俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【子供のお小遣い】小学生、中学生、高校生で貰っていたの金額の話

f:id:buried_treasure:20170815121410j:plain

【子供のお小遣い】小学生、中学生、高校生で貰っていたの金額の話

小学5年生の男の子とお小遣いの話になった。

 

彼の家族では飲食店を営んでいて、

お皿洗いを2時間手伝うと300円貰えるらしい。

 

小学生でお手伝いをして300円貰えたら、結構お金持ちだなーと思った。

使い道はお菓子かカードゲーム(デュエルマスターズ)に使う。

学年の中でも一番カードを持っていると自慢された。

 

その話を聞いて、自分が貰っていたお小遣いにブログで書こうと思った。

子供にお小遣いを与えようと思っている人の参考になれば良い。

 

初めてお小遣いを貰ったきっかけ

初めて貰ったのは小学生の頃だ。

他の家庭で子供にお小遣いをあげているという話が出て、

ウチでも導入しようという話になった。

 

小学生の時は学年に100円をかけた分だけ、

毎月20日に貰っていた。

20日は父親の給与の振込の日だったから、20日だったのだと思う。

 

子供のお小遣いの金額

小学生、中学生、高校生の時のお小遣いの金額についてまとめるとこんな感じ。

大学生からは自分でアルバイトをして稼いでいたのでお小遣いは無い。

 

小学生(学年✖️100円)

  • 1年生 100円
  • 2年生 200円
  • 3年生 300円
  • 4年生 400円
  • 5年生 500円
  • 6年生 600円

 

中学生(学年✖️1000円)

  • 1年生 1000円
  • 2年生 2000円
  • 3年生 3000円

 

高学生(学年✖️5000円)

  • 1年生 5000円
  • 2年生 10000円
  • 3年生 15000円

 

携帯代とか部活で使う物などは家族に出してもらっていた。

洋服代とかも出してもらっていたなぁー(そんなに頻繁に買わないけど)

 

お小遣いの使い道

家には母親が買ってきたお菓子が常にあったので、

あまりお菓子にはお金は使わなかった。

 

使うとしたらゲームとかカードゲーム(マジックザギャザリング、遊戯王)に使っていた。

消費される物よりも形として残る物にお金を使っていた気がする。

 

自分の過去を振り返ると、

今の小学生と変わらないなーと感じた。

 

それ以外は貯金していた。

両親や祖父母から貯金をしなさいと日頃から言われていたからだろう。

 

小学生の頃から、常に貯金があった。

お金が足りなくなるということない。

  

お金はあるけれど、物に価値を感じなかったら買わないという感じ。

今でも物は買わないことが多い。

 

貯金がなくなるのが怖い

小学生の頃からずっと貯金があるので、貯金がなくなるのが怖い。

お金がなくなったらどうなるのだろう。

 

その恐怖があるから、日頃の生活水準を上げないように心掛けている。

お酒も飲まないし、タバコも吸わないから貯金は溜まっていく。

 

貯金は死に金になっているかもしれない

こういうツイートを見つけた。

 

 

結構貯金があり、

死に金になっている可能性もあるので、

投資とかでも学ぼうかなぁ。

 

子供の頃から身についたお金を貯めてしまう癖は、

大人になってから直すのは難しいと思う。

 

この間、お金についての勉強をする学校の無料体験レッスンを受けてきました。

良かったらこちらの記事も見てみて下さい。

www.2dgod.com

 

以上。