【IT広告営業職】新卒1年目の市場価値は年収572万だった

スポンサーリンク
f:id:buried_treasure:20170615174051p:plain

【IT広告営業職】新卒1年目の市場価値をチェックしてみた

株式会社インテリジェンスが運営している「MIIDAS(ミーダス) 」ってサービスを使って市場価値を測定してみました。

僕は新卒1年目の時はインターネット広告の営業職だったので、

その時のデータを記入して診断してみました。

診断結果をみると、年収572万だった。

特別な能力があるわけではないが、この数字が出た。

アピールできる資格は「普通運転免許」だし、英語は特に話せない。

それでもこの数字が出た。

こちらが診断結果の画面です。

f:id:buried_treasure:20170615174125p:plain

新卒1年目の時の年収は、500万円より少なかったのだが、

こんなに上がるものなの!?

MIIDAS(ミーダス) で診断すると、経験に応じた求人も紹介してくれる。

どの経験がよかったのか、わからないが何かしら市場価値の高い経験があったのかもしれない。

診断方法は質問に答えて行くだけ

15分くらいで、簡単に診断できます。

画面はこんな感じです。

f:id:buried_treasure:20170615174207p:plain

まずは基本的なプロフィールを聞かれます。

f:id:buried_treasure:20170615174247p:plain

学歴、経験社数、業務に関するスキル、英語力、営業成績など細かく質問されます。

f:id:buried_treasure:20170615174340p:plain

全くもって特別なスキルがあるとは自覚していなかったけど、

こんな結果が出ました。

f:id:buried_treasure:20170615174414p:plain

良い結果が出たので理由を考えてみた

何が良かったのだろう?

僕は新卒1年目ではインターネット広告と新卒研修で物販を経験した。

ほとんどは新規開拓の営業で、顧客数が多かったのが、市場価値が上がるポイントだったのだろうか?

それとも、インターネット広告は無形商材なので、

有形商材よりも販売するのが難しいと言われている。

それがポイントだったのかわからないが、なんにせよ、この数字が出た。

スポンサーリンク

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

実際にやってみると他の人も良い数字が出るかもしれませんが、

無料でできるので、話のネタになるだろうし良かったらやってみて下さい。

そして良い数値が出たら、

一度フィットする求人の話を聞いてみると良いかもしれません。

今の職場に給与を搾取されている可能性があります。

世の中には知られていないホワイト企業はたくさんあるので、

一度話を聞いてみるもの勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA