【男性におすすめ】爪のお手入れ、爪をつるつるにする方法

スポンサーリンク

【男性におすすめ】爪のお手入れ、爪をつるつるにする方法

手元というのは、人に見られています。

若干潔癖症なのかもしれないけど、

爪の間に汚れとかあると、ちょっと不潔な感じがします。

なので、僕は週に1回くらいのペースで爪を切ります。

白いところが見えなくなるくらいまで切る。

結構、深爪かもしれない。

f:id:buried_treasure:20170616105045j:plain

自分の手を画像で見るのは気持ち悪い。

なので小さめの画像にしました。

また爪切り以外にも、

月に1回くらいのペースで爪を磨くようにしている。

爪を磨くとツルツル、ピカピカになる。

画像を見るとわかるように光っている。

男性にはあまり知られていないかもしれないけど、

「爪やすり」、「バッファー」という商品がある。

これを使って爪を綺麗にしている。

今回はこれを紹介します。

爪やすり、バッファーの紹介

これを使って爪を綺麗にしています。

かなり値段も安い。

物によっては100円でツルツルにできたりする。

ブロックタイプと、ヘラのようなタイプの爪やすりがありますが、

僕はブロックタイプの方をおすすめします。

どっちも仕上がりは変わらないのですが、ブロックタイプの方が扱い安い。

初めての人はブロックタイプから入ることをおすすめします。

ヘラみたいなタイプはこちらです。

ヘラみたいな方が形がかっこいいので、初めての人はこっちを買いがちです。

よく薬局とかで見るやつはこれ。

スポンサーリンク

これはあまり良くない。

ピカピカにはなるんだけど、ちょっとやりづらかった。

爪を手入れするメリットとデメリットについても紹介しておく。

男性が爪を手入れするメリット

清潔感あるように感じる

細部まで気を使っているんだという印象が持たれると思います。

また手元は普段から自分でもよく見る箇所なので、美意識が上がります。

女性がネイルをする気持ちがわかる

爪を磨くようになってネイルをする女性の気持ちがなんとなくわかるようになりました。

男性が爪を手入れするデメリット

爪を引っ掛けて開ける蓋が開かない

深爪なので、蓋とか開けられない。

これがデメリット。

気持ち悪いと思われる

人によっては男が爪を手入れするのは気持ち悪いと感じる人もいる

あんまり気がついてもらえない

気がつく人が気がつく程度のものなので、

ほとんど自己満足でやっています。

最後に

数百円で爪は綺麗になるので、よかったら試して見てください。

ハマる人にはハマると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA