読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【意味と具体例を合わせて記載】「保証」と「保障」と「補償」の違い

【意味と具体例を合わせて記載】「保証」と「保障」と「補償」の違い

「保証」と「保障」と「補償」はそれぞれ意味が異なります。

 

文章を書いていて、

「ほしょう」はどの漢字を使えば良いのか迷ったので、

今回は勉強を兼ねて、

それぞれの意味の違いや例文を記載します。

 

 

「保証」と「保障」と「補償」の違いについて簡単な説明

「ほしょう」という言葉にはそれぞれの違いがあります。

 

簡単に説明するとこのような違いです。

 

保証・・責任をとる時の言葉

保障・保護する時の言葉

補償・償う時の言葉

 

これらを意識して、

次のそれぞれの言葉の意味について見ていってください。

 

読むとその違いについて気がつくことができると思います。

そして、これからどの「ほしょう」を使えば良いのかわかるようになります。

 

「保証」の意味

責任をとる時の言葉

 

意味

①間違いがない、大丈夫であると認め、責任をもつこと。

機械器具の品質や性能を期限付で、間違いなく大丈夫であるとうけあうこと。

従って期限内での故障については当然責任を負う。

 

②債務者が債務を履行しない場合に、代わって債権者に債務を履行する義務を負うこと。

 

例文

「品質を保証する」

「彼の人柄については保証する」

「保証責任」

 

「保障」の意味

保護する時の言葉

 

意味

① 保護することを約束し、障害のないように保つこと。

 

例文

「航路の安全を保障する」

 

「補償」の意味

償う時の言葉

 

意味

①損害や出費を金銭などで補い償うこと。

②適法行為から生じた損害を対して填補すること。

③身体や精神について劣等感をもつとき、これを補おうとする心の動き

 

例文

「損害を補償する」 「 補償を要求する」

 

まとめ

繰り返しになりますが、

下記のようなイメージを持っておけば、

使い分けで間違えることはないです。

 

保証・・責任をとる時の言葉

保障・保護する時の言葉

補償・償う時の言葉

 

正しく使いましょう。

こんなことを書いていて、

過去のブログ記事で使い分けが間違ってたら、

恥ずかしいのですが・・・。

 

以上。