俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

【営業電話です】0120947906/0120-947-906 ドコモ光ご案内センター

f:id:buried_treasure:20170614184326j:plain

【営業電話です】0120947906/0120-947-906 ドコモ光ご案内センター

この番号はドコモ光ご案内センターというドコモ商品を販売する代理店からの電話になります。

ちょうど光回線やインターネットを家に設置しようと考えている人以外には迷惑電話の何者でもないので注意してください。

こういう会社から契約すると安くすまないことが多いので、契約するとしたら自分でいい条件のインターネット回線を探す方がお得になります。

話の勢いで契約すると損することになります。

 

もし本当に契約を考えているのであれば、

こちらのネット申し込みのURLと値段を比べてみて下さい。

ドコモ光のネット申し込み

 

 

0120947906/0120-947-906の電話に出るとこうなる

電話に出てしまった時の話の流れを書いてきます。

電話に出ると大抵の場合、営業担当の人と繋がります。

 

「NTTドコモ ドコモ案内センターの◯◯◯と申します。」

 

まずは名乗ってきます。 

「NTTドコモ」 と名乗らずに「NTTドコモ ドコモご案内センター」と名乗るところが怪しいですよね。

 

全く名前の知らない代理店の会社の名前を使うよりもドコモふりをして電話をかけると人を疑うことを知らない人はすぐに騙されてしまいます。

 

 

「◯◯さんで、ご本人さんで間違いないでしょうか」

次に本人確認が入ります。

 

こういう営業は決裁権を持っている人に話さないと営業としては意味がないので、確認が入ります。

 

 

「いつも、お世話になっております」

確認が入った後、挨拶をしていかにもすでに付き合いがあるかのように話してきます。

全く付き合いがない可能性もあるので安心しないでください。

 

「ご連絡でございますが、時間は少々よろしいでしょうか」

「私どもドコモから連絡させてもらってますので、皆様に一軒一軒ご連絡させてももらってます。」

 

よく使われる営業トークです。

電話ではなく、手紙で送ってもらえると便利ですよね。

なんで手紙ではなく、電話なのでしょうか?

それは紙だと形に残ってしまうからです。

特にお得でもない条件をいかにもお得そうに案内しているので、手紙では案内していません。

 

「今回、ドコモ光という割引サービスがございまして、対象の方がフレッツ光をお使いの方なのですが、◯◯さんのお宅では、フレッツ光をお使いでしょうか。」

 

付き合いある会社ならデータを持っているはずです。

なんでわざわざ確認を取るのでしょうか?

これを確認してインターネット回線を販売してきます。

 

電話を拒否する方法

もう電話してこないでくださいと伝えても、営業会社のデータの管理は雑だったりするので、断っても何度も電話がかかってくることがあります。

 

そんな場合はこちらの電話番号に電話をかけましょう。

 

フレッツ光サービス等の勧誘停止登録の受付

・NTT東日本の場合 0120-849-994

・NTT西日本の場合 0120-019-390

 

ここに電話をかけるとNTTから販売業者に連絡が行き、営業電話を停止してくれます。

 

この電話番号の営業時間

こんな電話の内容でもここからインターネット回線を買いたいという人のために、この電話番号の営業時間も記載しておきます。

 

営業時間は、

平日の12時〜20時

休日は9時〜20時です。

この時間に折り返すと繋がります。

 

休日は不定休なので、たまたま休日で電話がつながらないということもあります。

GMOとくとくBB-ドコモ光-

 

まとめ

こういう営業電話で本当にお得な話って無いです。

売れない商品、お得ではない条件だからこそ、会社からアプローチしてくるんです。

気をつけてください。

ノリと勢いで契約し無いようにしましょう。

後悔します。