プロエンジニアの特徴や利用するにあたっての注意点

プロエンジニアは未経験からエンジニアになるためのプログラミングスクールです。

スクールの特徴や利用するに当たっての注意するポイントについて書いていきます。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

▼プロエンジニアの詳細はこちらのボタンをクリック

プロエンジニア (ProEngineer)の基本情報

項目 内容
 運営会社インターノウス株式会社
 スクールの場所東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ7F
 最寄駅国会議事堂前駅、霞ヶ関駅
 カリキュラムの期間1〜3ヶ月間
 コース
  • プログラマカレッジ(プログラマーを目指すコース)
  • エンジニアカレッジ(ネットワークエンジニアを目指すコース)
 キャンペーンや割引制度
  • 説明会や無料体験に参加するとクオカード1000円分プレゼント

オススメのポイント

プロエンジニアのオススメのポイントをまとめるとこんな感じ。

プロエンジニアのオススメのポイント
  • 未経験者歓迎
  • 完全無料で通えるプログラミングスクール
  • 正社員就業率が96.2%
  • LINE、ソフトバンク、サイバーエージェントなどの大手企業も目指せる

プロエンジニア (ProEngineer)を受講するメリット

未経験からエンジニアへの就職を目指せる

プロエンジニアでは1〜3ヶ月勉強して、エンジニアへの就職を目指します。

勉強は大変かと思いますが、エンジニアは素晴らしい仕事です。

他の職業とは違って、自分の作ったサイトやサービスが、そのまま自分の実績になる数少ない職業です。

また副業などもしやすいし、給与が高いです。

僕はエンジニアになることで、お金と自由な時間を手にすることができました。

就職先候補の企業が豪華

プロエンジニアの実績はすごいです。

未経験からでも、大手企業からベンチャー企業まで様々な企業を目指せます。

就職先候補の企業は下記になります。

サイバーエージェントやLINEなども入っていて、全くの未経験からでも勉強次第で優良企業への就職が可能です。

プロエンジニアでの1〜3ヶ月間はかなり頑張って勉強した方が良いです。

正社員就業率が96.2%

プロエンジニアのカリキュラムはかなり力の身につく内容になっています。

しっかりと勉強をすれば、エンジニアに就職することが可能です。

正社員になれなくて困っているという方もスキルを身につければ、すぐに就職できます。

無料で通える

プロエンジニアは無料で通うことができます。

なぜ、無料かというと、エンジニアを採用したいと考えている多くの企業と提携をしているスクールだからです。

プロエンジニアは企業にエンジニアを紹介することで、お金をもらっています。

そのため、受講生は無料でプログラミングを勉強することができます。

途中で辞めてもお金は一切かかりません。

通って損はないスクールなので、興味がある方は説明会に参加することから始めてみて下さい。

▼プロエンジニアの詳細はこちらのボタンをクリック

プロエンジニアを利用するにあたっての注意点

プロエンジニアを利用するにあたっての注意点について書いてきます。

スクールの場所が東京の霞ヶ関

プロエンジニアは東京の霞ヶ関にあります。

そのため、受講対象者は一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に住んでいる方が対象となります。

他の県に住んでいる方は、別のスクールを利用すると良いです。

他のスクールだと、オンラインプログラミングスクールのテックエキスパートを利用するのがオススメです。

有料にはなりますが、ここも実力が身につくスクールです。

▼テックエキスパートの詳細はこちらのボタンをクリック

受講できるコースが2つある

プロエンジニアには受講できるコースが2つあります。

下記の2つです。

プログラマーを目指す「プログラマカレッジ」。

ネットワークエンジニアを目指す「エンジニアカレッジ」。

僕自身はプログラマーなので、個人的にはプログラマカレッジをオススメします。

プログラマーは大きくお金を稼ぐことはできますが、向き不向きがあります。

ネットワークエンジニアはそういう向き不向きが少ない仕事です。

どちらを目指すのが良いかは、無料体験で話を聞きながら決めると良いでしょう。

プロエンジニアを利用するにあたっての注意点はこれくらいです。

プロエンジニアの無料体験の特典

プロエンジニアには無料体験が用意されています。興味のある方はとりあえず受けてみて下さい!

スクールに通うかどうかは、無料体験を踏まえた上で考えれば良いだけの話です。

悩み過ぎる必要は全くありません。考えるより体験した方が学びは大きいはずです!

今なら1000円分のクオカードがもらえますので、この機会にぜひ受けてみてください!

▼プロエンジニアの詳細はこちらのボタンをクリック