ワイシャツを毎回クリーニングに出してみた話(週5枚)

スポンサーリンク
f:id:buried_treasure:20170503220931j:plain

ワイシャツを毎回クリーニングに出してみた話(週5枚)

同僚とクリーニングの利用頻度の話で盛り上がった。

彼は毎回パリパリのシャツを着てくる。

話を聞いてみると、

ワイシャツを毎回クリーニング出しているそうだ。

僕はスーツの上下くらいしかクリーニングを利用しないので、

それって出しすぎじゃないか?と思った。

でも、

1週間くらいだったら、

料金もそんなにかからないだろうし、

話のネタになるだろうから1度やってみた。

普段利用しているワイシャツについて

僕は仕事用で、

ユニクロの3000円くらいのワイシャツを着ている。

アイロンをかけないと若干シワになるが、

そんなに目立たない。

私服勤務okの職場なので、

パリパリさせる必要はないかと思っていて、

アイロンはかけていない。

そんな僕が週に5枚、

ワイシャツをクリーニングに出してみました。

クリーニングにかかった料金

地元のクリーニング屋さんを利用した。

1枚200円。

今回は5枚だから1000円。

1ヶ月毎回出したら、4000円。

クリーニングの相場がわかっていなかったので、

毎回出したら6000円くらいするかと思っていたけど、

思っていたよりは、料金がかからなかった。

毎回クリーニング出した感想

クリーニングに出したワイシャツを着るのは気持ちが良い。

この気持ち良さを4000円で買うのは、

お金に余裕があれば悪くない。

贅沢という言葉は、

このためにあるのではないかと思うくらい。

贅沢をしたという気持ちにはなった。

ワイシャツをクリーニング出すメリット

ワイシャツを毎回洗濯で洗っていると、

何もしないと裾の部分が黒くなってしまう。

クリーニング出すとそれがないので、

スポンサーリンク

安心ではある。

ちゃんと真っ白な状態で返ってきた。

ちなみに、

普段はワイシャツの黒ずみ対策として、

僕はこういう「シミ抜き剤」というものを使っています。

これで白くはなります。

まとめ

アイロンがけやシミ抜き剤を塗る労力を考えると、

毎回クリーニングに出すのは悪くはない。

ただクリーニング屋さんに、

ワイシャツを取りに行くのが若干めんどくさいけど。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA