で勉強するのは難しい。

何で難しいのかというと、僕の場合、目標がなかったからだ。

「ホリエモンさん」や「西村ひろゆきさん」がプログラミングを学んだ方が良いというから学んでみたが、どこから手をつけて良いのかわからなかったし、どこをゴールに設定すれば良いのかわからなかった。

最初からプログラミングで作りたいというものがある人はそれに必要な技術について勉強して、その作りたいというものを作れば、目標達成だ。

僕の場合は目標がなくて、何を勉強すれば良いのかわからなかった。

プログラミングは言語がたくさんあり、本当に何から始めれば良いのかわからない。

プログラミング言語の例

  • Python
  • C
  • Java
  • C++
  • C#
  • JavaScript

プログラミングスクールなどに通ってみて思ったのが、とりあえず作りたいものがない人はHTMLから勉強するのが良いのかなーと思う。

僕がスクールで勉強した手順はこのようになる。

プログラミングスクールのカリキュラム

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • その他 周辺技術

このように上から順番で勉強していった。

全くの初心者はHTMLから勉強すると良い。

本を購入して勉強するもの良いと思う。

お金を掛けたくないという人はテックアカデミーを利用すると良い。

プログラミングスクールのテックアカデミーが1週間の無料体験というものを行なっている。

そこでHTMLとCSSについて勉強することができる。

1週間プログラミングスクールを無料で体験出来て、プログラミングの基礎の部分について学ぶことができる。

これから勉強しようと思っている人にはオススメの教材なので、興味ある方は試してみて下さい。

▼テックアカデミーの詳細はこちらのボタンをクリック

独学でHTMLから勉強してみたが…

僕の場合、とりあえず教科書を購入して勉強を始めた。

勉強をしてみてHTMLについてはわかったが、その後どうしたら良いのかわからなかった。

これを作ってみたいという気持ちにもならなかった。

勉強が捗らなかったので、プログラミングスクールに通うことを決める。

プログラミングの全体像を知るためにスクールに通った。

これは正解だった。

プログラミングに興味がある人は最初からプログラミングスクールに通った方が良い。

独学だと無駄な時間を過ごすことになる。

6ヶ月間で授業料30万円のプログラミングスクールに通う

これは失敗談になります。

6ヶ月間通って30万円のスクールに通ってしまった。

これは高い!!

今思うとプログラミングスクールをもっと比較すれば良かったなーと思った。

プログラミングスクールは色々と比較した方が良い。

今の時代だと無料で学べるスクールなどもある。

そういう所に通った方が良いと思った。

プログラミングスクールについてはこちらの記事でまとめているので、相場感などを知りたい人は良かったら関連記事を読んでみて下さい。

関連記事【料金比較】プログラミングスクール・教室11社の価格の安い順ランキング

プログラミングスクールで勉強してみて

プログラミングスクールに通ってみると、高学歴な人がやたらと多かった。

東京大学や京都大学、慶應大学、早稲田大学などの大学を卒業したような社会人の人がたくさん集められていた。

高学歴な人はプログラミングへの注目度が高いのかなぁーとは思った。

そういう人達と知り合いになれたのはすごくプラスにはなった。

プログラミングに関しては、HTML、CSS、JavaScript、PHPまでは何となく理解は出来た。

そしてプログラミングでどんなことが出来るのか?ということについてもわかった。

どんなことが出来るのかわかってくると、サービスを作りたいという気持ちになってくる。

自分で作りたいサービスが思い浮かんで、サービスを作り始めることにする。

色々と作ってみたが、プログラミングがまだまだ手に馴染んでいる感じがしなかったことと技術力が足りていない感じがしたので、ニートだし勉強ついでにエンジニアになってみようと思った。

せっかく勉強したし、それを活かして就職するのもアリかと思った。

特に他にやりたい仕事があったわけでもないし。

就職活動を行う

プログラミングスクールを卒業間近で就職活動をした。

年齢が20代だったからか、書類選考は普通に通る。

面接までは簡単にいける。

でも面接で落とされることが多かった。

ベンチャー企業だと即戦力を求めている感じがして、今すぐ活躍出来るような人でないと雇えないという感じだった。

小さめな中小企業も同じような感じで、プログラミングスクールを卒業したばかりの人は雇えないという感じではあった。

出来る人ならどの企業も欲しそうではあったが、そのレベルに自分は達していない感じはあった。

実務経験が1年くらいあれば、どこも雇ってくれそうな感じはあった。

何社か就職試験を受けてみて、内定は2社からもらった。

割と大きめな企業と大企業のグループ会社から内定をもらえた。

人を育てていけそうなくらい余裕のある会社はプログラミングスクールを卒業したばかりの人でも採用をしてくれる。

20代であれば、ニートからでも割と良さげな企業から内定をもらうことは出来るので、興味ある方はプログラミングを勉強してみて欲しい。

就職した後の話

年功序列のような会社に入社して、年齢が20代後半だったので、それ相応の給与をもらうことが出来た。

有給も自由に取ることが出来て、定時は18時くらいで割と働きやすかった。

エンジニアなので、納期はあるがノルマはなかった。

もともと営業職だったので、ノルマがないことが意外だった。

仕事をしていくには勉強することがたくさんあったので、勉強だけはかなりやった。

仕事がないときは就業時間中に勉強することも可能だったのがすごく助かった。

就職して最初の半年はかなり勉強をします。

大変だけど、そこを乗り切れば、あとは通常運転で楽に過ごせます。

個人的には平和すぎて、暇な感じはした。

就職して1年くらいすると

就職して1年くらいするとある程度のことは出来るようになってくる。

基本的にこなせるようになったので、業務に飽きてきた。

技術力もついてきたので、再び自分のサービスを作ることにした。

1年間エンジニアとして勉強したし、毎日コードを書いていたので、割とスムーズに作ることができた。

全部で1週間くらいで作りたいサービスは作ることが出来た。

サービスをリリースして、最初の頃は全くPVはなかったが、今では20〜50万PV近くある。

PVがあるので広告を入れてみたら、収益が発生して毎月10〜20万くらい収入が発生するようになった。

自分の手でお金を稼げることに感動して、サービスを作ってお金を稼ぐのって面白いなーと思った。

会社の給与以外でお金を稼ぐと人生が変わる

いつサービスの収入が無くなるかわからないけど、会社の給与以外で20万円近く稼ぐことが出来た。

それくらい収入があると、いつ会社をやめても良いやーという気持ちになれる。

仕事をするのにも余裕が出てくる。

プログラミングを勉強して良かったことは、会社の給与以外でお金を稼ぐことが出来たということだ。

それはすごく良かった。

ウェブサービスの収入がずっと続けば働かないで暮らすことも可能だ。

1発当てれた感じはあるので、サービスは色々と作って何発も当てたいという気持ちが芽生えた。

そして今に至る。

ニートにはプログラミングがオススメ!!

ニートは時間があるのでプログラミングを始めやすい。

そして、就職も目指せるし、うまくいけば起業することも可能だ。

何をしたいのかわからない場合はまずプログラミングを勉強してみると道はひらけてくると思います。

まずはエンジニアになることを目標に勉強をしてみるのがオススメです。

最後にエンジニアを目指すのにオススメなプログラミングスクールを紹介させて下さい。

興味が持てそうなスクールがあれば見学や無料体験をしてみると良いです。

エンジニアを目指すのにオススメのプログラミングスクール

プログラマカレッジ

プログラマカレッジは無料で通うことができるプログラミングスクールです。

受講するには条件があって下記の条件を満たしている必要があります。

  • 年齢が20代
  • 住んでいる場所が一都三県(東京、千葉、神奈川、埼玉)
  • スクールを卒業した後、エンジニアに就職、転職を希望する方

これらの条件に合えば、無料でスクールに通うことができます。

エンジニアへの就職サポートもしてくれるので、オススメのスクールです。

興味のある方は説明会に参加してみて下さい。

▼プログラマカレッジの詳細はこちらのボタンをクリック

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプはフリーランスエンジニアへ仕事紹介をしている会社が運営しているプログラミングスクールです。

受講期間は3ヶ月で10万円とプログラミングスクールの中でもかなり安いです。

そしてエンジニアに転職成功すると、受講料の10万円がキャッシュバックできます。

受講形態はオンラインでの受講と通学での受講両方選べます。

かなり力のつくプログラミングスクールです。

▼ポテパンキャンプの詳細はこちらのボタンをクリック

テックアカデミー

テックアカデミーはオンラインで受講できるプログラミングスクール中ではもっとも大きな部類のスクールです。

現役のエンジニアが直接教えてくれます。

受講するコースは豊富でプログラミングで学びたいことはほぼ学ぶことができます。

1週間無料体験をすることができるので、興味ある方は利用してみて下さい。

▼テックアカデミーの詳細はこちらのボタンをクリック

まとめ

プログラミングに興味を持ってもらえたらならまず勉強を始めてみるのが良いです。

下手に会社に就職するよりも色々な選択肢が増えると思います。

良かったら勉強を始めてみて下さい。

とりあえず、上で紹介したプログラミングスクールに通ってみるのがオススメです。