読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

「ちょっと今から仕事やめてくる」のブラック企業的な事や発言

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

「ちょっと今から仕事やめてくる」のブラック企業的な事や発言

電車の広告で、この本が紹介されていたので読みました。 

最初は本の感想を書こうと思ったのですが、

他の人が何人も書いていたので、別なことを書こうと思いました。

 

 

今回は「ちょっと今から仕事やめてくる」に出てくるブラック企業的な事や発言についてまとめてみました。

主人公は中堅の印刷関係の会社に勤めています。

 

重要なネタバレになりそうなことは外しておきます。

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」のブラック企業的な事

どこまでがブラック企業かわかりませんが、上げていきます。

 

・どんなに頑張っても給与は横這い

・成績が上がらなければ当然、上司にどやされる

・サービスという名の残業ばかりが増えていく

・日曜日に上司から電話が掛かってくる

・土曜出勤は当たり前

・今月は二週間ぶっ通しで働いている

・休日出勤だと午後6時に家に帰れる

・1時間の昼休憩の時間に上司に声をかけられ、解放されるまで15分かかる。

・13時30分までに上司の怒鳴り声が3回聞こえる。

・退勤するのが21時15分

・退勤後に上司から電話が掛かってくる

 

土曜出勤が当たり前ってヤバイよね。

あと2週間ぶっ通しで働いてるっても。

印刷関係の会社ってこんなに忙しいの?

 

「ちょっと今から仕事やめてくる」のブラック企業的な部長の発言

この本に登場する部長がヒドい。

こんな発言をする人はさすがに存在しないでしょう。 

小説だから大げさに書かれているだけだと思うけど。

 

・「給与泥棒が何一人前に座ってんだよ!てめえの給与で損害分払えよ、この野郎!」

 

・「いいか、数字を取れない奴は、ゴミだ!会社に損害を与えるヤツなんて、生きている価値もねぇ!まさかそんなゴミ以下の奴、この部署にはいないと思うけどなあ」

 

 ・「そんなに手柄が惜しいか。世話になった先輩に後足で砂かけてまで数字が欲しいのか!このカスが!」

 

・「お前は何の取り柄もないくせに、人を怒らせることだけは天才だな!」

 

・「テメエ、うるせえんだよ!今ごろ何しに来やがった!」

 

・「はあ!だから最近の奴は使えねーんだよ!どいつもこいつも、プライドの欠片もねえ!お前一生、負け犬のまんまでいいのか!安い人生だな!何の仕事もしねーで辞めるなら、給料返せ!会社に損害与えやがって!賠償しろ!訴えるぞ、この泥棒が!みんな必死で働いている中よくもそんな事が言えるな!それでも人間か!」

 

・「お前は、社会ってもんをわかってねーんだよ!こんなとこで挫ける奴はなあ、人生なにやっても駄目に決まってんだよ!」

 

・「どうせお前みたいな奴はなあ、一生負け犬で終わるんだよ!」

 

・「この時代に辞めて、簡単に次の職場が見つかると思ってんのか。人生、そんなに甘くねーんだよ」 

 

このような発言をする上司がいるような会社は辞めた方が良い。

もっと働きやすい会社はある。

 

この本は映画化されるみたいですが、部長役をやる人は大変そう。