読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

会社の昼休み、第一生命保険のおばちゃんが配っていた手紙の内容

f:id:buried_treasure:20160705230431j:plain

会社の昼休み、第一生命保険のおばちゃんが配っていた手紙の内容

会社の昼休み、第一生命のおばちゃんが手紙をよく配っている。

今回もいつものように、ミッキーマウスのティッシュと手紙をもらった。

 

こんな方法で営業しても無駄だろうなと思う。

誰がこの方法で保険を変えようと思うだろう。

 

ただティッシュと手紙を配っているだけなので、

信頼関係は全く築けていない。

こんなことに労力を使うのであれば、

保険の情報をまとめたオウンドメディアとか作れば良いのに。

大企業で上司がインターネットに詳しくない人が多そうだから、

ネットで新しい顧客を開拓するという方法が思い浮かばないのかもしれない。

問題になったらどうするんだ?というすぐリスクを考えるような思考になっていそう。

 

こんな仕事無駄だと思うので、やめさせてあげたい。

 

会社の昼休み、第一生命保険のおばちゃんが配っていた手紙の内容

手紙の内容を書いていく。

 

一生涯のパートナー

第一生命

 

<指体操>

手には、感覚神経と運動神経が集中しています。

このため、手の指を動かすと、脳が活性化して老化防止にもつながると言われています。そこでおすすめなのが「1人ジャンケン」です。最初に「右手が勝つ」、次に「左手が勝つ」というルールでジャンケンをします。左右で違う動きをすることでより脳が刺激されます。

1人ジャンケンに慣れてきたら、今度は両手で同時に字を書く「鏡文字」に挑戦してみましょう。

右手は普通に数字を書き、左手は鏡に写ったように書きます。

毎日少しずつ指体操をして脳に刺激を与え、いつまでも若々しくいたいですね。

 

営業担当の名前 ・・・

営業担当の名前 ・・・

 

第一生命保険株式会社

第一生命・・職域営業オフィス

 

郵便番号

住所

電話番号

メールアドレス

ホームページのアドレス

 

といった内容が手紙には書かれていた。

 

結構年齢が高めの女性がこのような仕事をやらされていたので、

社内では仕事がないのだろうか?と勝手に思ってしまった。

 

別の日には第一生命ではなく、

別の保険会社の女性が会社の昼休みに営業をしていた。

保険会社の人は大変そうだなぁと思いました。