俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

Webで優秀な人はリクルートに集まるじゃん!!という話

f:id:buried_treasure:20170612213424p:plain

http://www.recruit.jp/

 

Web業界で働いている人事の友達と久々にあった。

その友達は割と大きめな企業に勤めて人事をしていて、

営業、企画、開発職の採用をしている。

 

人の採用方法には主に二つあるようで、

求人媒体に広告を出す。(リクナビ、マイナビなどの広告媒体)

紹介会社に依頼する。(リクナビエージェント、マイナビエージェントなど)

 

求人媒体は一回の掲載期間が2週間〜4週間で、だいたい応募が100くらいくるようです。その人たちを面接して、配属までに至るのが1〜2名のようです。

 

求人媒体に関しては1回広告を出すのに数十万くらいかかるそうで、

紹介会社に依頼するときは1人採用されると年収の数十%を紹介会社に渡さないといけないそうです。

 

この数十%は会社によって、出す金額は違うようだが、リクルートの紹介会社に出す金額が他の会社とは段違いに高いようです。リクルート自体給与が高いし、ブランド力もある。

 

だから、優秀な人が紹介会社に来たらまずリクルートを紹介される仕組みになっているなと思いました。

 

またリクルートは自社でリクナビやリクナビエージェントというサービスを持っていて、業界ではトップクラスのサービスになっているので、ほぼ全員にリクルートの紹介がいくじゃん!!と思いました。

 

Web系の会社は人が命だと思います。

優秀な人とそうでない人だと仕事のスピードやクオリティが数倍〜数十倍違ってくるので、力のある人を採用できている会社は今後も残っていくなと思いました。

 

リクルートという会社はどんな超人ような人が勤めているのだろうと思う。

何年も勤めて競争に勝ってきた人たちはどれくらいすごい人なのか気になる。

僕には縁のない世界だと思いますが、こんなイベントを見つけたのでとりあえず応募しました。抽選があるようなので、落ちる可能性はありますが、参加できたらブログに書こうと思います。

 

リクルートの社員や卒業した社員と話ができるイベント。

recruit-jinji.jp

11月26日まで応募ができるので、興味ある方はすぐに応募した方が良いかもしれません。