読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【血液型を発見した人】カール ラントシュタイナー|ABO式

f:id:buried_treasure:20160614001259p:plain

【血液型を発見した人】カール ラントシュタイナー【ABO式血液型】

6月14日は血液型を発見した人、カール ラントシュタイナーさんの誕生日です。

今日は『カール・ラントシュタイナー』の生誕148周年です。

 

この人が生まれてこなかったら、血液型の話で盛り上がることが出来なかったかもしれません。

 

 

今回は血液型の父、カール ラントシュタイナーについて書いてきます。

カール ラントシュタイナー(1868年6月14日 - 1943年6月26日)

f:id:buried_treasure:20160614003919p:plain

 

その前に、TOPページのクリック前とクリック後の変化

こちらがクリック前です。

f:id:buried_treasure:20160614002920p:plain

 

こちらがクリック後です。

 A型、B型、O型、AB型が発見されています。

f:id:buried_treasure:20160614002955p:plain

 

カール ラントシュタイナーとは

カール ラントシュタイナーはウィーンで生まれた。ユダヤ人です。

父親は記者、新聞編集者、法学博士など複数の仕事をされていたレーオポルト・ラントシュタイナー。母親はファニ・ヘス。

父親とは6歳のときに死別。早くに父親を亡くしています。

 

ウィーン大学で医学を学ぶ

1891年にウィーン大学で医学の学位を取得し、

エミール・フィッシャーというドイツの化学者(1902年にノーベル賞を受賞)の下で、

学んだことにより化学にも精通していた。

 

30代前半で、1900年にABO式血液型を発見

はじめは、AB型以外のA、B、O型をを見つけた。

これをA型、B型、C型としていた。

C型はその後O型に改名され、AB型はラントシュタイナーの発見の2年後に同僚の研究者によって発見されました。

彼の発見により、輸血が安全に行われるようになりました。

 

輸血の際に血液型を間違えると、

赤血球が崩壊し、地獄の苦しみを味わい、最悪の場合、死に至っていました

 

ABO式血液型を見つけて、30年後の1930年にノーベル生理学・医学賞を受賞。

偉大な発見なのに、ノーベル賞を受賞するのに30年も長い月日がかかるとは・・・。

 

発見したのは血液型だけではなかった

カール ラントシュタイナーは、1908年にウィーン大学の病理学の教授となり、同年ポリオの病原体、ポリオウイルスを発見した。

 

1937年にはカール ラントシュタイナーとその弟子アレクサンダー・ウィーナーでRh因子を発見。Rh因子とは血液型を決定する因子のことです。

 

そして、1943年、実験室において心臓発作で死去。

実験室で亡くなるとか、研究がとてつもなく好きな人だったんだろうなぁと想像できます。

 

これらの功績によりオーストリアの紙幣の肖像になる

1997年から2002年のユーロ流通開始まで発行されていた

1000オーストリア・シリング紙幣に肖像が使用されていた。

 

6月14日はそんな偉大な彼が生まれた日です。

彼の発見は今日も多くの人を救っています。