独学でプログラミングを勉強して、やる気が出ない時の対処方法

スポンサーリンク
f:id:buried_treasure:20160911160727j:plain

独学でプログラミングを勉強して、やる気が出ない時の対処方法

プログラミングを勉強し始めて1年経ち、

エンジニアとして実務経験を6ヶ月ほど積んだ。

初めてプログラミングを勉強し始めた時と比べると、

コードを書いている時の集中力が段違いに上がってきている。

そして仕事がより楽しくなってきた。

独学で勉強し始めた時は、すごく時間をかけても全く作りたいものが作れず、

どうしたらやる気が出るのか色々と調べていた。

調べた結果このようなことが出てきた。

「運動する」、「日光を浴びる」、「勉強会に行く」、「小学生でもわかるようなプログラミングゲームのサイトで勉強する」などなど。

それらを試してみたけど、どれも個人的には有効的な対処方法ではなかった。

これから僕が思うやる気が出ない時の対処方法を書いていく。

やる気が出ない時の有効な対処方法

有効だと思った対処方法は3つだ。

紹介していく。

他にも有効的な対処方法がある人はコメントで教えて欲しい。

デカイモニターを買うこと

まず初めにやることは、デカイモニターを買うこと。

やる気が出なくなる人は、ノートPCの小さい画面でコードを書いていたりする。

ブラウザーとエディター交互に開いて、確認がしづらいし、

開発者ツールとかも見辛い!!!

作業がすんなりと進まないのでやる気をなくす。

それを解消してくれるのはデカイモニター。

そんなに高いものではないので、こだわりがなかったら、どこのモニターを買っても良いと思う。

僕はDELLを使っています。

プログラミングのスクールに通う

ちょっとお金はかかってしまいますが、

スクールに通うと毎週勉強せざるおえないので、

一人で独学で勉強しているよりはやる気が出るかもしれません。

ただ周りのレベルが高すぎると、挫折してしまう可能性もあります。

また教える人が下手な場合、技術習得に時間がかかってしまいます。

プログラミングのスクールは色々とあるので、比較して自分に合ったものを探すと良いです。

個人的には集団授業のものよりも、個別指導の方が良いです。

プログラミングでつまづく箇所は人それぞれ違うので、

みんなで足並み揃えて勉強するよりは、個別に指導してもらった方が早く身につくし、わからないところもすぐに解消できるので良いと思う。

ただ、その分お金はかかってしまうけど。

エンジニアとして就職する

これが一番有効な手段。

勉強しながらお金を稼げるし、やらざるおえない環境なので、平日は毎日勉強します。

就職する前に比べると、コードを書く時間が格段と増えて、勉強したことがその場で活きるので身につくスピードが独学で勉強していた時と比べると圧倒的に早いです。

また教えてくれる人が近くにいるので、わからないところがすぐに解消できます。

エンジニアは基本的に人が足りてないので、能力がなくても雇ってくれるところはあります。自分の能力に自信がなくても、とりあえず何社か面接に行ってみれば引っかかるかもしれません。

面接を受けてみて、就職するのに自分は何が足りないのか?を明確にすると、

どこまで勉強すれば良いのか明確になるので、やる気が出ると思います。

一度面接に行ってみることをおすすめします。

クソな企業もあるので、これを読んでいくと良いかもしれません。

anond.hatelabo.jp

まとめ

独学大変だと思うけど、やった分だけ身につくので、

頑張ってみてください。

独学でやる気が出なくて困っている人が周りにいそうな人は、

この記事をシェアしてもらえると嬉しいです。

みんなでエンジニア増やそうぜ!!

そして、技術発展のスピードを少しでも上げて、

エンジニアの価値を上げることにつながれば良いと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA