【実際どう?】フィヨルドブートキャンプ(FJORD BOOT CAMP)の評判や口コミまとめ

オンラインプログラミングスクールが増えてきていますね。

昔はテックアカデミーぐらいしか無かったのですが、今では何社も増えてきています。

その中でも格安でプログラミングが学べる「フィヨルドブートキャンプ(FJORD BOOT CAMP)」について紹介します。

良い点、悪い点を含めて紹介していくので、良かったら参考にしてみて下さい。

こちらの関連記事で、お金をかけずにプログラミングを勉強する方法についてまとめました。

一覧形式になっているので、良かったら関連記事も読んでみて下さい。

フィヨルドブートキャンプ(FJORD BOOT CAMP)とは?

項目 内容
 運営会社合同会社フィヨルド
 代表者
 本社東京都世田谷区松原2-34-11 ベルヴィカワダ201号室
 設立2007年12月7日
 最寄駅明大前(京王線・井の頭線)・下高井戸(京王線)
 料金月額29,800円

フィヨルドブートキャンプ(FJORD BOOT CAMP)の口コミ・評判

ネットでの評判を集めてきました。

通うかどうか決める時の参考にしてみて下さい。

Slerを辞めて、FJORD BOOT CAMPに通うことにしたそうです。

学費の負担がないので、仕事を辞めて通うという選択がとりやすいです。

もともとの名前は256インターンという名前のスクールだった。

256インターンは割と評判が良かったようです。

親身に対応してくれるようです。

プログラマーになりたい人には良い仕組みという評判が多かったです。

「フィヨルドブートキャンプ(FJORD BOOT CAMP)」を紹介しているブログで参考になった部分

「フィヨルドブートキャンプ」を実際に利用した感想を書いているブログがあったので、参考になる部分を抜粋して紹介していきます。

  • 就職先で活躍させることを目指して作り込まれたカリキュラムになっています。
  • このブートキャンプは ”学ぶための” 場所であり、”教わるための” 場所ではないことを認識しておく必要があります。
  • 今は特に独学で学んだりしていないけど、今の環境が不満だし将来が不安。Webエンジニアの職場環境とか待遇はいいらしい、ブートキャンプで教えてもらえればやれそう、とか思っていたらちょっと待った!です
  • 意図的に学習コストを下げて挫折しにくくいようにし、楽しく最後まで進められるように作られたプラクティスは序盤でもありませんでした

これらの感想が「フィヨルドブートキャンプ」のリアルを表現しているなぁと思います。

プログラミングを受け身で勉強していれば、身に付くと思っている人は感想をみている限り辞めた方が良いでしょう。

スクールの目標である「現場の即戦力になれる」という言葉は甘くないです。

  • 在職中だと学習時間の確保にストレスを伴うセルフマネジメントが必要になってくる環境の人の方が多いと思います。
  • 参加を決める前にProgateを活用して、HTML, CSS, Command Line, Git, Ruby, Ruby on Railsまでを、休日に集中してやるか、平日も頑張るのか、コンスタントに消化することにトライしてみると良さそうです。
  • フィヨルドさんのオフィスで学んでいる他の受講生の方々は皆さんモチベーションが高く、とても良い刺激を受けることができました。

具体的にプロゲートなどを使ってどこまで勉強しておけば良いのか書かれています。

フィヨルドブートキャンプは大変だと思うので、即戦力になるためには努力を惜しまないという人が受講すると良いでしょう。

勉強する内容 

フロントエンドからサーバーサイドまで幅広く勉強します。

最終課題が「自分で考えたWebサービスを作って公開」。

どのレベルのものを作るかによって、最終課題の難しさは変わってくると思いますが、これは結構難しいですよ。

僕自身は自分が納得いくWebサービスを作れるようになるまでに、1〜2年くらいかかりました。

それを短期間で勉強するとなると結構大変です。

もともと、フィヨルドブートキャンプは無料で通えるプログラミングスクールでした。

生徒の受講料は、就職先の企業からお金をもらうという方針で運営していましたが、短期間でそこまで育てるのは大変だったのか?

挫折して途中でやめる人が多かったのか?理由はわかりませんが、月額でお金をもらうスクールにシフトしています。

しっかりとしたものは学べるけど、ある程度、覚悟がないと通えないスクールなのだなぁという印象はあります。

フィヨルドブートキャンプに通うための条件

無料で通えるスクールのため、誰で参加できるわけではりません。

通うには条件があります。

フィヨルドブートキャンプに通うための条件
  • ネット環境がある
  • クレジットカードで料金の支払いができる
  • 自分のMacを用意できる
  • 多少の教材費を用意できる(大体1万5000円)

通うための条件が割と低くて良いですね。

20〜30万円ほど用意できれば、通うことが可能です。

利用する前に考えるべきリスク

フィヨルドブートキャンプは料金が安く、通いやすいという印象はありますが、ある程度覚悟がないと途中で挫折してしまう可能性が高いです。

本格的なものを学べたりもしますが、途中で挫折する人も多そうなイメージです。

受講した方のブログにもあった通り、参加を決める前にプロゲートでどこまで自分は勉強できるのがやってみると良いでしょう。

参加する人は以下の項目を独学でやってみて下さい。

  • HTML
  • CSS
  • Command Line
  • Git
  • Ruby
  • Ruby on Rails

働きながらこの量をやるのは結構大変だと思います。

1周するだけでは、理解できないと思うので、身に付くまで勉強してみて下さい。

プログラミングはスポーツと一緒で理解していてもできないということがあります。

何度も繰り返して勉強してみると良いでしょう。

FJORD BOOT CAMPはこんな人にオススメ

これらを踏まえて、FJORD BOOT CAMPは以下の人におすすめです。

30代後半以上の方

他のプログラミングスクールの場合、全くの未経験からエンジニアに転職しようとする人は受け入れられない場合があります。

年齢制限に引っかかります。

FJORD BOOT CAMPは年齢の制限が無いので、その点では何歳でも受講が可能です。

とにかくやる気がある人

ある程度やる気がないと途中で挫折すると思います。

厳しいスクールでもしっかりとやっていきたいという人にはオススメです。

20代〜30代でちゃんと実績のあるスクールに通いたい人は

他のスクールの場合、挫折率が少なく、就職率の高いスクールはあります。

中には就職率95%を超えるスクールもあります。

ちゃんとした実績あるスクールに通いたい場合は、下記で紹介しているプログラミングスクールに通って下さい。

全くの未経験からでも、誰でも知っているような大手企業や有名なIT企業への就職が可能です。

しかし、これらのスクールは20代〜30代前半の人しか使えません。

そこがネックではあります。

中には無料で通えるスクールもあるので、お金の心配はする必要はありません。

有料のスクールも紹介しているので、30代後半の人はそちらを参考にしてみて下さい。

無料で通えるオススメのプログラミングスクール

転職成功率95.1%の完全無料のプログラミングスクールです。

こちらは無料で通うことができます。

1〜3ヶ月ほど勉強した後に就職を目指します。

未経験からでも「サイバーエージェント」や「DMM」といった有名企業への就職も目指せます。

スクールの雰囲気がわかる1日体験会も行なっているので、ぜひ参加してみて下さい。

▼ギークジョブの詳細はこちらのボタンをクリック