俺の食べログ

「グルメ」「仕事」「プログラミング」「趣味」について書いてます。

転職活動を始めました。個人的なメモ

未経験がエンジニアになるまでのブログ。

今月から転職活動を始めました。

 

どこに就職が決まったら、未経験がエンジニアになるまでの流れをブログにまとめようと思う。

 

これは転職活動が無事に終えることができるかわからないため、しっかりと書いても無駄だなと思うし、

色々と忙しくなるので、とりあえず記憶から消えても思い出せるようにメモとして残しておこうと思う。

 

未経験の人をエンジニアとして雇うほど余裕のある企業は少ないと思うので、

とりあえず大量の応募が必要だと思った。

 

まずはリクナビやマイナビなどの求人サイトを見ていくつか応募、

その後、転職エージェントをいくつか登録。

 

IT専門の求人サイトやマイナーなサイトでも応募した。

 

他には、いろいろな検索キーワードを使って、引っかかって来た公式ホームページで応募などしました。

 

色々と検索していると使えるサイトが見つかった。

社員による会社評価 Vorkers ヴォーカーズ

www.vorkers.com

自分の会社の口コミを書いたり、このサイト経由で転職サービスに登録すると、

他の会社の口コミが見れるというサービスだ。

 

僕自身、今まで転職するつもりはなかったので、こういうサイトを見ることはなかった。

 

実際に自分の会社の口コミを見てみると、

情報が割と本物っぽかった。

口コミをする人間の主観や配属されている部署にもよって口コミの内容は変わると思うが、残業時間や有給消化率などは本物のように掲載されていた。

 

転職活動をしている人には参考になるサイトだと思います。

 

面接もいくつか受けてみた。

大企業からベンチャー企業などとりあえず色々と応募した。

大きめな企業で、ユーザーニーズのあるサービスを作っている企業だと、

未経験での採用は厳しいようで、書類やエントリーの時点で落ちてしまう。

年齢もあるとは思うけど。

 

もしくは僕の経歴に問題があるのかもしれないが、

やっぱり原因は色々とあるので、分析しても仕方ないので、

とりあえず受けまくろうと思う。

 

タイミングや縁ってはあると思うし。

 

実際に色々と面接するようになって、

うまくいってそうと個人的に思う企業はなんとなく雰囲気や面接官の話や従業員の話を聞いていればなんとなくわかる。

 

学生のころ就職活動をしていた時は、会社についてあまりに知らなすぎたため見えてこなかった部分がたくさん見えるようになった気がした。

 

会社には会社独自の文化があって、

長くその会社に在籍している人はその色が出やすい気がした。

まだたくさん受けたわけではないので、たまたまその人の性格だったのかもしれないが。

 

社長の出身企業などもよく見ておくと良いかもしれません。

なんでこの人の元で従業員として働く人がいるんだろうと思うような社長もいた。

そういうところは人が採用できていないように思えた。

 

普段の経験しないことをしているので、

新鮮。初めて知ることが多く、忙しいけどマンネリから抜け出している気がします。

転職しても給与が下がるというデメリットはあるだろうけど、仕方ないと思う。

 

これからどうなるかわかりませんが、無事に終わらせたいと思います。