俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

家電量販店の店員から教わった電気ポット、電気ケトルの選び方

タイガー 魔法瓶 マイコン 電気 ポット 2.2L ホワイト PDR-G221-W Tiger

家電量販店の店員から教わった電気ポット、電気ケトルの選び方

温かい飲み物が好きで、電気ポットをよく利用します。

長年使っていた電気ポットが最近壊れました。

 

家電量販店に新しいものを買いにいったら、

電気ポットの数が多過ぎてどれを選んだら良いのかわからなかった。

 

その時、家電量販店の店員さんに、

電気ポットってどう選んだら良いのか確認したので、

聞いた内容をブログにまとめていきます。

 

良かったら読んでください。

 

電気ポットを選ぶ時の基準やポイント

選ぶポイントは主に4つある。

まとめるとこんな感じだ。

 

電気ポットを選ぶ時のポイント

  • 大きさ
  • 保温性
  • 予算
  • ブランド(メーカー)

 

これらの4点で選ぶ。

一つ一つどこを見るのか書いていく。

 

大きさ

電気ポットの標準的な大きさは「2.2リットル」と「3リットル」のものがある。

それより大きいものだと、4リットルや5リットルもある。

 

一人で使うのであれば、2.2リットルで十分だ。

何人で使うのかでリットルは決めると良い。

 

保温性

電気ポットは1万円を超えてくると、中に断熱材が入っているものが増える。

この断熱材があると保温性が高い。

保温を重視するのであれば、1万円以上の電気ポットを購入すると良い。

 

また保温性を全く重視しないのであれば、

電気ケトルを購入するものありだ。

 

電気ケトルは電気ポットと比べると保温が弱い。

でも、お湯を沸かすまでの時間が短いので、その点は便利だ。

 

予算

電気ポットは安い物のだと6000円〜7000円くらい。

1万円を超えてくると中に断熱材が入っていて保温が強くなる。

 

1万5000円くらいの物になってくると色々と機能がつく。

例えば、操作しない時間が続いたら自動でオフになる機能などがついている。

電気ポットにどこまでお金をかけられるかで、選べば良い。

店員さんのオススメとしては1万円を超えているポットがオススメだと。

 

ブランド(メーカー)

電気ポットはメーカーが色々とあるけれど、

オススメのメーカーは「タイガー」と「象印」だそうです。

老舗のメーカーで品質も高い。

 

電気ケトルを選ぶ場合はティファールがオススメ。

 

電気ポットの参考例

アマゾンで売れ筋のポットはこんな感じでした。

5000円のポット。

10000円のポットはこんな感じ。

こんなデザインもあります。

電気ケトルの参考例

保温性が不要な場合はケトルを購入すると良いです。

こちらはタイガーですが、売れ筋の商品です。

最後に

僕は家族から新品の電気ポットを譲ってもらうことができたので、

購入せずにすみました。

 

家族が余った電気ポットを持っていることがあるので、

電気ポットが欲しい場合は、まず身近な人に連絡してみましょう。

使っていない電気ポットを譲ってもらえる可能性があります。

 

ちなみにこの電気ポットは何かの景品でもらったそうです。

 

以上