職業訓練校の入校試験(面接や筆記試験)に落ちた時の対応方法

ハローワークで紹介された職業訓練校の入校試験は普通に落ちる場合があります。

「訓練校の忙しい時期」や「人気のある職種」の場合は倍率は3倍くらいになり、普通に落とされます。

この記事では、職業訓練を受けたくても受けられなかった人はどのように対応すれば良いのか?について書いていきます。

良かったら参考にしてみて下さい。

落ちたらハローワークに相談に行く

入校試験に落ちた場合は、まずハローワークに相談にいきましょう。

職業訓練は再受験が可能なので、自分が希望している学科の職業訓練校の試験が近い時期でないか?確認してもらいましょう。

入校試験が不合格の理由や原因は何か?

原因は自分にしかわかりません。

「筆記試験が出来なかったのか?」もしくは「面接が悪かったのか?」。

それとも倍率が高いところで、他の候補者を上回ることが出来なかったのか?

色々と原因はあると思います。

再チャレンジをするなら自分が弱かった部分を強化してからにしましょう。

再受験が難しい場合

再受験が難しい場合はあると思います。

自分の受講したい学科が近日中に受験出来なかったり、筆記試験の勉強が絶望的だったりなど、再受験するのが難しそうと判断する人はいると思います。

その場合どうしたら良いのか?

ITエンジニアの僕がオススメするのはプログラミングスクールに通うことです。

プログラミングスキルがあれば、就職することは難しくないでしょう。

全く初心者の方でも2〜3ヶ月間勉強すれば、エンジニアとして就職できるくらいのスキルは身につきます。

プログラミングは将来性が高く、在宅ワークや起業がしやすい

今の時代、プログラミングを学ぶことはメリットしかないです。

2020年には学校教育でプログラミングが必修科されます。

プログラミングは将来性が高く、これから伸びていくスキルです。

勉強することにより、在宅ワークや起業や副業などの自由な働き方がしやすくなります。

他の専門的なスキルを学ぶよりも有意義だと思います。

興味ある方は学んでみて下さい。

関連記事でオススメのプログラミングスクールを紹介しておくので、良かったら確認してみて下さい。

最近だと無料で通えるプログラミングスクールもあるので、貯金がなくても利用することは出来ます。

また力のあるプログラミングスクールだと未経験からでも大企業に生徒を就職させた実績のあるスクールはあります。

良かったらチェックしてみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクール。

サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA