俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【最短の作り方】0からWebサービスやアプリを作る方法やコツ

おすすめの記事

 ・【スキル不要・簡単】インターネットで今すぐお金を稼ぐ方法

 ・買って良かったもの、長く使っているもの40選

スポンサーリンク

f:id:buried_treasure:20171013110516p:plain

  • ウェブサービスやアプリを作りたいけど、作り方がわからない
  • 将来自分のサービスで起業したいが、何から始めれば良いのか...
  • プログラミング全くわからない...

自分のサービスを作りたいのに、作るまでいけていない人は多いと思います。

僕自身、プログラミングスクールでそういう人を見てきたし、自分自身もそういう人でした。

 

でも僕はガムシャラに頑張って、全くのプログラミング初心者の状態からウェブサービスをリリースしました

私自身あまり効率の良い方法で作ることができなくて2年間かけて作りました

サービスは結構上手くいっていて、放置していても月に5万円程お金が入ってくるようになりました。本当に作って良かったと思うし、技術力も上がりました

 

ウェブサービスやアプリを作りたいという人はたくさんいると思う。

一度作ると経験があるので、こうした方が早く作れる!という方法が思い浮かぶ。

今回は私が考える最短でサービスを作れる方法を書いていくので、サービスを作りたいという人は良かったら見ていって下さい。

 

0から最短でWebサービスやアプリを作る方法とコツ

f:id:buried_treasure:20171013110620p:plain

最短でウェブサービスやアプリを作る方法とコツについて書いていきます。

良かったら参考にしてみて下さい。

 

1.めちゃくちゃ簡単な本で勉強を始める

f:id:buried_treasure:20171013110716p:plain

まずはHTMLとCSSの勉強をします

プログラミングの学習サイトで勉強するよりもまずは本で勉強するのがオススメです。

学習サイトの場合、効率よく勉強できるように不要だと思われている箇所が省略されていたりします。

でもそういう箇所が根本から理解するには大事だったりします。

本の場合は、全体が網羅されて書いてあるので、抜けている箇所がほとんどないです。

必要以上に詳しく書かれていることが多いように感じます。

時間はかかるかも知れませんが本で勉強するのが個人的にはオススメです。

僕はこちらの参考書で勉強しました。

2.JavaScriptを勉強する

f:id:buried_treasure:20171013110815p:plain

HTMLとCSSを勉強したら次にJavaScriptを勉強します。

JavaScriptもオススメの本があります。

こちらで勉強しましょう。

HTMLの本と一緒の作者の本で、この人の本はわかりやすいです。

色々な本で勉強しましたが、たまたまこの人の本に行き着きました。

3.学習サイトで勉強する

f:id:buried_treasure:20171013110903p:plain

本で勉強した後に、学習サイトを利用しましょう。

プロゲート」「ドットインストール」の順番で勉強するとバッチリだと思います。

勉強する範囲はHTMLとCSSとJavaScriptだけで良いです。

1度本で勉強しているので頭に内容が入りやすくなっています。

プログラミングは何度も同じところを勉強して実際にコードを書かないと技術として身につけることができないと思います。

学習サイトで勉強しながらコードを書きましょう。

 

▼プロゲートの詳細はこちらをクリック

プロゲート

 

▼ドットインストールの詳細はこちらをクリック

ドットインストール

 

4.プログラミングスクールに通う

f:id:buried_treasure:20171013111002p:plain

本と学習サイトで勉強したら、次はプログラミングスクールに通いましょう

スクールに通うとプログラミングが体系的に勉強することができ、プログラミングで何ができるようになるのかがわかるようになります。

教室に通って勉強するプログラミングスクール」と「パソコンのみで勉強するプログラミングスクール」があります。

どっちが向いているかは色々と体験レッスンやスクールに実際に行ってみて決めると良いです。

スクールを決める前は3〜4件ほどまわってから決めた方が良いです。

1件しか見ないで決めた場合、自分に合わないスクールを選んで、全く身につくことなくスクールに通い続けないといけないハメにあいます。

 

プログラミングスクールについて料金別で記事にしているので、良かったらこちらを参考にしてみて下さい。

www.2dgod.com

 

エンジニア就職することが前提で、0円で通うことができるプログラミングスクールもあるので、こちらもチェックしてみて下さい。

www.2dgod.com

 

5.ブログを書く

f:id:buried_treasure:20171013111045p:plain

どんなサービスやアプリを作りたいか?アイディアがない場合はブログを書きましょう

ブログは自分の得意な事しかかけないです。

毎日1記事ブログを書くようになると、1〜2ヶ月でネタが尽きます。

それでも頑張って更新をやめないでいると、自分の中で得意な分野がわかってきます。

ブログのネタとして書ける事が自分の興味ある分野だし、サービスを作るのに向いている分野だと思います。

それを知るためにブログを書くようにしてみて下さい。

僕自身ブログからサービスのアイディアが出てきました。

 

また作りたいウェブサービスのアイディアが、すでにある人はブログでテストマーケティングをしましょう

サービスに関連する記事をたくさん書いて、業界に関する情報をインプット、アウトプットしていくと記憶に定着しやすいし、情報集めのモチベーションも上がります。

ブログでだいたいどれくらいのアクセスが取れるのか?

どんなキーワードのニーズがあるのか調べていきましょう。

そして最後にサービスができた時にブログで紹介したり、記事にサービスのリンクを貼る事で集客もする事ができます。

サービスを作る時に集客はマジで大事です

アイディアを出すのにも、集客をするのにもブログはオススメです。

 

6.オススメのブログサービス

f:id:buried_treasure:20171013111146p:plain

オススメのブログサービスを紹介します。

はてなブログ」と「ワードプレス」です。

理由はSEOに強いブログサービスだからです。

はてなブログの場合は、簡単に始められてカスタマイズも簡単なので、プログラミング初心者にオススメです。

ワードプレスは自分で色々とカスタマイズができるので、プログラミングの勉強になります。

 

ワードプレスでブログを始める場合は、サーバーを契約する必要があります。

サーバーを持っていない人はエックスサーバーを契約すると良いです。

評判の良いサーバーで、僕はこのサーバーでウェブサービスを作りました。

▼エックスサーバーの詳細はこちらをクリック

エックスサーバー

 

7.プログラミングスクールを卒業したら

f:id:buried_treasure:20171013111232p:plain

プログラミングスクールを卒業したら、そのままウェブサービスを作れそうな場合は作ってしまっても大丈夫です。

僕の場合は技術力が足りないと感じたので、エンジニアに就職しました。

エンジニアとして勉強しながら半年から1年働くと、ほぼ毎日プログラミングに触れるので力がつきます。

また勉強と実務では大きく違う部分もあるので、興味ある方は働いていてみると良いです。

 

8.どんな会社を狙うべきか?

f:id:buried_treasure:20171013111344p:plain

自分の作りたいサービスに必要なスキルが身につきそうな会社を選ぶと良いです。

僕の場合は少し大きめのWeb制作会社に入社しました。

理由としては、3つあります。

  • Web制作会社の場合、自社サービスの会社よりもたくさんの技術に触れられると思った
  • 大きめの会社の方が色んなエンジニアがいるので、詳しい人に作りたいサービスを作る上でわからない点を聞こうと思った
  • 大きめの会社の方が企業体力に余裕があるので、ノルマとかが楽そうだと思った

この3点は予想通りでした。

僕の場合はエンジニアなって良かったです。

 

エンジニアに転職を考えているなら、転職エージェントを利用すると良いです。

エージェントは色んな企業に詳しいので、その企業の内情や自分のやりたい事ができそうかなどを教えてくれます。

良かったら使って見ましょう。こちらの記事でエージェントについてはまとめています。

www.2dgod.com

 

9.エンジニアになってから

f:id:buried_treasure:20171013111446p:plain

エンジニアになって、半年から1年勉強しながら仕事をこなしていた。

エンジニアを仕事にするようになって、1日中プログラミングに触れるので、プログラミングが手に馴染むようになっていく。

今までよりも作りたいものを作れるイメージがついて、実際に作れるようになった。

作る前に作る工程をイメージできるかって大事。

仕事をしながら勉強するよりも、エンジニアになってからの方がスキルの成長スピードが早い

 

10.スキルがついてきたら

f:id:buried_treasure:20171013111549p:plain

仕事が落ち着き、スキルが身についてきたので、実際にサービスを作ることを始めた。

サービスを作ると自分のスキル以上のものが必要になる部分があって、そこを作るのに時間がかかった。

時にはわからない部分は、Web制作会社の社内にいるエンジニアの人聞いた。

技術に詳しそうな人」で「いい人そうな人」と仲良くなっておくと良い。

もともと営業の仕事をしていたこともあり、人と話すことには抵抗がない。

何でも良いから社内の色んな人に話しかけるようにしていた。

 

11.ウェブサービスが作れた

f:id:buried_treasure:20171013111713p:plain

周りの人の助けもあってサービスを作る事ができた。

作って公開すると、最初の月は月間3000pvくらいだった。

ユーザーがコンテンツを投稿するようなサイトを作ったけど、コンテンツを投稿する人が誰一人としていなかった

なので自分でひたすらコンテンツを投稿していった。

3ヶ月くらいコンテンツを投稿していくと、徐々にコンテンツを投稿してくれるユーザーが増える。

そうすれば放置していてもpvが伸びていくようになり、軌道に乗った気がした。

 

12.サイトの収益化

f:id:buried_treasure:20171013111811p:plain

グーグルアドセンスで収益化をする予定で考えていた。

アドセンスで収益化は出来てはいるんだけど、お小遣い程度。

サイトを作る前に収益化については色々と考えておくべきだったと思う。

アドセンスだけでは弱い

サービス一本で生きていくには足りないように感じた。

他の収益化方法も試したが自分のサービスでは相性が悪かった。

収益化の種類に関しては別の記事でまとめようと思う。

 

参考にはなると思うので、少し違うがブログの収益源の記事を良かったら読んでみて下さい。

お金を稼ぐ気があるなら、サイトの収益化については最初に考えておいた方が良いです。

www.2dgod.com

 

まとめ

こんな感じで作ると最速でサービスが作れると思います。

もっと良い方法はあるかもしれませんが、僕はこれが最速だと思いました。

良かったら参考にしてみて下さい。

 

以上。