無職やニートの生活費がどれだけかかるか?平均値を調べてみた

貯金だけで、ニート生活をするにはどれくらい費用がかかるのか調べてみました。

これから無職になる、もしくはニートをしたいと考えている人は参考にしてみて下さい。

数々のニートや無職の人がブログで生活費を公開していたので、それの平均値を出そうと思います。

そうすればどれくらいニートをするにはお金がかかるのか?、ニートの1ヶ月の維持費はいくらなのかがわかります。

では調べた結果について書いてきます。

家賃で生活に必要なお金が大きく変わる

ニートの場合、「実家暮らし」もしくは「1人暮らし」で大きく必要なお金の額が変わってきます。

まずはそのことを考えずに共通でかかる費用から紹介していきます。

ニートの共通費用

共通でかかる費用の項目について書いてきます。

  • 通信費(インターネット、携帯電話)3500〜16000円
  • 保険料(国保)10000円〜
  • 税金 (所得税、住民税)
  • 年金 1万6000円

共通でかかる費用はこの辺です。

目安の費用を項目の隣に記載しておきました。

これだけでも結構かかります。

これにプラスして、「食費」「光熱費」「水道」「ガス」「家賃」などが加わります。

上記で紹介した具体的な数値に関して触れていきます。

通信費

無職やニートに関するネットの記事をみると、通信費は主に2つに分かれます。

「携帯電話・スマートフォン代」、「インターネット・wifi代」の2つです。

携帯電話・スマートフォン代について

まずは「携帯電話・スマートフォン代」について書いていきます。

だいたい、7000円〜1万円くらいになります。

格安SIMに変えると1500〜3000円くらいになります。

格安SIMは大手キャリアと比べると繋がりづらさはあるようですが、気にならないという人もいます。

生活費に困っている人は、大手キャリアから格安SIMに変えることをオススメします。

インターネット・wifi代

インターネット代は3500〜6000円くらい。

家で回線を引くか、ポケットwifiで済ますかで料金が多少異なります。

ネット社会なので、これは必要経費でしょう。

保険料

多くの場合、国民健康保険に入ります。

国民健康保険は前年度の収入によって料金が変わります。

もっとも低い金額だと6000円くらい。

普通の人は1〜3万円くらいを想定しておくと良いでしょう。

税金(所得税、住民税)

この金額は前年度の収入によって大きく変わります。

ニートをする前に計算しておくと良いでしょう。

思いがけない出費をする可能性があり、ニート生活が破綻することもあります。

年金

無職の場合、年金は支払猶予として支払いを遅らせることが可能です。

お金に余裕がない場合は支払いを遅らせましょう。

後から市役所などにいって詳しい説明を聞いてみて下さい。

食費

上記で紹介した金額にプラスしてかかる食費。

毎日外食にする場合と自炊や実家で作ってもらう場合だと大きく値段が変わります。

1日いくらで過ごすかは自分で決めることなので、設定して計算すると良いでしょう。

これは人によって大きく変わります。

光熱費、水道、ガス

一人暮らししている方の場合はすでに数値が出ています。

それをそのまま計算に入れてみると良いでしょう。

家賃

住んでいる場所によって変わります。

毎月かかる費用なので、ニート生活を長く続けたい場合は抑えましょう。

娯楽や交際費

あとは娯楽や交際費でどれだけのお金を使うか計算してみて下さい。

これも人によって大きく変わります。

ニートの生活に必要な費用

生活に必要な項目をまとめるとこのようになりました。

ニート生活をする前に事前に計算して、どれだけ貯金が必要か考えてみて下さい。

  • 通信費(インターネット、携帯電話)3500〜16000円
  • 保険料(国保)10000円〜
  • 税金 (所得税、住民税)
  • 年金 1万6000円
  • 食費
  • 光熱費、水道、ガス
  • 家賃
  • 娯楽、交際費

ニートの生活費の平均値

ニートや無職の書くブログをみて生活費の平均値を出してみました。

  • 食費 2〜3万円
  • 光熱費、水道、ガス 8000〜1万円
  • 通信費 1万〜1万3000円
  • 娯楽、交際費 3万円
  • 年金 1万6000円
  • 税金
  • 家賃

色んなブログなどをみると目安はこのような感じです。

お金を使わない人でも思ったよりもお金がかかります。

毎月10万円くらいでしょうか。

1ヶ月生きていくだけでもこれくらいかかります。

贅沢などをするともっとお金がかかるでしょう。

貯金がなくなり、ニートの生活が追い込まれたら?

軽い気持ちでニートになって、貯金がなくなり、生活費を稼がないといけない状況になったらどうすれば良いのか?

僕のオススメはプログラミングを学んで、プログラミングでお金を稼ぐのが良いでしょう。

場合によってはエンジニアに就職することもありますが、クラウドソーシングを使ってプログラミングの案件を対応すれば10万円くらいは簡単に稼ぐことができます。

本当にまずい状況になりそうなら、プログラミングを勉強してみて下さい。

最近だと無料で通えるプログラミングスクールもあるので、貯金がない人は利用すると良いでしょう。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA