お金の単位 1k、1mは何の略でいくらなのか?値段や意味について

スポンサーリンク
f:id:buried_treasure:20170616105650p:plain

お金の単位 1k、1mは何の略でいくらなのか?値段や意味について

取引や仕事をしていると、お金のことを10kなどと記載する人がいますよね。

初めてみたときはkって何のことだ?と戸惑いました。

今回は「k」や「m」について調べたので、詳しく書いていきます。

まずは「k」について

1k=1000、「k」とはキロのこと

kは1000倍という意味。

身近なのが、1kg = 1000g や 1km = 1000m。

この「k」はキロと読む。

これは1000倍という意味です。

つまり1kは1000円ということになる。

次に「m」について。

1m=1000000(100万)、「m」とはメガのこと

mは100万倍という意味。

million(ミリオン 100万)と覚えると覚えやすいかと思います。

つまり1mは100万円ということになる。

使われるようになったきっかけは?

kやmが使われるようになったきっかけは、文字数だと言われています。

「1000円」と書くより「1k」と書く方が文字数が少ない。

そのため、使われるようになりました。

わかってしまえば、簡単なことですが

初めてkという単位をみたときはどんな意味なのかわかりませんでした。

シャツが4kだったとか言われても、

どんな意味なのか、この単位のことを知らないと別の意味で捉えてしまいそうです。

「k」「m」以外にこういう使い方をする記号はあるのか?

あります。

こういう記号は「SI 接頭辞」という名前だそうです。

kとm以外だと、

g(ギガ)、t(テラ)などがあります。

スポンサーリンク

ギガバイト、テラバイトという言葉で耳にしたことがあります。

ちなみにどれくらいの数字なのかも書いていきます。

1g = 10億

1t = 1兆

数が大き過ぎるので、

こんな単位滅多に使うことがないですね。

覚える必要はないでしょう。

これ以上の数値を表すSI 接頭辞」はあります。

気になる方は、SI 接頭辞」と検索してみてください。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA