俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【本の感想】神速Photoshop[ Webデザイン編 ]を1周した感想

おすすめの記事

 ・【スキル不要・簡単】インターネットで今すぐお金を稼ぐ方法

 ・買って良かったもの、長く使っているもの40選

スポンサーリンク

神速Photoshop [Webデザイン編]

【本の感想】神速Photoshop[ Webデザイン編 ]を1周した感想

業務で軽く使うPhotoshopの勉強をしました。

軽く使うだけなので、そんなに勉強しなくてもいいやと思っていたら、

同僚がめっちゃ早いスピードでPhotoshopを使っていたのを見て、一度勉強したほうが良いと思い勉強しました。

 

 

どの本で勉強したほうが良いか聞いたところこの本をおすすめされた。

神速Photoshop Webデザイン編

Webデザイン編と書かれているだけあって、Webデザイナー用の内容になっている。

コーディング中心の僕が使うところはそんなに多くはなかった。

内容の紹介も兼ねて勉強になったところを紹介していく。

かなり基礎的なところね。

 

勉強になった箇所

Photoshopの初期設定。

初期設定をするだけでだいぶ速くなるみたい。

僕の場合、操作の早い同僚が初期設定をやってくれていたので、特に変更する箇所はなかった。

初期設定を全くしていないという人は本を読んで設定したほうが良いかも。

 

「レイヤーに基づく新規スライス」でパーツをすばやくスライスする。

44ページにあたりに書いてある。

これを行うと3分かかっていた業務が1分でできるようになるみたい。と本に書いてあった。

実際に使ってみると速くなる。

いちいちスライスの範囲を選択してからスライスをする必要がないので、一瞬でスライスができる。

本がわかりやすく、1つ1つのステップが写真付きで書かれているので、理解しやすい。

 

同サイズのナビゲーションをサクッとスライスする

46ページにある。

ナビゲーションを1つ1つ選択してスライスしていたを一気にスライスできるので便利。

使い方を忘れないように、毎回このやり方でやっていこうと思う。

ナビゲーションが出てくる頻度が多くないのが残念。

 

スライス画像をまとめて選んで一気にWeb用に保存する。

一気に保存する方法があるのかぁ〜。

へーって感じ。

これって教えてもらうものではないなぁ〜。

自分で本読んで勉強しないといけないものだと思う。

 

他のアプリやWebページからすばやく色を取得

いちいちキャプチャーを取らずに、色を取得する方法を知った。

こんな裏技があるのかー。

キャプチャーでできていたので、この本で勉強しなかったらずっと気がつけなかった内容。

 

まとめ

業務で自分がやっている方法よりも早い方法がこの本には書かれていた。

Photoshopの操作を少しでも速くしたい人にはオススメの本です。

あまり使うわない人は立ち読みでも良いかもしれない。

立ち読みだと操作しながら読めないので、図書館で借りるとかのほうが良いかもしれないけどね。

自分の業務で使うどうか勉強するかどうか決めれば、1日で1周できる本です。

よかったら読んでみてください。