【経験者が答える】独学で未経験からWebエンジニアになるのは可能か?

スポンサーリンク
f:id:buried_treasure:20170824190607j:plain

【経験者が答える】独学で未経験からWebエンジニアになるのは可能か?

僕は、未経験者からWeb制作会社でエンジニアとして採用されました。

道筋としては、こんな感じ。

独学でプログラミングを学ぶ→プログラミングスクールに通う→中途でエンジニアとして入社。

文系の大学に通っていたので、

プログラミングには独学で勉強するまでは全く触れて来なかった。

スブの素人からエンジニアになりました。

僕のように全くの素人からでもエンジニアになりたいという方は多いと思うので、その方法を書いてみます。

この職種自体、学歴関係なく、実力で評価されるので、腕さえあれば年収1000万円も夢じゃありません。ちなみに僕は年収1000万円とは程遠いです。

それでは書いていきます。

プログラミングを学び始めたきっかけ

僕がプログラミングを学び始めたのは、

IT企業で営業として勤めていた時でした。

(営業なのでプログラミングは業務では全く使いません)

友達に誘われて、

プログラミングスクールの説明会に行ったのが一番初めのきっかけです。

普段からネットのニュースを見ていて、

「全ての人はプログラミングを学ぶべきだ」とか「エンジニアになれば職に困らない」とか、そういう記事を目にしていたので、プログラミングには興味を持っていました。

友達に誘われたこともあり、ちょうど良い機会だと思い、プログラミングスクールの説明会に行きました。

貯金があったので、スクールでプログラミングを学ぶのも悪くないと思い、

プログラミングスクールに通うことを決める。

実際に通うまでに半年ほど、

期間があったので、その間独学で勉強した。

ドットインストールから始める

HTMLやCSSなどから始めた。

独学で勉強しても、一つ一つの項目に関しては理解できるが、

全体でこれがどうなっていくのかが全くわからなかった。

どうやったらWebサービスが作れるようになるのか、全体像が全く見えなかった。

独学難しい・・・

特に自分の作りたいものがあるわけでもなかったので、

どこまでが自分に必要な知識なのか選別ができなかった。

全く決めることができず、とにかく勉強するを続けてみるも、

目的がはっきりしていなかったので、勉強があまり楽しいと感じなかった。

そこでプログラミングスクールに通うことになりました。

スクールにはカリキュラムがあった

何を学ぶべきなのかがスクールに通ってわかった。

スクールでプログラミングを学んでいく過程で、

とりあえず、Webサービスを作りたいという気持ちが芽生えてきた。

HTML、CSS、JS、PHPを勉強する。

ハイレベルなスクールだったので授業についていけなかった

集団授業でハイレベルなスクールだったので、

授業についていくことができなかった。

プログラミングスクールにもよりますが、

集団授業の場合だと挫折してやめていく人も多いです。

僕の通っていたところだと、

同期の半分くらいは卒業できずに途中でやめてしまいました。

スクールを選ぶ際は色々と見て選んだ方が良いです。

その後、プログラミングスクールに3校ほど通って、

もっと良いスクールがあったのにと後悔した。

色々と見ずに決めてしまったのが問題でした。

ちなみにオススメのスクールはこちらで紹介しているので、

良かったら参考にしてみて下さい。

関連記事【体験レポ有り】おすすめのプログラミングスクール・教室11選【初心者も安心】

 

授業にはついていけなかったが、

プログラミング全体について理解することができたので、

通って良かったと思っています。

転職活動をスタート

せっかく学んだのだからエンジニアになろうと思った。

転職活動をスタートさせ、とにかく色々な企業を受けた。

年齢が20代だったからか、複数の会社から内定を貰うことが出来た。

その中でも一番良さそうな会社に入社。

転職活動ではポートフォリオを作った

しっかりとサーバーを借りて、

ドメインを取得して、自分の作れるサイトを作って面接にいった。

それが良かったというのもあると思う。

サーバーはエックスサーバーを利用して、

ドメインはお名前.comで取った。

エックスサーバーは無料期間があるので、試しに上げるだけに使っても良いかも。

お名前.comのドメインは1円から取得することができるので、

ほとんど値段をかけずにポートフォリオが作れます。

▼エックスサーバーの詳細はこちらをクリック

エックスサーバー

▼お名前.comの詳細はこちらをクリック

お名前.com

未経験可の求人でも会社によって求めるレベルがある

エンジニアの場合、会社によって求めるレベルが全く違う。

HTMLとCSSだけわかっていれば良いってところもあれば、

JSである程度のものが作れないといけないという会社もある。

もしくは一人でサービスを立ち上げるくらいでないとダメというところも。

スポンサーリンク

未経験者のプログラミング学習で大切なこと

未経験者が0からプログラミングの知識をつけていくために必要なことをここで整理しておきます。こんな感じです。

  • まずはHTML、CSSからやってネット上のコンテンツがどうやって表示されているか知る
  • プログラミングを学ぶ動機をはっきりさせる(目的を持って勉強するのが良い)
  • どんなスキルや言語が必要なのかわからない場合は、プログラミングスクールに相談にいくか?テラテイルなどのサービスで質問する
  • 必要な知識がはっきりしたら、参考書やドットインストールなどを使って勉強する
  • 学習がうまく進まない場合はスクールに通うがオススメ
  • 実際に何か自分で作って、サーバーやドメインを取得して公開する

作ったものを公開するまでいけば、

エンジニアとして雇ってもらえる可能性はあります。

出来たもののレベルによりますが・・・

▼テラテイルの詳細はこちら

エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】

エンジニアのQ&Aサービスのテラテイルに関してはこちらで紹介しています。

プログラミングを学ぶ動機がはっきりしない方はこちらを見てみて下さい。

関連記事teratail(テラテイル)で多くの人に見られている質問30選

 

エンジニアはなってから本番

実際にエンジニアとして働き始めてみると、

独学で学んでいた頃とは全然違います。

独学で作っていた頃には存在しなかった「納期」というものが存在します。

またコードの綺麗さも大事になってくる。

今まで触ったことのないツールなども使用しないといけない。

社内のルールに慣れるのに、半年はかかりました。

勉強することも多く、帰る時間が遅くなっていました。

最初はとにかく大変だった。

エンジニアになれて良かったこと

大変だけど、エンジニアになれて良かったことはたくさんある。

実力がはっきりわかること

自分ができるのかできないのかハッキリわかる。

そして社内の他のエンジニアできるのそうでないのかもハッキリわかる。

勉強をしながら働ける

常に勉強。新しい仕事をするたび成長を感じることができる。

制作会社で色んな案件があり、対応するたび成長を感じられた。

ずっと座って社内で仕事ができる

あっちこっち移動せずに、社内で仕事ができるのはすごく良い。

勉強し続ければ、職の心配がなくなる

勉強を続けていれば、他社でも通用するので、

職がなくなるということはないなぁーと感じるようになった。

自分で作ったWebサービスでお金を稼ぐことができる

制作会社で1年くらい働いて、Webサービスを作る力をつけた。

実際に自分でサービスを作ったら、月に数万円を稼げるようなサービスになった。

お小遣い程度だけど、単純に嬉しいし、楽しい。

プログラミングが好きかどうかは大切

プログラミングが好きじゃない場合はエンジニアにならない方が良い。

好きじゃないとずっと続けるのはシンドくなると思う。

同僚のエンジニアをみていると、プログラミング好きな人が多い。

好きだと勝手に勉強していくので、好きじゃないと周りに勝てない。

実際に勉強して好きじゃないと感じるなら、

エンジニアになることを諦めても良いと思う。

専門家に話を聞いてみるのも一つの手

未経験でもエンジニアになりたいという方は、エージェントという仕事探しの専門家に相談した方がいいです。

彼らに一度相談すると、自分で仕事を探さなくても働けそうなところを提案してもらえます。

なのでWeb系に強い「レバテックキャリア」に相談してみて下さい。

他だと「WORKPORT」や「テックスターズエージェント」を利用してみると良いです。

テックスターズエージェントは実際に訪問して話を聞いてきました。

こちらで記事にしているので、良かったら読んでみて下さい。

関連記事テックスターズエージェント(TechStarsAgent)の内容と評判・口コミ

 

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA