フリーランスエンジニアが使うエージェントやサービスの特徴や評判

スポンサーリンク
f:id:buried_treasure:20170906221955j:plain

フリーランスエンジニアが使うエージェントやサービスの特徴や評判

僕はエンジニアとして働いてフリーランスエンジニアに興味を持った。

実際にフリーランスエンジニアが使うエージェントやウェブサービスについて話を聞いてきたので、その内容についてまとめます。

会社に訪問して話を聞いたものもあるので、良かったら読んでみて下さい。

1.Midworks(ミッドワークス)

f:id:buried_treasure:20170906180929j:plain

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

Midworks

いきなりフリーランスになるのは心配だなぁーと思う人にオススメのサービスです。

Midworksは、正社員並みの保障つきでエンジニアの独立をサポートするサービス。

案件の内容は基本的に常駐

常駐先は有名なIT企業が多い。

案件に応募すると、Midworksの担当者と一緒に企業に面談に行きます。

話をして条件などを決めます。

お互い合意したら、仕事がスタート。

Midworksとしては、

案件は半年以上の継続的にやってもらおうと考えていているようです。

実際に案件をやってみて、ミスマッチしていた場合はそこで仕事が終わりになることもあります。

仕事が終わりになった場合でも、能力を再度見極めて、

利用者に合った仕事を紹介してくれます。

このようにリスクもあるので、

貰える金額は会社員として雇われていた時よりも高いことが多いそうです。

自分の実力がフリーランスとしてふさわしいか心配な場合はこのサービスを使って力試しするのが良いと思う。

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

Midworks

正社員並みの保障とは

Midworksでは正社員並みの保障という言葉を売り文句にしています。

通常エンジニアの独立支援のサービスでは、年金や税金、保険などのサポートをしてくれないことが多いですが、Midworksは違います。

税金や年金などを半額サポートもしてくれます。

いきなり独立した場合どう対応して良いのかわからない事を、

Midworksが手伝ってくれます。

初めて独立支援のサービスを使う時にはすごく良いかもと思いました。

Midworksの良いところ

他にもMidworksの良いところはあります。

  • 発注金額を公開している
  • 稼働時間はMidworksが管理
  • 技術に理解のある担当者がいる

などなど

詳しい内容に関してはこちらの記事でまとめています。

良かったら読んでみて下さい。

▼Midworks(ミッドワークス)の詳細はこちらをクリック

Midworks

関連記事:Midworksとは?ITエンジニア独立支援サービスの特徴と評判

 

2.エンジニアファクトリー

f:id:buried_treasure:20170906184032j:plain

▼エンジニアファクトリーの詳細はこちらをクリック

エンジニアファクトリー

エンジニアファクトリーの運営会社アイムファクトリーに話を聞いてきました。

この会社はエンジニアファクトリーとは別で「社内SE転職ナビ」というサイトを運営しています。

▼社内SE転職ナビの詳細はこちらをクリック

社内SE転職ナビ

僕はそちらのサービスが珍しいと思ったので、

そっちの話をメインで聞いてきました。

その内容はこちらにあります。

関連記事客先常駐が嫌になった人にオススメ「社内SE転職ナビ」の口コミ評判

スポンサーリンク

 

エンジニアファクトリーは取り扱っている求人数は多いし、

営業マンが気合い入っている感じがします。

僕が話を聞いた担当者は技術に関して詳しい知識はないけど、

スキルが高く売れるということは知っていて、高く企業に売り込もうという一生懸命さは伝わってきました。

僕自身は個人的に大したスキルはないと思っていたのに、

びっくりするような金額を提示されて、フリーランスになるとこれくらいは行けると思いますという話をされた。

本当なのか?心配になりましたが、

同じ会社の近いポジションの人がエンジニアファクトリーを利用した事例を紹介してもらい、これくらいの年収になっているという説明を受け本当なのかなぁ?という感じにはなりました。

リクナビNEXTの転職エージェントアワードで満足度No.1を獲得していたりはするので、ちゃんとした求人サービスなのかとは思います。

▼エンジニアファクトリーの詳細はこちらをクリック

エンジニアファクトリー

3.ポテパンフリーランス

f:id:buried_treasure:20170906190042p:plain

プログラミングスクールでも利用されているようなサービス。

とあるスクールに話を聞きに行った時に、練習としてポテパンを使って実際の案件を対応するということを教えていると聞きました。

そのスクールではフリーランスのエンジニアの人を数多く雇って、

プログラミングについて教えていて、案件紹介サービスとして利用するのがポテパンに行きついたので、結構良いのかなぁと思いました。

良かったら利用してみて下さい。

▼ポテパンフリーランスの詳細はこちらをクリック

ポテパンフリーランス

4.レバテックフリーランス

f:id:buried_treasure:20170906213848p:plain

フリーランスエンジニアのエージェントでは認知度の高いサービス。

平均年収800万とかすごっ!!

フリーランスでやっていこうと考えているエンジニアはとりあえず登録するサイト。

就職活動でいうとリクナビみたいな感じ。

土日に面談をやっていなくて話を聞きに行けていない。

▼レバテックフリーランスの詳細はこちらをクリック

レバテックフリーランス

5.ギークスジョブ

f:id:buried_treasure:20170906214939p:plain

こちらも案件数が多く認知度の高いサービス。

業界実績15年、取引企業数3,000社、登録エンジニア数12,000名のギークスジョブ。

対象ユーザー

  • 20代後半~40代
  • エンジニアとして最低3年以上経験あり
  •  成長意欲の高いエンジニア

▼ギークスジョブの詳細はこちらをクリック

ギークスジョブ

6.Pe-BANK

f:id:buried_treasure:20170906220055p:plain

フリーランスエンジニアのサービスでは歴史の長いサービス。

案件の数も多く、平均年収も高い。

利用者の平均年齢が40歳と他のサービスと比べると年齢が高くても利用することができる。

▼Pe-BANKの詳細はこちらをクリック

Pe-BANK

まとめ

フリーランスの話を聞くと何だか良さそうな感じがしている。

今の会社で勤めていて、同じような案件が増えてきたり、技術的に進歩が感じられなくなったらこういうサービスを使って、やりたい技術ができる案件を探したいと思った。

フリーランス系のサービスは僕自身、興味があるので、

話を直接聞いたり、良さそうなサービスを見つけたら随時追加していきます。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA