水商売を上がり昼職に就職・転職するには?水商売を上がる方法を紹介

水商売も立派な一つの職業だと思います。

ただ、お仕事がら、長く続けるのが難しいです。

お酒を飲む頻度も多く、夜遅くまで働き、昼夜逆転してしまいがちな生活。

年齢とともに体力も落ちてきて、このまま長くは続けていれないな・・・と違う業界へ転職を検討する人が、20代中盤〜後半になり、増えてくるのではないでしょうか。

水商売から昼職へ転職を希望する方の理由

水商売の給与水準は他の業界や職業とくらべても、とても高いです。

また、お客さんから同伴で食事をご馳走になったり、プレゼントをもらう機会も多く、服装や美容への投資などはあるものの、本来生活でかかってくる費用も少ないでしょう。

それでも、そうした仕事を辞めて、他の業界に転職する人はどのような理由が多いのでしょうか。

水商売から昼職へ転職する理由をまとめました。

昼職への転職を希望する理由
  • お酒を飲む機会が多く、健康面を考えると長く続けられない
  • 休みが少ない
  • 明確な将来へのキャリアパスがない
  • 人間関係でのストレス
  • 年齢が上がっていくとともに、若い女性に人気をとられてしまう
  • 親や友人などに公に言い難い
  • 結婚を考えた男性もしくは女性との出会いが得られない

上記を理由に昼の仕事にキャリアチェンジをはかろうという方が多いようです。

履歴書に、水商売の経歴は書かないべき?

履歴書に、水商売の経歴は書かない方が良いの?と思われる方も多いと思います。

多くの会社だと、書類で落とされてしまう場合があります。

なので、飲食店ホールスタッフ勤務などと隠そうとする方は多いようです。

ただ、面接で突っ込まれた際に、バレてしまったり、逆に嘘であるためにあやふやな回答となってしまうというリスクも多いと思います。

であれば、最初から堂々と記載してしまうのも1つの手と思います。

最初から記載しておけば、そういった職業への理解がある会社や業界を選ばれる事になります。

これは企業や業界によって異なる為、色々と試してみるしか方法はありません。

まぁ職場の人に水商売経験者とバレるのは良くないとは思います。

変な目で見てくる人がいるというリスクがあると思うので。

実際、水商売から昼職への転職は可能なのか?

難易度は高いですが、可能です。

実際に水商売を上がって、昼職で働いている友達もいます。

今まで接客業をしていて、パソコンスキルとは無縁の生活をしていた為、覚えるのに苦労したそうです。

しかし、一度覚えてしまえば、問題なく使えるようになったようです。

あとは昼夜逆転から、規則正しい生活に戻すことが大変だったそうです。

給与も大きく変わるので、人によっては生活水準を保つことができないということもあるそうです。

契約していたウォーターサーバーを解約したとか。

水商売の経験が活かせるのは営業系の職種

一般的に言われているのは、水商売の方には営業系の職種がオススメだと言われます。

営業は未経験から就職はしやすいですが、僕としてはオススメはしません。

なぜなら、営業の仕事は頑張ったからといって、水商売ほど給与に反映されないからです。

こんだけ、頑張ってこれしかもらえないのか〜とガッカリすると思います。

水商売で結果を出していた人ほど、そう思うと思います。

そして自分よりも頑張っていない上司などをみて、仕事を辞めたくなるというリスクがあります。

水商売を経験したことは活かせますが、頑張る動機を見失いやすいです。

水商売の人にオススメなのはプログラマーがオススメです

水商売の人にプログラマーがオススメの理由について書いていきます。

プログラマーがオススメの理由
  • 自分が頑張ればスキルが確実に身につく
  • プログラミングは他の会社でも通用するスキル
  • パソコンスキルが身につく
  • 未経験からでも1〜3ヶ月勉強すればプログラマーになれる
  • 副業がしやすい
  • 勉強ができなくても、プログラミングはできる場合がある
  • プログラミングができると学歴や過去の経歴が関係なくなる

色々と良い点はありますが、手に職がつくのは大きいです。

今の世の中プログラマーは必要とされていて、プログラミング一本で食べていくこともできます。

少し勉強をすれば、未経験からでも採用されやすいです。

勉強が苦手でも、挑戦したら案外イケたりします。

実際に中卒や高卒のプログラマーはいます。

プログラミングができれば過去の学歴や職歴が関係なくなる

プログラマーは技術職です。

その為、採用基準はプログラミングができるかどうかという点になります。

現状でプログラミングができれば、採用になるし、そうでなければ採用されません。

過去に水商売をやってたからといって、そこで不採用となることはないでしょう(プログラミングができれば)。

スキルを身につければ、大企業で働くことも夢ではないです。

プログラマーは副業がしやすい

プログラマーは副業がしやすいです。

今だとネットが発達して、検索するだけで仕事の募集を目にすることがあります。

また自分でサービスを作ることも可能です。

僕自身もサービスを作っていて、それによって生活費を賄えていたりします。

プログラマーになることにはメリットが多いので、ぜひ挑戦してみて下さい。

プログラマーになりたいなら、プログラミングスクールに通おう

パソコンを全く使ったことがないという方でも、プログラミングスクールに通えば丁寧に教えてもらえます。

1〜3ヶ月ほど勉強すれば、ある程度力は身につきます。

プログラミングスクールに通えば、就職成功率は95%以上を超えているので、未経験からでもほぼ昼職の仕事に就職することは可能でしょう。

無料で学べるプログラミングスクールがある

世の中にエンジニアが足りなすぎるため、無料でプログラミングを学べるスクールが出てきました。

20代の方なら無料で通うことができます。

通学した95.1%以上の人がエンジニアに就職することができています。

「サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック

WebCamp PRO(ウェブキャンププロ)

有料のプログラミングスクールでも大丈夫な人はWebCampProがオススメです。

転職できなかった場合、授業料を全額返金してくれる就職保証のあるプログラミングスクールです。

就職できる企業は年収の高い企業が多いです。

なので稼ぎたいという人はWebCampProに通うのがオススメです。

▼WebCampProの詳細はこちらのボタンをクリック