20代後半、突然油っこいものが量食べられなくなった

スポンサーリンク
f:id:buried_treasure:20170506215024j:plain

20代後半、突然油っこいものが量食べられなくなった

毎日外食を利用している。

自炊はしない。

普段から、なるべく健康的な料理を食べようと意識している。

でもたまに油っこいものも食べたいという時がある。

今日は健康を害しても良いと思い、

横浜家系ラーメンのお店に行った。

そこは油っこいラーメンを提供するお店だ。

1〜2年ぶりくらいの訪問。

1年前までは美味しいと思っていたラーメン

お店に迷惑がかかる可能性があるので、

店名やラーメンの写真を載せることはできない。

スープをみてわかるくらいの油っこさ。

家系の中でも油っこい部類のラーメン。

これを1年前くらいまでは、美味しいと思って食べていた。

しかし、今日食べてみたら全然食べらない。

全く入らない。

ラーメンの3分の1も食べられず、残す。

普段、出された食べ物は残さず食べる派の人間なんですけど、

本当に食べられなかった。

申し訳なくなって、

何も言わず、サッサとお店を出た。

好きだったものが突然食べられなくなる日はくる

急に食べられなくなる日はくる。

油っこいものに限らず、

健康を害したら、食事制限をされて食べられなくなる。

もうこの家系ラーメンのお店には行けない。

今日が最後の日になるとは思ってもいなかった。

いつ何が食べられなくなるかわからない。

これからは、

なんでも一口一口味わって食べようと思った。

もし油っこいものを扱う飲食店に就職していたら

油っこいものが食べられないのに、

油っこいものを扱う飲食店に就職していたら大変なことになっていた。

飲食店の場合、

昼食はそのお店でまかないを食べないと行けないイメージがある。

急に突然食べられなくなったら、

退職しないといけなくなるのか?

まぁ味見もできなくなるし、

やっていけないよね。

どうするんだろう。

毎日油っこいものを食べていたら、

健康診断とかにひっかりそう。

20代とかは良いのかもしれないけど、

長年続けていくのは無理な仕事だと思う。

そういうお店に就職しなくてよかったなと思った。

自分が食べても問題ない、

健康的な食事を提供するような飲食店が増えて欲しい。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA