【お金の賢い使い方】社会人にオススメの給与の使い道

スポンサーリンク

サラリーマン経験20年以上の方から教わったオススメの給与の使い方について紹介します。

この方は社会人になり、何も考えずお金を貯金していて後悔したそうです。

社会人になり、初任給をもらってから数ヶ月すると安定的に収入が入ってくる。

銀行の利息がほとんどない中、これを銀行に眠らせておくのは勿体無い。

今回はオススメの使い方について紹介していきます。

給与のオススメの使い方

1.両親へのプレゼントとして使う

給与の使い方について話を聞いたところ、両親に対してお金を使わなかったことに後悔しているという話を聞いた。

一人暮らしをしていたため、初任給をもらってから半年くらいは家の敷金が足りないということで、両親に何かプレゼントをするのではなく、逆にお金を送ってもらっていました。

プレゼントにお金をかける必要はないですが、何らかの形で1回くらいは両親に感謝の気持ちは伝えた方が自分として後悔することが無くなります。

両親の立場になったら、思うことはあるはずです。

20年くらい育てた子供がお金を稼げるようになったのに、子供から何もなかったら悲しいですよね。

子供を育てるのは想像以上に大変だし、お金がかかります。

プレゼントは何でも良いと思います。

高価なものでなくても良い、お花や食事とかでも良いので何かしら使うことができれば、自分自身大人になることができます。

自分が親になった時に、初任給を両親に使っておいて良かったなーと思うはずです。

両親のために、初任給を使わなかったと後悔した人も、両親がいるうちはお金を使うことができるので、何かしら使ってあげて下さい。

スポンサーリンク

2.積み上がるものについてお金を使う

ただ目的を持たずに貯金するのではなく、積み上がるものにお金を使った方が良いです。

「積立預金」や「資格の勉強」などです。

ある一定の安定したお金が入ってくるので、新しいことにお金を使った方が将来的に楽になります。

自分に投資をしたり、実際に投資をしたりなどです。

若いうちから始めておくと、やるやらないの違いは数年間たった時に大きな差になります。

始めるなら早いうちが良いです。

3.自ら進んでお金を使いたいものにお金を使う

これは他のサラリーマンと差別化するために、使いたいものにお金を使うと良いです。

人と同じことをしていては、特徴のないサラリーマンになってしまいます。

特徴のない普通のサラリーマンの場合、仕事を頑張ればある程度のところまではいけると思いますが、ある程度止まります。

ある程度のところで止まってからもっとこうすれば良かったと後悔するのは遅いので、自分の使いたいものにお金を使いましょう。

使い道は何でも良いと思います。

自分がお金を使うということは、自分の興味あることなのです。

それを深堀りすることであなた自身に他の人にはない魅力が身につきます。

何かにお金と時間を使ったことは必ず役に立つ時がくると思います。

以上。